2017/1/16

今年はじめてのドールオフ@Studio Coucou  オフ会(ドール撮影)

こんばんわ!、ボーダーラインですm(_ _ )m

年が明けて、早速ドール撮影オフに参加してきました。
今回撮影で使わせて頂いたスタジオは、都営大江戸線の森下駅から徒歩6分ほどの場所にあるstudio Coucouさんなのですが、
本当に良い撮影環境で2017年は幸先の良いスタートを切れたなという心境です。
それでは、早速ですが撮影した写真を貼っていきたいと思います、ペタりっ。



写真
この日は前日が雨だったこともあり微妙に曇天だったというか、決して天気に恵まれた日ではありませんでした。
それでも、スタジオの立地している場所が良いことと、光が豊富に入る作りになっていることもあり、撮影に苦労することはほとんど無かったように感じます。



写真
ただ、天気に恵まれたら更に良い環境になることは容易に想像がつきますので、次回は晴れている時に訪れてみたいものです。



写真
Studio Coucouさんは、三階建て(屋上を含むと4フロア)の丸々一棟貸し切りタイプのスタジオさんなのですが、
内装やオブジェがとにかく凝っています。



写真
コスプレイヤーさんの中では、かなり人気のあるスタジオさんらしいのですが、
それも内装を見た瞬間に「あー、これは人気が出て当然ですよね(~□~;)」と思わず頷きたくなるほど、撮影がし易い工夫が凝らされています。

人間の撮影には向いているけどドールの撮影には適さない場合もあるのですが、
Studio Coucouさんは今まで利用させて頂いたスタジオの中でも、1・2を争うほどドール撮影に向いているように感じます。



写真
あと、今回うちからは看板娘の“秋乃(あきの)”を連れていきました。
このスタジオさんに合うようにコーデしたつもりだったのですが、いかがでしょうか?;。



写真
季節的に冬ということもあり、ファーティペットを基点に色合いを統一し、全体のバランスをとっています。
ジャンパースカートには色の相性の良い白シャツを合わせて、流行のセンスではないかもしれませんが、
それがまた自分らしさという意味で良いのかなと思っています。



写真
このポーズに特に意味はありません(ぇー



写真
あまりにポージングのセンスが無いので、人間用のポージング教本のようなものを何冊か購入してみたのですが、
ほとんどドールの稼働域では表現が不可能なものだったりするので、悩ましいところですorz



写真
さておき、本当にこの背景良いですよね。
ペンキのかすれ具合がレトロチックなオブジェと相まって、シャッターを切るだけでそれなりに雰囲気が出てくれます。



写真
こちらは撮影会でご一緒したルンさんの愛娘さん。
参加したほぼ全員(主に私が)から「可愛くてズルい」と言われていました。
何がズルいって、ちょこんと座るだけで可愛いとか、どんだけチートなのかとー(ぇー

もしドールに萌え税なるものがあったとしたら、年間3億くらい徴税されるはずです(ぇーぇー



写真
この子は同じく撮影会でご一緒したcarinoさんの愛娘さん。
何気に私がメイクした子だったりするのですが、carinoさん曰くうちの看板娘の“冬日(とうか)”と“秋乃(あきの)”の親戚なんだとか。
確かにそうかもしれませんね(~¬~ )

ただ、その理論でいくと親戚だけで138人も居ることになるのですが、どうなんでしょう(知らんて



写真
そして、こちらの子はぱなさんの愛娘さんですね。
ポージングが秀逸なので、一人で勝手になるほどなるほどと言った具合に、じっくり観察させて頂いた次第です(ヤバイ

というか、撮影会でご一緒する方達は、皆さんそれぞれ独自のポージングがありますので、毎回本当に参考になります。
それを理由によその子を凝視する大義名分を得ているとかじゃないです、ほんとです、信じてください(ヤバイ



写真
寝転び姿を俯瞰にて撮影。
画面内に女の子が増えれば増えるほど華やいで、とても良いです( ˘ω˘) 異論は認めない

あと、この構図前からちょっとやってみたかったんですよね(ぇー


写真
ちなみに一人の場合だとこんな感じになります。



写真
今度はルンさんの愛娘さんと撮影。
一言で言うと「ぅゎょぅι゛ょっょぃ」



写真
Tee-See さんの愛娘さんともコラボ撮影させて頂きました。
二人とも09ヘッドからメイクされた子なので、レジンアイの色も同色ということもあり姉妹みたいですね(~¬~ )

こうやって、他のオーナーさんの娘さん達と一緒に撮影させて頂くと、普段気付かなかったことが見えてくるから不思議なものです。



写真
自然光の入り方がとても良いですよね。
レフすら使っておりませんので、それだけスタジオ自体の光のまわり方が良い証拠です。



写真
おかげで、先日TT600を2台導入したので、使う気まんまんで撮影に臨んだのですが、
環境光が良過ぎてあんまり使う機会がなかったです_(:3」∠)_



写真
ただ、これでX-1一機でAD360UとTT600×2機を併用して、同時発光出切るようになりましたので、
撮影が格段に楽になるのかなと思います。益々自堕落な撮影ばかりするダメカメラマンになってしまいそうです_(┐「ε:)_ というかもう既にダメです



写真
ぴーす☆



写真
最後に集合写真を撮影して、オフ会終了しました。

Studio Coucouさんは社交辞令ではなく、本当にドール撮影者の視点から見てもDDの撮影に向いているスタジオだと思えるので、
またぜひに利用させて頂きたいなと思っています。
今回も本当に本当にほんと〜〜〜に楽しい撮影会でした!。


ということで、今回はここまでとなっております。
それでは、また次の更新でっ!ノシ



----------------------------------------
・CANON EOS5D MarkW

・CANON EF50mm F1.2L USM
・CANON EF100mm F2.8L MACRO IS USM

・KENKO ZetaQuintプロテクター72mm
・KENKO ZetaQuintプロテクター67mm

・diagnl ダイアグナル Ninja Camera Strap38mm 一眼用 Black

・Fotopro C-4i PLUS(ブラック)
・Fotopro クイックシュー FPH52P C-4i シリーズ対応 79497 QAL-40
・Manfrotto ナノポール 4段ライトスタンド195cmオスダボ
・carinoさん自作ミニライトスタンド

・Godox TT600×2
・GODOX X1

・LS DECO 穴あき丸レフ板80cm折りたたみ可能銀白
・NEEWER 5-in-1撮影用 折りたたみ式 レフ板(銀、金、白、黒、半透明) 60cmx90cm

・Lightloom CC
・PhotoShop CC
----------------------------------------
16

2017/1/12

沼津に行って安田屋旅館泊まってきた その4  旅行

写真
沼津旅行の記事も今回で最後となりますが、それでは前回の続きからです。



写真
一晩明けてまだ朝の6時ということで、朝の散歩に出かけることに( ˘ω˘) めっちゃ眠い



写真
何か微妙に雲行きが怪しかったので、雨でも降らなければ良いなと思っていましたが、杞憂に終わりました。
雨男なのに、今回は一回も雨に見舞われることなく無事に旅を完遂出来てしまったので、
たぶん次回の旅行では大雪か豪雨になるんじゃないのかなとか思っています(ぇー



写真
良いところ過ぎて、ほんと東京に帰りたくなります、はい。



写真
1時間ほど散歩した後、安田屋旅館さんに戻り朝ごはんを食べ、食後のコーヒーをサービスで出して貰えました。
この珈琲は酸味があまりなく個人的にとても飲みやすく、大変美味しかったです。



写真
安田屋旅館さんを出立し、その足はAqoursメンバーの母校モデルである長井崎中学校へ。



写真
劇中で見たまんまですね。



写真
長井崎中学校へ行く道中、DD(ドール)の撮影をされている方達をお見かけしたので、
思わず声をお掛けしようかどうしようか悩んだのですが、会釈だけしてスルーしてしまいました(ぇー

というか、偶然だとは思うのですが、最近地方へ旅行に行くと狙ったわけでもないのに、
山奥とか川沿いとかでよくDDの撮影をされている方々をよくお見かけします。
DDユーザーってそんなに増えてるんでしょうかね?;。



写真
さておき、こちらは長井崎中学校前のバス停。
ここもよく劇中で使われる場所の一つ。



写真
反対側から撮影するとこんな感じ。



写真
またまた移動して、今度は劇中で出てきたコンビニへ。
他の聖地巡礼されている方々も撮影をされていましたが、
事情を知らない通りすがりの人たちは、その光景をかなり不思議そうな面持ちだったような(~¬~;) 普通のコンビニですしね



写真
コンビニの裏側では、こんな光景が。
美味しい魚が沢山釣れるんでしょうね(~¬~ )



写真
忙しないですが黒澤家のモデルになってるとのことで、次は沼津御用邸へ。



写真
沼津御用邸は、明治26年から大正天皇の静養のため、静岡県駿東郡静浦村(現・沼津市)の島郷御料林内に造営された建物とのこと。
昭和44年に廃止されてからは、現在は沼津御用邸記念公園となっているらしいです。



写真
千本松原に連なる広大な松林と駿河湾に面した砂浜の中にあり、敷地面積は約15万平方mに及ぶとのこと(~□~;)



写真
この場所もラブライブ関係なく、沼津を訪れた際はぜひ立ち寄られることをオススメします。
窓ガラス一つとっても、今の日本では作られていないものなので、一見の価値ありです。

ここでは300枚以上写真を撮ったのですが、時間がなくてまだほとんど現像出来ていません。
時間のある時にゆっくり現像していきたいと思っていますorz



写真
沼津御用邸を1時間半ほどかけて見学した後、沼津漁港まで戻り昼食をとることに。
ここも劇中で一瞬出てきた場所だったりするので、店内はラブライブの聖地巡礼で来られた方々で溢れかえっていました(マテ



写真
金目鯛バーガーセットを注文。
金目鯛を敢えてフライにしたあげくハンバーガーにするって、滅多にないというか良い意味で斬新な味でした(ぇー
既存のフィッシュバーガーなどとは、明らかに違いがあるので、こちらも気になった方はぜひ食べてみて下さい٩( ᐛ )( ᐖ )۶

ちなみに私の友人達は深海ザメバーガー・サーモンバーガー・堕天使の宝珠??を注文してたような。



写真
沼津の旅を1泊旅行を終えて帰路につきつつ、国府津の海岸で途中下車。




写真
夕暮れ時でしたが、逆に人がほとんど誰も居なかったので、静かでとても落ち着けました。



写真
誰も居ないことを良いことに、うちの子の野外撮影チャンスとばかりに撮影開始(ぇー



写真
今回の旅でも“EF16-35mm F4L IS USM”大活躍でした。
この旅で撮影した967枚中(ほとんどまだ未現像)、8割以上がこのレンズのみで撮影を実施しています。

副業でやっているカメラマンのお仕事でも、最近ではスタイルが確立したからか、
“EF16-35mm F4L IS USM”と“EF100mm F2.8L IS MACRO USM”の2本ばかり使っています。
そのせいというか、副業の為に買った“EF24-70mm F2.8LU USM”の出番が、あまりに無さ過ぎるので売却してしまったほどです(オイ

“EF24-70mm F2.8LU USM”も非常に優秀なレンズでしたが、使わなければタンスの肥やし。
1年半ほど使いましたが、売却時には16万ちょっとで売れたので、
買った時よりも1万円程度安くはなりましたが、むしろお得感すらあったように思います。
こういう時、純正のリセールバリューの高さには助けられます。
また必要になったら買えば良いだけなので、とりあえず資金をプールしておこかなと考えていたり。



写真
ということで、今回で沼津旅行の記事は以上となります。
暫くお付き合い頂きまして、ありがとうございましたm(_ _;)m

今回の旅の主目的は安田屋旅館さんへの宿泊ということでしたが、
社交辞令ではなく大変居心地の良い素敵な旅館さんでした。
オタクな方への理解もかなりあるように見受けられますし、旅館の中の人も朗らかでとても印象が良かったです。

沼津自体もサブ目的としてラブライブの聖地巡礼で何ヶ所か巡りましたが、
ラブライブ関係なしに魚も美味しい自然も豊かということで、もの凄く楽しめました。
もちろん、これからアニメの二期が始まるにあたり、沼津を知ることでより一層ラブライブ!サンシャイン!!を楽しめることも間違いないので、
今から放映が楽しみで仕方ありませんヽ(~¬~ )ノ 待ち遠しいです


それでは、また次の更新でっ!ノシ



----------------------------------------
・CANON EOS5D Mark2
・CANON EF16-35mm F4L IS USM
・CANON EF50mm F1.2L USM

・Zeta Quintプロテクター77mm
・Zeta Quintプロテクター72mm

・Lightloom4.4
・PhotoShop CS6
----------------------------------------
11



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ