2016/2/8

ワンフェス2016[冬]  イベントレポ

写真


写真


写真


写真


写真


写真


写真


写真


写真


写真


写真


写真


写真


写真


写真


写真


写真


写真


写真


写真


写真


写真


写真


写真


写真


写真


写真


写真


写真


写真


写真


写真


写真


width="1200" height="800" alt="写真" title=""


写真


写真
元々イベントレポもしていませんし、フィギュアもfigmaや武装神姫くらいしか買ったことがなく、
トレフェスなどにも1回しか参加したことがありませんでしたが、
去年の終わり頃から職場の同僚に「行こうよ!」と誘われていたこともあり、ワンフェスに初参加してきました。
2時間ほど軽く見て回ったのですが、コミケやドルパともまた違った熱気があり見ているだけでも楽しかったのです。

写真に関しては人混みを想定してなるべく軽装で行きたかったので、レンズとカメラ本体しか持っていかなかったのですけど、
やっぱりフラッシュとディフューザーの類、もしくはレフくらいは持っていけば良かったなと後悔。
何か以前トレフェスに参加した際も似たようなこと言っていたような気もしますが、学習能力が無いのかやる気が無いのか、それとも両方なのか……_(:3」∠)_

さて、ワンダーフェスティバル(Wonder Festival=ワンフェス)は、海洋堂の主催する世界最大のガレージキットのイベントですが、
ガイナックスの前身であるゼネラルプロダクツによって、1984年12月にゼネラルプロダクツ大阪2号店で行なったプレイベントに始まり、
なんと今年で31年目を迎えたことになります。
ワンフェスって簡単に言うとコミケの造形物ver.なのかな??くらいの認識でしたが、
最近まで私はワンフェスがこんなに歴史の長いイベントだということを全く知りませんでした。

知り合った原型師の方に色々伺ってみたのですが、これまではフィギュアの原型作成は自身の手で作り出すアナログ色の強い作業がメインだったけれど、
これからは3Dプリンターなどの先進技術をフル活用することに、シフトしていくことになるだろうと話をしてくれました。
何かを作り出したい・表現したいという根底にある物作りに対する想いは、いつの時代も変わらないのかもしれませんが、
30年以上続く造形物の祭典も時代が進むにつれ、テクノロジーやニーズも徐々に変化していってるのでしょうね。

参加者5万人以上とも言われるワンフェスですが、こんなに沢山の人達が魅せられる理由の一端を垣間見れたので、
参加してみて本当に良かったなと感じました。

今回はここまでです。
それでは、また次の更新でっ!ノシ



----------------------------------------
・CANON EOS5D Mark2

・CANON EF16-35mm F4L IS USM
・CANON EF100mm F2.8L IS MACRO USM

・Zeta Quintプロテクター77mm
・Zeta Quintプロテクター67mm

・Lightloom4.4
・PhotoShop CS6
----------------------------------------
3

2016/2/1

いばらぎじゃない、いばらきです  フィギュア

先週の日曜日、友人の取り計らいで茨城県の公民館??にて、フォトショップを写真部の学生さん達に教えてきました。
身分不相応というか、ちゃんとお給料貰って何かを教えたのは、生まれて初めての経験でしたので緊張したのですが、
とても良い経験になったように思います。有り難いお話を下さって本当に感謝していますm(_ _;)m

持ち時間は100分(50分を2枠)ということで、レイヤーの説明から始まりレベル補正・トーンカーブなどの基本をさらって、
余った時間をテクスチャーやブラシは便利だという点をお話してきました。

写真
※Before.

12人の大学生さん達に、フォトショップの魅力や便利さをどうやったら面白おかしくお伝え出来るのか、
フィギュアの写真などの方が受けが良いのではないかと無い知恵を絞った結果、こちらの画像を使用することに(ぇー
ちなみに、武装神姫の存在を学生さんが12人も居たのに誰も知りませんでした_(:3」∠)_ ソンナー
その後、友人から初音ミクとかの方が認知度があって良いのではないか?とアドバイスを頂きましたが、時すでに遅し。

最終的にこのわざわざ東京から来た人は、オタクなんだという印象しか残らなかった気もしますが、
笑いを交えながら和やかにお話することが出来たので、目論見は成功だったような気もします。

あと、学生さん達に「オタクなんですかーっ!?」と聞かれてしまうよりも前に、
「私はオタクです、オタクですけどフォトショップを若干使えるオタクです」と自己紹介したのですが、笑われました。
たぶん、質問される前に自己申告したので、セーフですセーフ(ぇーぇー

写真
※After.

それはさておき、休憩を挟みつつ100分の講義??で参加して頂いた全ての学生さんが、こんな感じのことを出来るようになりました。いかがでしょうか。
元になった写真はお世辞にも上手く撮れたとは言い難いものですが、何ヵ所かの補正と3枚のテクスチャー使用、
そしてブラシによる部分的なエフェクトの追加をちょろっと行うだけで、少しは見栄えが良くなったのかなと思います。

オマケで表情を変えたり、股下の関節などを目立たなくする方法も説明したのですが、これは時間がギリギリ過ぎたので申し訳ないことをしました。
でも、皆さん本当に若いからか吸収率や理解力も大変高かったので驚きました。

正直、フォトショップの操作方法よりも、写真の楽しさをもっと広げられる可能性があるという話がしたかったのですが、
上手く伝わっていてくれれば幸いです。人に何かを教えるって本当に難しいですね。
教えるよりも教えられることの方が何倍も多かった濃密な時間だったように感じました。

ということで、今回はここまで。
それでは、また次の更新でっ!ノシ



↓撮影機材↓
----------------------------------------
・CANON EOS5D Mark2
・CANON EF35mm F2

・KENKO 52 PRO1D プロテクター(W)ワイド

・Digital Photo Professional ver.3.11.26.0
・PhotoShop CS6
----------------------------------------
6



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ