チワワとミニチュアシュナウザーの上下関係を描いた毎日
2匹でお散歩も楽しいね  

ちくわと玉子は、お散歩するときも2匹一緒です。玉子が小さなちくわのペースに合わせて歩くような感じの散歩です。

最初の頃は、2匹一緒の散歩もかなり大変でした。今でも、時には2匹別々に何か興味持ち出して、違う方向に行きたがることもありますが、ほとんどの場合は平和に2匹で歩いています。

散歩中、別の犬が現れた時にフレンドリーな感じで挨拶するのは玉子の方で、ちくわはちょっと警戒気味で玉子の後ろに隠れている様子です。

いろんなきっかけで2匹それぞれの個性が出て、面白いですよね。

暑い夏の時は涼しくなってからの散歩が中心でした。これからは寒い時期になるので、特にちくわがあまり寒いのが得意ではないので、なるべく暖かい昼間の時間での散歩になりそうです。

ペットと過ごす時間を大事にしたいなどそんな看護師の転職の希望を叶えます
0

ちくわと玉子、命名の訳  

ちくわに玉子
誰が聞いても一発で覚えてもらえる我が家の二人ならぬ二匹の名前

どうしてそんな名前にしたのと聞かれることもしばしばです。

深い意味はないのですよ。

まず、ちくわの場合は、単にチワワと書いた字を
母が「チクワ」と読み間違えたのがきっかけです。

玉子の方は、これはもう「ちくわ」とくれば
おでんねたで、大根とかこんにゃくよりは玉子だろうと。

玉子にすれば、先住犬がちくわだったのは災難ですね。

でも、祖母の頭には、おでんねたというのが刷り込まれているらしく
ちくわは大丈夫なのですが、玉子のことは
よくおでんちゃんなんて呼ぶんですよ。

玉子の目の前で「おでんちゃん、おでんちゃん」なんて話しかけるものだから
玉子がよく変な顔をしています。
わかるんですね、自分の名前じゃないって。


3分で自炊派に暮らしを楽しむ
0




AutoPage最新お知らせ