2017/2/21

長野に行ってきた! 後編   旅行

少し間が空いてしまいましたが、長野旅行の後編となりますm(_ _;)m

本業がここのところ忙しく、ちょっ〜と多忙なのかな〜という感じなのですが、
自分で時間を作っていかないとズルズルと更新出来ない日が続きそうなので、
いつもより早起きしてブログを書いている次第です(オイ

あと、本業の絡みで4年ほど毎週末にやってきた副業(若手舞台役者さんの宣伝材料撮影)を来月から、
一時休業させて頂くことになってしまいましたorz
若手舞台役者さんの助けになればと思い、これまで相場の3分の1程度の金額で撮影させて頂いてきましが、
本業にて責任ある立場になってしまったこともあり、専念しなければならない状況になってしまいましたorz

同じ仕事のことばかり考えて息が詰まりそうになった際も、
副業で違うことを考えることで良い息抜きが出来ていただけに非常に残念です。
また、これまで築いてきた舞台役者さん達との関係も続けていく為に、違った形でサポートが出来るよう思案しているところです。

例えば新人カメラマンに若手の舞台俳優さんを撮影する機会を与え、カメラマンは撮影練習が出来て、
舞台俳優さんは格安で宣伝材料を得ることが出来るというような橋渡しが出来ればなと考えています。
この業界、4年ほど見てきて正直どちらも駆け出しだと食べるにも苦労する状況が普通です。
なので、私が知り合ったカメラマンを役者さん達に紹介し、
マージンは一切取るつもりはありませんので、若手の育成の場となれば良いなと思っています。
「安く撮って欲しいけど、誰にどんな風に頼んで良いか分からない」、
こういうことが本当に多々ありますので、そこを上手く繋げていければなと感じています。

ということで、かなり話が逸れてしまいましたが、一旦割愛して長野旅行の話に戻したいと思います;。



写真
さてさて、晩御飯を宿で食べ長野の夜も更けてきたわけですが、ご覧のとおり外は猛吹雪です、はい。
長野の山奥かつ頂上付近にある宿ですので、真冬の深夜になると外の気温は−15〜20℃以下になるそうです。

宿の方は30分外に居ると危険だと仰っておりましたが、それは長野の山奥に長年住まわれている方でさえという意味であって、
東京からのこのこやってきたモヤシが貧弱な装備で外に出ようものなら、10分でアウトです(((~□~ )))

体感した感想としては、「あ、眉毛って凍るんだ」でした(ぇー



写真
食後のお散歩出来る状況ではないことが理解出来たところで、部屋に戻ってうちの子(冬日-とうか)の撮影を開始。
温泉宿ということで、今回は浴衣にちゃんちゃんこ姿になって貰いました。

ウィッグは、いつもうちの子が付けているものとは別のものをチョイスしています。
たまには、気分転換に良いかなと思って付けて貰ったのですが、変えない方が良かったかもしれません(オイ

最近、2ヶ月ほど掛けて探し回りウィッグを13個ほど買ってみたのですが、
カットしたり調整する時間が無くて積んでいる状態ですorz
今回のウィッグも旅行前日に急いでカットしたせいか、まだ微妙な状態だったりするのですが、
ちょっとずつ修正していこうかなと思っています;。



写真
とりあえず、外は大雪なので襖と窓を開けてフラッシュ焚いてみました。
窓を開けた瞬間、部屋の温度がおかしいことになり、10分程度の撮影で寒くて死にそうなりました_(:3」∠)_ イヤ ホントニ

ポージングする余裕とかありません、ムリです。
山梨が田舎なので、寒さには慣れているつもりでしたが、長野おかしい(マテ



写真
窓を閉めて、即撤収_(┐「ε:)_ 暖房あったかぃ

ちなみに、この時の寒さが原因だと思うのですが、
家に帰宅したら足の付け根が骨折してしまい、交換することにorz、
人間だけでなくドールにとっても過酷な状況だったんだろうな〜と思います;(ゴメンネ



写真
あと、そろそろうちの子リメイク(第三次改修)したいなと考えています。
まだ前回の改修から1年ほどしか経っていないのですが、その間に新しいことを沢山覚えてしまったので、
今ならもっと可愛く作ってあげられると踏んでいます。

そうなると“冬日(とうか)”だけでなく“秋乃(あきの)”の方も、改修することになると思うので、
どっかで時間を作らないといけないですね;。



写真
うちの子を撮影しつつ、気が付いたらベッドで死んだように眠ってしまったとのこと。
前日から残業→旅行準備→ウィッグカット→4時間半の移動→撮影という感じで、
全く寝ない状態のまま長野旅行に突入してしまったこともあり、
アルコールも入っていないのにいつ寝たのかも分からないくらい、
友人がちょっと目を話した隙に爆睡していたようです。
そんなこんなで、朝自然に目が覚めると早朝の5時になっていました(ぇー

夕方から降り続いていた雪は止んでいたようですが、
眼下の山間を見ると、何やらモクモクと怪しい雲だか霧だか分からないものが急発達。



写真
10分も掛からず、天候は一変。
昨晩と同じように吹雪になってしまいました、山の天気変わり過ぎです。こわい。



写真
でも、綺麗ですよね。



写真
朝から温泉につかり身体を温めた後、丁度朝ごはんの時間に。
囲炉裏がもの凄い良い雰囲気をかもし出してくれてました。

薪のぱちぱちと焼ける音と、暖房器具とはまた違ったほんのりとした優しい温かみが何とも言えません。



写真
晩御飯も美味しかったですが、朝ごはんもとても美味しかったです。
よく利用する伊藤園グループの旅館の朝ごはんもバイキング形式で楽しいですが、
こういう宿ならではの朝ごはんも嬉しいですよね。

美味しくてつい食べ過ぎてしまい、朝からめちゃくちゃお腹いっぱいになってしまいました;。



写真
朝ごはんを食べた後、宿を後にして山を下り、その足は長野駅周辺へ。
というか、山を降っただけでこんなに天気が変わるのかという感じです(~¬~;)



写真
当初予定してプランを変更し、行き当たりばったりですが、とことこ歩きつつ善光寺へ向かうことに。
それに予定通りいかないことも旅の醍醐味の一つなのかなと感じます( ˘ω˘)



写真
善光寺に到着!。

長野で一番有名なお寺といって相違ないと思いますので、朝早くでしたが参拝客もそこそこいたように思います。
善光寺の敷地内には露店が立ち並んでいるので、おやき食べながらお土産とか物色しつつ観光すると楽しいですよ。
焼きたての丸ナスのおやきが露店で売っているのですが、本当に美味しいのでオススメです!。
立ち寄った際はぜひ食べてみて下さい。

……で、その肝心の美味しいおやきの写真は、お土産とおやきで手が塞がり撮れませんでした(オイ



写真
カメラおじさんとかがお寺に来ると撮りたくなっちゃうカットその1。



写真
カメラおじさんとかがお寺に来ると撮りたくなっちゃうカットその2。



写真
カメラおじさんとかがお寺に来ると撮りたくなっちゃうカッ(ry

お寺で撮る写真って、毎回どうしても似たようなカットになってしまいがちなのですが、
同時に奇をてらう場所でもないような気もするので、どうなんでしょうね;。



写真
煙もくもく……。



写真
ここで、少し善光寺について書きたいと思います。

信州善光寺は一光三尊阿弥陀如来を御本尊としており、創建は約千四百年前とのこと。
御本尊の一光三尊阿弥陀如来は、インドから朝鮮半島百済国へとお渡りになり、
欽明天皇十三年(552年)、仏教伝来の折りに百済から日本へ伝えられた日本最古の仏像のようです。
現在は、年間600万人の参拝者が訪れているとのこと。



写真
何かこう書くと荘厳で格式ある立派なお寺という感じで、
若者にはあまり馴染みのない場所に聞こえてしまいそうですが、
参道では露店も沢山出ていますし、お土産を買うことにも事欠きません。
また、周囲には美味しいお蕎麦屋さんが立ち並び、観光として普通に面白い場所だと思いますので、
長野を訪れた際は立ち寄られてみることをオススメします、本当に!。



写真
信州ということで、やはりお蕎麦だけは食べねばならんということで、
善光寺から徒歩5分ほどの場所に立地するお蕎麦屋さんにて、二色蕎麦を注文。
二色蕎麦は、十割蕎麦と二八蕎麦(うどん粉とそば粉の割合を2対8でつくったそば)の両方を一緒に食べられるので、
何かよく分かりませんが妙に得した気分です(ぇー
蕎麦はコシが強くて蕎麦の香りも高く、普段東京で食べているものとは明らかに違いました。
こんなに美味しいお蕎麦がほぼワンコインで食べれるのだから驚きです(~¬~ )

ということで、ちょっと写真は少なめでしたが、今回の長野の旅はここまでとなります。
毎回、旅行好きの友人がプランを色々と考えてくれるので、とても楽をしながら旅行させて貰っているのですが、
私は基本的には出不精なので本当に有り難いなと思っています。
次回の旅先も決まっているので、今からとても楽しみです!。


それでは、また次の更新でっ!ノシ



----------------------------------------
・CANON EOS5D MarkW
・CANON EF16-35mm F4L IS USM
・CANON EF50mm F1.2L USM

・KENKO ZX プロテクター77mm
・KENKO ZX プロテクター72mm

・TT600×2
・GODOX X1

・Lightloom4.4
・PhotoShop CS6
----------------------------------------
13
タグ: 旅行 スナップ 長野



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ