2016/8/28

ホームタウンドルパ名古屋6アフター後オフ会@TKP神田ビジネスセンター  オフ会(ドール撮影)

こんにちは、ボーダーラインです!。

今日は名古屋ドルパのアフターということで、気心の知れた友人達と一緒に恒例のアフター後オフ会してきました。
このオフ会もアフター後に必ずやっているので、気付いてみれば相当な回数になっていると思います。
もはや、毎回幹事をしてくれるほそさんには足を向けて寝られません。
この場を借りてお礼を言うのも何なのですが、いつもありがとうございます。
お礼の品を今度贈呈させて頂こうかなと思っておりますm(_ _;)m

あと、考えてみればみんなとも知り合って、何気に8年くらいになるんだな〜としみじみ考えてしまいました。
時間が経つのは本当に早いですね(~□~;)

さて、今回オフ会で使用した貸し会議室はいつものサニー貸し会議室ではなく、
TKP神田ビジネスセンターという場所でした。
サニーは予約が埋まっていたようで、こちらになりましたがたまには気分転換になって良かったのではないでしょうか。



写真
うちからは、看板娘の“冬日(とうか)”を連れて行きました。
この子はリメイク(2回目の近代化改修)してから、まだ撮影の回数こそ少ないですが、
やはり自分で作った子なので撮影し易いですね(~¬~ )

とりあえず、中破したカメラが修理から返ってきたので窓際(自然光)で試写してみました。
修理の際に基盤を交換してもらったのですが、完全回復したようで良かったです。



写真
今回のコーデのコンセプトは「白と金古美」なのですが、
カジュアルではなくどちらかと言えばファンタジー的な要素を取り入れています。

それと白一色のドレスなので、印象が単調にならないようにアクセサリーで色を補填しています。
頭に茶色のカチューシャ、足元に茶色のサンダルを配置して同色で挟むことで、
色が近い金古美のアクセサリーとの親和性を高める効果も狙っています。

ちなみにサンダルが写真に写ってないのは、私が撮り忘れたからです(オイ



写真
余談ですが、先週突然姉が「SD用のアクセサリー何個か適当に作って!」と言ってきたので、
重い腰をあげて1週間で約20個(そのうち没が10個)ほど作ってみました。
今回、うちの子が身に着けているアクセサリーは、没になったものをリメイクしたものとなります(ぇー

と言っても、一から全部作ったわけではなく、貴和製作所さんで昔買ったパーツを切ったり貼ったりしたりしたものが大半なので、
素人の私でも何とか形にすることが出来たと言ったところです。

このカチューシャもDOLKさんで購入した海外のドールメーカーさんが販売しているものに、
花形のチャームをちょい足ししているだけです。
葉っぱの形をした台座を一度一枚ずつニッパーで分解後、好みの形に再構成をして花部分のチャームをその上に接着し、
最後にトパーズ色のスワロを中心部に配置しています。



写真
このネックレスは最初メリーゴーランドのチャームだけだったのですが、
それだけだと寂しいのでクラッシュビーズを追加してみました。
これは姉も気に入ってくれたようで、色違いで5個も作らされたので在庫が全部無くなりました(マテ
シンプルなデザインかつ、手間もさほど掛からないので私も気に入っていたりします。

正直もう一ひねり欲しいところですが、複雑なデザインだと一見豪華ですけど、よく見るとごちゃごちゃしているだけだったりするので、
どうも素人の私にはシンプル過ぎず過美過ぎずと塩梅が難しいです;。



写真
このブレスレットも作り方が簡単なわりには、ワンポイントになってくれるので、
ドレスなんかの際には今後重宝してくれそうです。
金古美色のレースが家にあったので、それを解れないように丁寧にカットした後、
Tピンで丸カンに接続したチェコビーズを合わせてみました。
ビーズの色はよく見ると一つずつ色違いになっていたりします。

チェコビーズが主張し過ぎないように、なるべく淡い色をチョイスしたのですが、
コーデによってはもう少し濃い色をチョイスしても良いかもですね。
レース部分も今回は金古美色を使用していますが、白やきなりなんかで作っても可愛いかもしれません。

ちなみに切って余ったレースは、簡素ですがチョーカーにして今回無駄なく使ってみました٩( ᐖ )۶
「勿体無い」、とても良い言葉です、はい。



写真
最後にチェーンベルトに関してですが、これは元々髪留めだったものを仕立て直しています。
以前、小さな姪っ子が誤って踏んづけてしまった経緯があるのですが、修理するついでにチェーンベルトとして改修してみました。

私の不注意で壊してしまったこともあり、どうしても修理したかったので改修出来て良かったです。
ボリューム的に今回のメインアクセサリなのではないでしょうか。



写真
何か後半、アクセサリの紹介みたいな内容になってしまいましたが、ご了承下さいませ_(:3」∠)_
他にも沢山アクセサリは作ったので、追々紹介はするかもしれませんが、またお付き合い頂ければ嬉しく思います。

大分話が逸れてしまいましたが、今回のアフター後オフ会も大変楽しく過ごすことが出来ました。ありがとうございます!。
主に「看板娘の胸がデカい」とか「それで清楚になったつもりか」・「…………、えろい(言うことそれだけかよ!)」など、
もうミミタコな指摘も最近では様式美みたいなものかと思えるまでになりましたよ!(ぇー


ということで、今回はここまでです。
それでは、また次の更新でっ!ノシ



----------------------------------------
・CANON EOS5D Mark2

・CANON EF50mm F1.2L USM
・CANON EF135mm F2L USM

・KENKO ZetaQuintプロテクター72mm×2

・八仙堂 高級レンズフードねじ込み式 Φ72mm
・八仙堂 ねじ込み式レンズフード Φ72mm

・diagnl ダイアグナル Ninja Camera Strap38mm 一眼用 Black

・Fotopro C-4i PLUS(ブラック)
・Fotopro クイックシュー FPH52P C-4i シリーズ対応 79497 QAL-40

・Manfrotto ナノポール 4段ライトスタンド195cmオスダボ

・Godox TT660
・GODOX X1

・AD-S17 180°ディフューザー
・GODOX 多機能 S型 ストロボブラケット

・LS DECO 穴あき丸レフ板80cm折りたたみ可能銀白
・LS DECO 白&銀 丸レフ板 58cm

・ColorChecker Passport

・Lightloom CC
・PhotoShop CC
----------------------------------------
9

2016/8/19

沼津(ラブライブ!サンシャイン!!の聖地)に行ってきた!  旅行

写真
先日、夏休みを利用して品川から電車に乗り沼津に行ってきました〜。
早朝6時起きで、品川駅から沼津駅には2時間弱で到着出来るので、意外と近いんだなというのが正直な感想です。
あと、沼津と言えば絶賛放映中の“ラブライブ!サンシャイン!!”の聖地なわけですが、
この日はコミケ3日目だったからか、道中想像していたよりもラブライブのファンは少なかったように感じます。


6:33発 品川駅
 ↓
7:45着 小田原駅(終点
7:50発 小田原駅(乗り換え
 ↓
8:13 着 熱海駅(終点
8:23 発 熱海駅(乗り換え
 ↓
8:41 着 沼津駅(終点


交通費は以下のとおり↓↓↓
-----------------------------------------------------------
・電車賃:品川→沼津:2270円+780円(普通グリーン代金)=3050円(片道)・6100円(往復)
・あわしまマリンパック:2130円(往復バス代+マリンパーク代)
・合計:8230円
-----------------------------------------------------------

グリーン券も品川〜沼津間で+780円で利用出来ますので、ゆったり移動出来ました。
ちなみに、グリーン券はスイカで買うのではなく、駅券売機で切符タイプを買うと乗り換えが楽ですのでオススメです。
厳密に言うと沼津駅はJR東日本内では無いっぽいのですが、なぜかグリーン範囲内のようです(ぇー

通常だと東海バスの往復代金が1420円で、あわしまマリンパーク代が1800円の合計3220円ですので、
あわしまマリンパックを利用すると2130円で済みます(1100円お得)。
※あわしまマリンパックは、バス乗車時に乗務員に問い合わせると買えますよ!。

浮いた金額でお昼に淡島で美味しいランチ(鮮魚をふんだんに使ったどんぶりなど)を食べて、
地域経済に還元するとウィンウィンな関係になれると思いますので、ご利用をオススメ致します!。



写真
あわしまマリンパーク行きのバスは、駅前のロータリーから乗ることが出来ます。
天気はいまいちでしたが、逆に涼しくて過ごし易かったような。

この日は暑くても大丈夫なように、かなり軽装で現地を訪れたのですが、
撮影機材もカメラ本体とレンズ一本(EF24-70mm F2.8LU USM)のみという体たらく。
こんな涼しくなるならば、せめて望遠くらい持っていけば良かったと後悔しました(ぇー

ただ、“EF24-70mm F2.8LU USM”は私が説明するまでもありませんが、
とても優秀なレンズですから荷物を少なくしたい時は、本当に心強いですよね;。
とりあえず、付けっぱなしにしておけば、トリミングなどを活用しつつ大体何とかしてくれる為、
単では出来ない対応力の高さを旅写真などでは遺憾なく発揮してくれます。



写真
予定通り、バス搭乗時に運転手さんに声をかけてあわしまマリンパックを購入。
このあわしまマリンパックは大変お得なのですが、数に限りがあるのでその点だけご注意下さい。
私も朝早く行ったにも関わらずラスト一枚で、危うく買えないところでした(セーフ



写真
バスに揺られること25分。



写真
ラブライブ!サンシャイン!!の舞台である淡島が、車中から見えてきました。



写真
あわしまマリンパーク前のバス停留所に到着後、
今度はあわしまマリンパックに付属している入場引き換え券を使い、あわしまマリンパーク入場券をゲット。



写真
淡島までは陸路は無い為、連絡船を使って行くことになります。
2008年頃まではケーブルカーを使って上陸出来たようなのですが、経済的な理由(主に維持費)で廃止されてしまったそうな。
海の上をはしるケーブルカーは、全国的に見ても珍しいそうなので残念ですね;。



写真
連絡船を待っている間、ふと海面に目をやるとあまりの水の透明度に驚きました。



写真
うす曇りかつ小雨が微妙にパラついての状況でこれだけ透明度があるなら、
晴天時はどれだけ綺麗なんだろうと想像に難しくありません。
次回訪れる際は晴れてる日を狙って訪れたいと思います。



写真
そうこうしてる間に、連絡船が向こうから。



写真
連絡船到着。

何気にラブライブ!サンシャイン!!仕様の外装になっていました。
あわしまのラブライブ・サンシャインへの力の入れ様が、見て取れるような気がしました。
作品の人気やロケーションも良く交通の便も悪くない為、第二の大洗となれる可能性を大いに秘めているように思います。



写真
連絡船出発、およそ3分ほどの船旅です。



写真
船内にはところ狭しと声優さんのサインが書かれていました。
全員分撮りたかったのですが、船内は原作ファンでギューギュー詰め状態なので一枚だけ撮影。



写真
発着場の向こうにAqoursメンバー小原鞠莉の自宅(淡島ホテル)が見えてますね。
向かって左側には、同じくAqoursメンバーである松浦果南の自宅が見てとれます。



写真
あまり船に乗る機会がないので3分ほどと短い時間でしたが、これだけでも何だかとても楽しかったです。



写真
淡島到着!。



写真
この日はあわしまマリンパークへの来場数が多かったようで、臨時のアシカショーとイルカショーが開催されていました。
こういうショーを見るのは学生の頃以来だと思うのですが、思わず童心にかえってしまいました。



写真
イルカショーの方はプールではなく、海をそのまま使ってのショーでした。



写真
イルカかわいい!。
よく訓練されている様子で、これだけでも一見の価値があるのではないでしょうか。



写真
ショーを見終わった後、淡島の外周を散歩。
丁度良く小雨も止んでくれたようで助かりました。



写真
それにしても良い場所だな〜と、風がとても気持ちよかったです。
アニメ関係無くリピーターが多いようで、納得のロケーション。



写真
先ほどもちょろっと書きましたが、このカエル館はアニメだとAqoursメンバーの松浦果南の自宅ということになっています。
アニメだとダイビングショップになっていますね。



写真
これは原作ファンへのサービスでしょうね。



写真
お腹が空いたので、淡島内にあるレストラン離宮「Mr.丼亭」にて昼食を摂ることに。
私が頼んだのはオレンジ丼(炙りサーモン&イクラ丼)で、同行した友人はプラチナ丼(とにかく豪華なやつ)を頼んでいました(~¬~ )

社交辞令ではなく、東京で食べるやつより断然美味しかったですよ。
あわしまマリンパックのおかげで、1100円も交通費や入場料が浮いている為、ここで地域経済に還元してみてはいかがでしょうか٩( ᐛ )( ᐖ )۶



写真
レンストラン離宮の店内には、声優さんのサインが展示してありました。
恐らくアニメに先駆けて現地取材をした際、Aqoursメンバーはここでご飯食べたのでしょうね。



写真
こちらはお土産コーナーで販売されているaqoursウォーター。
一応、買ってみました_(┐「ε:)_ 普通に美味しいミネラルウォーターという感じです。
何気に買えるところが少ないので、訪れた際は買ってみても良いのではないでしょか。



↓詳細↓
----------------------------------------------------------------
発売日:2016年7月31日
価格:148円(税別)
販売場所:あわしまマリンパーク売店「ショップしまたろう」、
ゲーマーズ沼津店、安田屋旅館、松月 以降順次展開予定
内容量:500m
種類:ナチュラルミネラルウォーター
l原材料:水(湧水)
採水地:静岡県駿東郡長泉町
販売者:株式会社淡島ホテル
----------------------------------------------------------------


写真
同じおみやげ屋さん内で一際異彩を放っている大きなカエルのぬいぐるみ。
すごいフカフカで甥っ子と姪っ子に買っていこうと思ったのですが、あまりに大き過ぎて断念orz
次回訪れた際は絶対買ってきてね!と言われたので、確保したいと思います(ゎー



写真
今回の小旅行で唯一しんどかった場所は、ここです。
この淡島神社へ至るとてつもなく長い階段ですが、
真夏に汗一つかかず息一つ切れず登りきれる猛者がいたら、たぶんその人は人間じゃないです༼ º﹃º; ༽

片道25分の行程なのですが、なぜか階段自体が坂道(傾斜)になっています。
何言ってるか分からない人は、ぜひ自分自身の目と足で確かめてきて下さい。
一段目から「これはおかしい」と分かるはずです。
普通の階段ならば大したことはないのですが、坂道と階段が合体するとこうなるのかというのを味わえますorz

大げさではなくて、これは実際に頂上まで登った人にしか分からないと思います。
頂上まで登りきった時、aqoursのメンバーやばいな!(体力的な意味で)と思うはずです_(:3」∠)_ 田舎のJKスゴイ

それと頂上に神社があるのですが、木が生い茂っている関係で景色はほとんど見ることが出来ません(オイ



写真
ロックテラス(淡島から唯一湾を一望出来る場所)からの景色。
頂上(淡島神社)からほんの少し下った場所にあるのですが、ここはラブライブ!サンシャイン!!の4話で、
国木田本丸と黒澤ダイヤが訪れた場所ですね。



写真
主人公である高海千歌の実家のモデルとなっている安田屋旅館は、ロックテラスからだとギリギリ写りません。
安田屋旅館には今回は敢えて行きませんでしたが、次回沼津を訪れた際はぜひ泊まってみたいなと思っています。



写真
淡島神社から降りてきて、その足はあわしまはし方面へ。



写真
淡島神社への山頂アタックで疲れた体に、淡島の優しい風が気持ち良かったです。



写真
少しクールダウンした後、帰路につく時間となったので再び発着場へ。



写真
帰りのバスはラブライブ!サンシャイン!!仕様のラッピングバスでしたヽ(~□~ )ノ



写真
反対側も撮影。

それにしても今回は軽い下調べのつもりでしたが、普通に楽しめてしまったというか、
沼津は楽しい!・美味しい!・また来たい!!の三拍子揃った大変素晴らしい場所でしたよ。

ぜひ近いうちに訪れたいと思っています。
恐らく次回は一泊すると思いますので、また違った側面を知ることが出来るのかなと思っています。



写真
ここからオマケ。

沼津から品川に帰る道中、ラブライブ!2期の11話でμ'sメンバーが訪れた場所に途中下車してみました。



写真
国府津海岸からは12〜13kmほど離れていますので、作中のように海岸からこの駅まで走ってくるのは結構大変かと思います(※国府津駅から4駅離れていたりします)



写真
国府津海岸には冬に訪れようと思っているので、次回沼津へ行く際に合わせて立ち寄ってみようと考えています。



写真
さて、下見(ロケハン)も兼ねてのラブライブ!サンシャイン!!及び、ラブライブ!の聖地巡礼でしたが、十分過ぎるほど楽しめました。
特に沼津の淡島は本当に良いところでしたので、今から次回のことを考えてしまっているほどです。


       /|
       |/__
       ヽ| l l│<それでは、また次の更新でっ!ノシ
       ┷┷┷






----------------------------------------
・CANON EOS5D Mark2

・CANON EF24-70mm F2.8LU USM

・Zeta Quintプロテクター82mm

・Lightloom4.4
・PhotoShop CS6
----------------------------------------



追記:
現在私が使っている“EOS 5D MarlU”は、どうやら8年目に突入し28万シャッターを切ったようなのですが、
元々調子が悪かったこともあり、今回の雨の中の撮影がトドメをさしてしまったのか、
重度のエラーが頻発に起こるほど故障してしまいました。

後日サービスセンターに持ち込んだ際、
キヤノンのサービスマンの方から「弊社の製品を大事にしてくれてありがとうございます、
30万回まであとたったの2万回シャッターです、どうですか頑張ってみませんか?」と声を掛けて頂いたので、
修理に掛かる金額は安いとは言い難い値段でしたがお願いしてきました。
それがこのカメラに出来るせめてもの恩返しだと思っています。

修理自体は今まで何回も経験していますが、今回は少し意味合いが違います。
それは“EOS 5D MarkW”の情報がようやく出てきて、発売が差し迫っているからです。

“EOS 5D MarkU”は、雨の日も風の日も本当によく私の我侭な撮影に付き合ってくれました。
同時に間違いなく私を育ててくれたカメラだとも思っています。
DXOなどで性能の数値だけを見れば、最新鋭のカメラには足元にも及ばない性能ではありますが、
私は性能で写真を撮っているわけではありません。
このカメラだからこそ、写真を心の底から楽しんで撮ることが出来たのだと思います。

自分が使っているモノに愛着や執着を持つというのは、時として仇になることもあるのですが、
私はそれも含めて写真・カメラというものを楽しむ為に、必要なことだと思っています。
“5D MarkU”からしたら、もう疲れた!引退させて!!と思っているかもしれませんが、
あと2万回と言わず修理から返ってきたら、まだまだ現役で頑張って貰うつもりです(オイ
15



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ