2017/2/9

受注の子のイメージショットと完成のお知らせ  ドルフィードリーム(DD)

前回の長野旅行記事の続きを書く前に、無料受注にて作成させて頂いた子が完成致しましたので、
既にツイッターのDMにて簡単にご報告はさせて頂いているのですが、こちらでもご報告をさせて頂ければと思います。

今回の受注は、ツイッターのフォロワーさん数名からご要望を頂いたこともあり、
TL上にて受注を募集させて頂いた次第です。
有り難いことにフォロー内外より、短い時間ではありましたが200名以上の方から立候補を頂きまして、
その中より僭越ながら抽選を行った結果、1名様を選ばせて頂きましたm(_ _;)m 本当に恐縮です



写真
↓今回の受注にて頂いたご要望は、以下のとおり↓
------------------------------------------------
・06ヘッド(セミホワイト肌)を使用する
・泣きぼくろを付ける
・軟らかい表情で優しい感じのおねえちゃん
------------------------------------------------



写真
ということで、要望も簡潔に述べて頂いたこともあり、
さほど悩むことなく製作に入れるかと思った矢先、私の中の悪い病気がはじまったというか何と言うか、
「優しい」と「優しい感じ」ってどんなもんよ的な、「優しいって、ある意味強いってことなんじゃないの?」的な、
変な部分が気になって仕方なくなってしまい、恒例の広辞苑で優しいの意味を調べるところから始まりました(ホントマテ



↓辞書で調べた結果は、以下のとおり↓
--------------------------------------------------------------
「優しい」→細やかで柔らかな感じを与える有様。
      他人に対して思いやりがあり、情がこまやかである。
      性質がすなおでしとやかである。穏和で、好ましい感じ。
      殊勝である。けなげである。
--------------------------------------------------------------


↓優しさとは?について、各個人の考察↓
--------------------------------------------------------------
・優しさほど強いものはなく、本当の強さほど優しいものはない
・本当の優しさとは、誰もが嫌うことを進んで受け持ち、平等に怒り誰も気付かない様なところで努力人の事を言う
・無条件で見返りを求めない本当の愛
・優しさとは、相手を理解しようとする心。相手の弱さを受け入れること。
・弱き人こそ薄情である。本当の優しさは強き人にしか期待できない
--------------------------------------------------------------


「優しい」という言葉一つとっても、改めて調べてみるとこれだけの意味と考え方があることが分かりますので、
この時点で単純に甘やかしてくれるおねえちゃんを作るのは止めようと思い至りました(ぇー



写真
そんなわけで芯のある女性を思い描いたのですが、ふんわり柔らかい子というよりは、
困った時にそっと手を差し伸べてくれる子をイメージして製作にあたりました。


具体的に書くとこうです。

------------------------------------------------------------------
・甘やかしおねえちゃん→「えへへ、この問題はこうやるんだよ?、他にも分からないことがあったらどんどん聞いてね!」

・芯のある甘やかしおねえちゃん→「この問題が出来たら、君の好きな晩御飯なんでも作ってあげるから、ね?、がんばろ……っ!」
------------------------------------------------------------------


ここだけ読むと、ボーダーさんもう何か遠いところに行ってしまわれたんですね、
と言われかねないのでこのくらいで許してください(何



写真
これ以上くだらないこと書くと、本気でやってるのかと疑われてしまうので、メイクについて説明をしていきますね(~¬~;)

まずアイラインはリキテックスソフトの焦げ茶色を使い下書き部分を描き、その上から黒色を使い色を重ねていきました。
焦げ茶色だけでは、ちょっと印象が優しくなり過ぎてしまうので、少し黒を足すことで柔和になり過ぎないように調節しています。
黒一色で描いていくと印象が変わってきて、クールな感じだったり静かな印象を助長出来たりと、
色の与える効果って決して小さくないことが本当によく分かります。



写真
また、目尻の角度は、タレ目でもなくフラットでもなく曖昧な角度としました。
その分、眉に関してはハの字とまではいきませんが、わりとタレ眉気味にしているのですが、
目尻も眉もタレた状態にしてしまうと優しいというよりは、どこか儚い印象になってしまうので、
全体でバランスを考えた結果このようにした次第です。



写真
続いて口元に関してですが、敢えて満面の笑みというよりは微笑程度となるように、ほんの少し口角を上げる程度に抑えてみました。
何個か表情を持っている子にしてあげたかったので、見る角度によって微笑んでいたり、楚々とした感じに見えたり、
撮る角度をあまり選ばない06ヘッドの造形の良さが少しでも活かせればなと感じています。

口元関連に付随してですが、今回はおねえちゃんということで、リップはツヤ有りタイプのものを採用してみました。



写真
少し話が逸れますが、今回使用しているウィッグは、いつも愛用しているMiruya製のものではなく、
BJD CROBI製のものを使用していたりします。

はじめて使うウィッグメーカーさんなのですが、かなり使い易い印象です。
使い易いと書いた理由は何個かあるのですけど、まずデフォルトの状態から既に形がわりと整っており、
ハズレを引かなければ買って直ぐ使える状態なのも珍しくないようです。
あと、毛質がしなやかで扱いやすいことは言うまでもなく、
加えて単色ではなく混合色なのも嬉しいポイントの一つではないでしょうか。

まだこのメーカーさんのウィッグは3つ(1個カット失敗したので、実質2つorz)しか持っていないのですが、
これから多用することになりそうだなと感じています。

レジンアイに関しては、言わずもがな毎回大変お世話になっているMM☆DROPさん製のものを使用させて頂いています。
少し前にメイクさせて頂いた09さん(初音ミク仕様)の時も、同色かつ同じタイプ(TS2)のものを使用させて頂いているのですが、
今回のウィッグが若干緑がかっている髪色なので、補色となるようにグリーンのアイをチョイスさせて頂きました( ˘ω˘)



写真
唐突ですが、もはや誰も聴いていないことは百も承知なのですが、
ここで恒例のどんな子をイメージして製作にあたったのか、私の妄想を垂れ流していきたいと思います(ぇー

大前提として、ご要望に「おねえちゃん」という不可侵の一文が入っておりますので、年の頃は大学生あたりを想定しています。
スタバで友達とキャラメルマキアートを飲むのが好きで、お昼寝も好き。
でも、弟のことはもっと大好きというのは、どうでしょうか(~□~ ) (~□..:;.:... (´:;....::;.:. :::;.. ..... シュワァァァ

つまり要約すると「おねえちゃん尊い」。おわり



写真
ということで、メイクヘッド事体はもう既に受注者さんへ、ゆうぱっくにて発送を完了しておりますので、
うちの子が届くまで今しばらくお待ち頂ければと思います。

そして、製作させて頂いたメイクヘッドに今後何らかの不備が発生したり、予期しないトラブルが発生しましたら、
可能な限り無償にて修繕・修復を行わせて頂きますので、遠慮なくご連絡頂けたらと思いますm(_ _ )m


それでは、今回はここまでとなります〜。
また次の更新でっ!ノシ



----------------------------------------
・CANON EOS5D MarkW

・CANON EF50mm F1.2L USM
・CANON EF100mm F2.8L IS MACRO USM

・KENKO ZX プロテクター72mm
・KENKO ZX プロテクター67mm

・Godox TT600×2
・GODOX X1

・ウッドラックパネルR×5
・塩ビシート(白)×4
・ユポ

・ヤザワ どっちもクリップ 強A3タイプ×2

・Lightloom CC
・PhotoShop CC
----------------------------------------
20

2017/2/3

長野に行ってきた! 前編  旅行

こんばんわ!、ボーダーラインです。
長野に行ってきたので、その際に撮った写真を少し載せていこうかと思います。



写真
1週間前は結構雪が降ったそうなのですが、この日は晴天に恵まれ絶好の旅日和。

今回は品川→横川→軽井沢→長野という行程で、長野を目指すことに。



写真
ということで、まずは途中乗り換えの横川にて一度下車。



写真
乗り換えまでの約30分ほどの時間しか滞在出来る時間は無かったのですが、
せっかくなので駅から最寄にある鉄道文化村に立ち寄ることに。



写真
ドール撮影をしている方が、ここで度々撮影をされているのをツイッターなどで見たことがあるのですが、
人も疎らで確かに撮影可能なんだろうなーという感じでした。



写真
このように展示されている古い車両の中に入ることも可能です。
私は乗り換えまでの時間が無くて、ドール写真は一枚しか撮ることが出来ませんでしたが、
また余暇が出来たら訪れてみたいなと思っています。

なかなか、このように人が居ない上に面白いシチュエーションの場所って、早々無いので貴重ですよね;。



写真
鉄道文化村は、明治26年に開通され平成9年に廃線されるまで、実際に運用されていた旧碓氷線が元になっているのですが、
日本初のアプト式鉄道の導入や幹線電化など鉄道史を知る上で、重要な場所なんだそうです。



写真
私は特に鉄道好きというわけではないのですが、そうでない人でも十分に楽しむことが出来る施設だと思います。
軽井沢に行く際に横川発のバスに乗る方は、駅から歩いて2分という立地なので、ぜひお立ち寄りしてみて下さい。入場料も500円と格安ですよ!。



写真
鉄道文化村を30分ほど見て回り、軽井沢行きのバスに乗車。

横川はほぼ風もなく晴天だったにも関わらず、軽井沢に到着すると予想だにしない強風と雪でブリザードみたいになっており、
駅からほとんど移動できない状態だったので写真どころではなく、直ぐさま小諸まで移動開始(ぇー



写真
軽井沢から小諸に到着すると風もほぼ無風となり、天気も安定したので懐古園へ行くことに。



写真
この懐古園は信州の名園として知られ、元々は田原攻めの軍功により再起を果たした仙石秀久が5万石で小諸に封ぜられた城でした。
その後、秀久が城の大改修と城下町の整備に取り掛かり、今日にその一部が残っていたりします。

仙石秀久というと、週刊ヤングマガジンにて現在連載中の人気漫画“センゴク”の主人公だったりするのですが、
個人的にずっと読んでいる漫画でしたので、何だか実際に訪れてみて感慨深かったです。



写真
懐古園の中には神社もあります。
1月も終わろうかという時期でしたが、何気に初詣だったかもしれません(ぇー



写真
参拝中、晴天にも関わらず雪がチラつきはじめました。



写真
懐古園内は、かなり広いので全部丁寧に周ろうとすると1時間以上は掛かるのかなと思います。
この日は雪が積もっていることもあり、半分程度しか見れませんでしたけど、また長野方面に向かう際は立ち寄ってみたいなと思っています。



写真
これだけ見ると、タイムスリップしたように感じますよね;。
かなりしっかりと当時の様子がそのまま残っているようなので、歴史好きの人にもオススメしたい場所です。



写真
高台からの景色も大変綺麗でした。



写真
秋は紅葉が素晴らしく綺麗な場所らしいので、次回はその頃に訪れてみたいなと。



写真
懐古園を1時間ほど散策した後、最終目的地である長野へ向けて出発。



写真
長野駅へ到着後、今回宿泊する宿の送迎車に揺られること40分。
信州中条の深い山の中に立地する“やきもち屋”に到着。
山村の原風景を色濃く残す宿です。

山奥かつ雪がしんしんと降っていることもあり、夜になると−10〜15℃くらいになるとのこと。
というか、夜と言わず既に極寒です(((~□~ )))
写真だとフラッシュ焚いてないので分かり辛いですが、かなり吹雪いていたりします。

宿の人からも30以上外に居ると危険だとか言われました(ぇー



写真
宿の中はこんな感じです、囲炉裏がとっても素敵。



写真
こういうの置かれると、思わず撮りたくなりませんか。なりますよね。



写真
部屋に着くなり、早速一枚だけうちの子撮影。
夜にならないと撮れない写真があるので、とりあえず前段階として試写だけしておきました。



写真
冷え切った身体を温泉で暖めた後、宿での晩御飯タイム。
旅というと、色々な場所を巡るのが醍醐味ですけど、
宿で食べるご当地の食材がふんだんに使われた晩御飯も楽しみの一つですよね。



写真
野菜・魚・肉とバランス良く出して貰え、どれも健康に良さそうというか、身体に優しい味わいでした。
普段、サラリーマン生活をしていると食事が結構疎かになってりするので、こういうのが本当に嬉しかったりします。



写真
この鶏肉と野菜は炭火で焼いて食べたのですが、うそでしょってくらい美味しかったです。
スーパーで売ってる鶏肉と何でこんなに味が違うのか……_(:3」∠)_ 野菜も甘くて絶品でした

ということで、前半はここまでとなります。
それでは、また次の更新でっ!ノシ



----------------------------------------
・CANON EOS5D MarkW
・CANON EF16-35mm F4L IS USM
・CANON EF50mm F1.2L USM

・KENKO ZX プロテクター77mm
・KENKO ZX プロテクター72mm

・Lightloom4.4
・PhotoShop CS6
----------------------------------------
13
タグ: 旅行 長野 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ