2013/5/15

ED→勃起障害  

ED→勃起障害

ED→勃起障害

ED→勃起障害には様々な原因があげられます。メンタル的なものだったり、体の疲労、年齢・・・などなど。男性だからbaiaguraと言って、いつも発情していられる訳ではないんです。なかには違う病気だった、なんて怖い話しもあるくらいです。パートナーとしては、男性のことをもっとちゃんと考えてあげなくてはいけません

勃起不全(ED)
男性不妊症の中には、造精子機能障害・勃起障害というものがあります。これは、その名の通り精子・勃起機能に障害がある状態です。たとえば、睾丸で作られる精子の数が少なかったり、中折れなどがこれにあたります 勃

起不全(ED)について

男性不妊症の中でも、意外と多くなってきているのが勃起不全(インポテンツやEDなど)です。精子や性器には目立った異常がないけれど、行為のときに勃起できないという性交障害になります。また、このようなインポテンツの原因としては、ストレスなどの心因性の場合が多いので、心のケアがもっとも有効な治療法となってきます。
0

2013/5/15

早漏の治し方、早漏改善対策  

早漏の治し方、早漏改善対策

早漏の治し方、早漏改善対策

多くの男性が早漏で悩んでいますが、一体早漏とはなんなのでしょうか?早漏とは、読んで字の如く、「早く漏れて」巨人倍増しまうこと。つまり、男性が性交の際に、早く射精してしまうことです。この「漏れる」という言い方が、この言葉が男性の潜在意識に大きな影響を与えているような気もしますので、何だか嫌ですね。

詳細紹介:
多くの人は、早漏で悩んでしまう。そして、早漏防止方法を探し求める。大抵の場合、女性を満足させないうちに、射精しているという罪悪感から、自分が早漏であると言う自己嫌悪に陥ってしまうようです。でも、女性を十分に満足させるとは、どの程度の時間の性交をイメージしているのでしょうか?あなたは、自分と他人の性交を比較したことがあるのでしょうか?そういうと、自分が早漏だと思っている男性は、「ある」と断言します。

では、何を基準に自分が早漏だと思い込んでいるのでしょうか?早漏に至るとは、どのくらいの時間を言うのでしょうか。色々調べてみても、明快に定義されてはいないようなのです。専門の医者だって、正確に早漏を定義するのは難しいのです。結局のところ、一般的に、早漏とは、本人が自覚したときに、成立する精神的な病のように思えます。つまり、早漏だと思わなければ、その人は早漏ではない。「私は早漏だ」と思った時に、その人は、早漏になってしまう。そして、早漏防止方法を探し求める。

本気で早漏を治したいというならば、専門家の意見を聞きながら『AD式早漏克服術』とかが人気みたいです。質問を読む限り、短時間でオナニーが終了してしまうことを悩んでいるようです。でも、オナニーの射精所要時間は、自分でコントロールできるはず。射精しそうになったら、手を休めればいいのですから、簡単です。というか、コントロールできなければいけない。

つまり、いま、あなたは、オナニーのときに興奮しすぎて、ペニスに圧力を過大に与え、猛スピードでピストン運動をしてしまっていて、そして無意識に手に力を込めるのです。それを、冷静にコントロールできるようにする。そして、短時間オナニーの習慣を改善する。

専用の薬やコンドームを塗ることには興味がないような内容が書かれていますが、これらを利用するのも一手段。オナニーのときに、厚手のコンドーム『超厚』などをつけて、いつもよりオナニーの時間を長く楽しむことは、あなたのオナニー習慣の改善に役立つと思います。ただし、あなたのような若い人に、現在、話題のサムスを薦めるつもりはありません。トリスも不要でしょう。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ