Flickr!  ◆Figure.FM

2012/3/23

1年前に撮った写真  ドルフィードリーム(DD)関連

こんばんわ、ボーダーラインです。
出張に行っていたので、ブログを書けなかったのですが、
ようやく普段どおりの生活に戻れたので、更新を。

と、言っても新しい写真を撮れてなかったので、
約1年前に撮った写真を現像し直して、お茶を濁すことに(~¬~ )

写真
1枚目のこの写真は1年前にフォトショで現像した写真。
うろ覚えですが、弄ったのはコントラスト・彩度くらいだったような。

1年前は、レイヤーの概念すら理解してたかどうか(~□~;)

写真
こっちは、ついさっき上の写真を再加工したモノ。
サクラとか、まだちょっと早かったですね。

フォトショで弄れば良いってもんじゃないですが、
どれくらい弄れるようになったか、再確認も兼ねて、
逆光写真において今出来ることは大体詰め込んでみました(オイ

↓実施した主な加工は、以下の通り↓
--------------------------------------------
・ソフトフォーカス加工(ぼかしガウス)
・擬似HDR加工(ハイパス/シャドウハイライト/彩度を下げる)
・ブリーチバイパス加工
・トーンカーブによる微調整
--------------------------------------------

上記の加工以外には、上下に枠を付けたり、
ブラシでサクラを散らしたくらい。

最近分かったことが一点、、、
今更過ぎますけども、トーンカーブすごい、まじスゴイ。
トーンカーブという概念を考えた人は天才だと思います、はい。

写真
今度は別の写真、これも1年前に現像したモノですね。

これは確か、Lightroom3で明瞭度の項目を弄ってたような。
あと彩度と色調も弄ってると思います。

写真
……で、こっちが再現像した写真。

トーンカーブで明暗を強調した後に、
エフェクトの為のレイヤーを1枚だけ重ねてみました。

自分の現像方法は、どこか安っぽいとよく言われますが、
来年はもっと色々出来るようになってるはず、たぶん、きっと。

レジンアイもかなり開発難航中ですが、諦めないで続けたいなーと。
というか、もう引き返せないくらい開発費も投入してるので、
ここで諦めると色々笑えないorz むしろ泣きたい

それでは、また次の更新でっ! ノシ


追記:
今回の記事と全然関係ないですけど、
そに子の“superorbital”がめっちゃ良い曲過ぎる件について(ぇー

28



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”