2013/4/3

ColorChecker Passportを導入しました  カメラ機材

先日そろそろ色の管理とかやってみようかな〜と軽い気持ちから、
X-rite社のColorChecker Passport(カラーチェッカーパスポート)を導入してみました。

写真現像に使用しているモニターをEIZOのFlexScanシリーズから、
ColorEdgeシリーズへ変更したのもありカラーチェッカーもどんなもんか試してみた次第です。

写真
早速、外で使ってみました、天気は生憎の曇天。
雲が分厚かったので薄暗く日差しも皆無でした、シチュエーション的には悪い方ではないでしょうか。

それはさておき、まず外観ですがパスポートと銘打ってるだけあり、
折りたたみ式なのでかなり薄くコンパクト、しかもとても軽いです。
このサイズならば、どこに持って行くにしても困ることは、まず無いかと。

写真
今回は、敢えて全撮影でカラーチェッカーパスポートの力を借りていますが、
自分の場合では通常こんな使い方はせずに、撮影環境が悪い場合にお世話になることになりそうです。

通常時も使いたいところなのですが、これを毎回使ってしまうと無難な色調にしかならず、
良くも悪くも個性が出難くなってしまうのかもしれません。

そうだとしても、カラーチェッカーというツールの利便性をを痛感したのも確かです。

写真
おかげで、ほとんど目で見たまんまの色調に再現することが可能。
ただし、コントラストや彩度は別の話になってくるので、そこだけ注意してください。

写真
周囲の色調をマゼンタに寄せず、薄いピンク色の桜の花びらのみ色調を回復させてみました。

フォトショやライトルームを使えば容易に行える手法ですが、選択肢が増えるのは良いことですので、
これでまた一つ楽な補正方法を見つけることが出来ました。

写真
カラーチェッカーは、どれを導入しようか悩んだのですが、
自分はスナップがメインなので持ち運びを考えた時、
耐久性とコンパクト性を重視しX-rite社のモノを選びました。

他の会社からも沢山の種類が出ていますが、
「世界一使われているカラーチェッカー」というキャッチコピーを見て、
わりと安易な気持ちで本製品をチョイスしてしまった感も決して拭えませんが、
今のところこれといった不満点も見当たらず、これにして正解だったと自負しています。

写真
この写真を撮った時も、店内の環境光がかなりオレンジに寄って薄暗いシチュエーションだったのですが、
カラーチェッカーの力を借りて3秒ほどで大体の補正完了。

まだ、やや色が寄っていますが、ワンタッチでここまで補正出来たのですから、必要十分なのかなと。

写真
皇居前の噴水。SS=1/8000にて撮影。

透明なものを透明っぽく撮るのって、意外と難しくないですか、、、自分はこの手の撮影が苦手だったりします。

そんな時もワンクリックで一発補正、そうカラーチェッカーパスポートならね!、的なフレーズが思わず頭を過ぎりまs(ry

写真
この日は、丸の内のオフィス街を散歩しながら軽くスナップしました。
天気に恵まれずちょっと残念ではありましたが、
カラーチェッカーパスポートの運用性を確かめるには、
ある意味これくらいの悪条件の方が良かったのかもしれません。

写真
道具や知識が増えるたびに出来ることと選択肢が増えて、
新しい可能性がそこに開け、自分の進化の余地を見いだせるわけなので、
自信の意欲を掻き立てらという意味でも、新しいものに興味を持つということは、
やっぱり素晴らしいことなのではないのか、そう思えて仕方ありません。

以上、新しい道具を買って散財してしまった自分への言い訳でした(ぇー

はい、今回はここまでです。
それでは、また次の更新でっ!ノシ


↓使用した撮影機材↓
----------------------------------------
・CANON EOS 5D Mark2
・CANON EF35mm F2

・KENKO 52 PRO1D プロテクター(W)ワイド×2

・ColorChecker Passport

・Digital Photo Professional ver.3.11.26.0
・Lightloom4.3
----------------------------------------
5



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ