2009/9/20

ネットカジノとは  オンラインカジノ

みなさんお金を賭けてゲームをして楽しむ「カジノ」というもいのは知っているだろうが、それでは「ネットカジノ」というものを聞いたことがあるだろうか。

ネットカジノとは、別名オンラインカジノやインターネットカジノとも言い、みなさんも良く知っているスロットマシン、ルーレット、ビデオ・ポーカーなどの他ケノ、バカラなどのラスベガスやマカオのカジノのような本場で行われているゲーム同様のカジノゲームをインターネット上で味わえるカジノのことである。

このネットカジノは1995年頃に欧州で誕生したと言われており、自分の家にいながら、リアルな本場のカジノを24時間365日いつでも楽しめるというものである。

これは、もちろんゲームで楽しむというだけでなく、実際にお金を賭けて行うリアルプレイである。

そのため、ゲームで負ければその分購入したチップを没収されるし、逆にゲームで勝てば賞金が得られる。

なお、ゲームに勝った場合は、チップを換金することができ、そのお金は、指定の銀行に振り込まれるか、小切手となる。

もちろん、全てのゲームがお金を実際にかけて行うリアルプレイなのではなく、お金を実際にかけずに無料で行えるネットカジノもあるので、ただ単にネットカジノを楽しみたいと思う人も行うことができる。

また、将来は実際にお金をかけてやってみたいと思う人でも、最初、ゲームに慣れるという意味で無料のネットカジノにチャレンジしてみるのも良いかもしれない。

やはり、リアルプレイだと実際にお金が関わってくるので、無料のネットカジノである程度コツを掴んでからリアルプレイへとチャレンジしていく方がよいだろう。

2009/9/20

ネットカジノのプレイテック系紹介  オンラインカジノ

日本にいながらにして、本場のカジノを体験することの出来るネットカジノが最近話題になっている。

このネットカジノの中でプレイテック系のものを次にあげていきたい。

●USAカジノ☆支払いが迅速である。

☆VIPクラブになると、テーブルゲームでより高額の金額を賭けられる。

☆グラフィックが素晴らしい。

☆ボーナスは100ドル?499ドル購入した場合100ドルがもらえる。

☆初回入金が、1000ドルの場合、ボーナスが555ドルもらえ、自動的にVIPメンバーへと更新される。

☆購入額とボーナスの合計金額に12倍賭けした金額が払い戻し条件となる。

●ダイヤモンドカジノ☆ライブゲームやプログレッシブ・ジャックポット、ビデオ・ポーカーなど、10種類ものゲームが体験できる。

☆スタイリッシュなネットカジノサイトである。

●キウイカジノ☆運営しているのがクライストチャーチカジノのグループ会社で、この会社は実際にニュージーランドで営業されている。

☆世界的に評価が高いネットカジノである。

☆24時間対応ではないが、サービスは週に7日である。

☆日本語担当のチームが素早く回答してくれる。

●ジパングカジノ☆300億円を超えるトータルペイアウトの実績がある。

☆完全24時間日本語のサポートで、チャットや電話、Eメールなどで対応してくれる。

☆生中継のライブゲーム内では女性ディーラーと、チャットで会話することも出来、本物のカジノにいるようなリアルさを体験することが出来る。

☆電信送金や郵便振替などによる決済システムが素早い。

2009/9/20

ネットカジノのスロット  オンラインカジノ

カジノの本場であるラスベガスやマカオなどのリアル感がインターネット上で体験することが出来るとして「ネットカジノ」が話題になっている。

今やネットカジノサイトは1800以上も存在しているとされており、世界的に愛されているカジノサイトであると言えるが、このネットカジノの中でのゲームの一つに「スロット」というゲームがある。

そもそも、あのスロットマシンは誰によって作られたのかというと、チャールズ・フェイという人物が作ったという記録が残っているようだ。

そして、チャールズ・フェイという人物によってスロットマシンが発明されて以降、1896年頃にはサンフランシスコへとスロットマシンが普及したようだ。

最初、鋳鉄製の3リール内蔵で作られていたスロットマシンは、コインを入れ、レバーを引くことによって動くとても簡単でシンプルなゲームであった。

このようなスロットマシンが酒場や賭博場などに置かれるようになり、その後で一般の商店へと普及していくこととなった。

このような歴史を持つスロットマシンは、今ではカジノにとってなくてはならない存在となり、大変人気のあるゲームへと発展した。

さらに、そのデザインなどもどんどんと改良されていき、スロットの中にもビデオスロットやマルチラインスロット、ポーカースロットなど、いろいろな種類のスロットが開発された。

そして、今やスロットマシンはカジノの中で最も人気のあるゲームの一つとして認識されるようになった。

このスロットマシンのゲームはネットカジノサイトでもよく見られるゲームの一つであることから、その人気が伺える。

2009/9/20

ネットカジノでのブラックジャックの歴史  オンラインカジノ

日本にいながらにしてインターネット上でラスベガスなど、本場さながらのカジノを体験できるとして話題になっている「ネットカジノ」というものがある。

このネットカジノは今や1800以上もインターネット上で存在していると言われており、その種類も様々である。

また、それぞれのネットカジノによって扱うゲームも違い、サイトによって楽しみ方もまた違ってくる。

このように、様々なゲームがある中で「ブラックジャック」というゲームがある。

このゲームは今、北米やヨーロッパなどで人気のあるカジノゲームであるが、その起源を唱える説は様々である。

17世紀のフランスで行われていた「Vingt-et-Un」というゲームがその起源になったという説もあるし、その前から存在していたとする説もある。

さらに、革命時代以前にフランス人が英国人に伝え、その時に発音の関係から「ブラックジャック」という名前が付いたとも言われている。

その後、カードゲームである「ブラックジャック」は北米へと伝えられたとされている。

そして、18世紀ごろの植民地時代であった時から19世紀ごろの開拓時代までで、ブラックジャックを好んで行う人々が急激に増えたと言われている。

さらに20世紀になると、ネバダ州がギャンブルを合法化し、ラスベガスでのカジノの王道ゲームとしてブラックジャックが知られることになる。

ここから、このブラックジャックに様々な改良がなされて、その土地やカジノによって異なったローカルルールが生まれた。

その中には「ヨーロピアンブラックジャック」、「バルセロナ21ブラックジャック」、「サレンダーブラックジャック」、「6デッキブラックジャック」などがある。

2009/9/20

ネットカジノのプレイテック系  オンラインカジノ

ラスベガスなどで実際に行われているカジノのような本場のカジノをインターネット上で行うことのできる「ネットカジノ」というものがある。

このネットカジノは海外で運営されているサイトを利用することで日本にいながらカジノを合法的に行うことが出来るとして人気が出ているが、その種類も様々で、サイトの数もかなり多いらしい。

それでは、その数多いネットカジノサイトの中からプレイテック系のもので「ユーログランドカジノ」というネットカジノと「32ベガスカジノ」というネットカジノを紹介していきたい。

チップなどを購入する際の購入方法としては、NETellerやクレジットカード、電信送金などがあり、また、ネットカジノで儲けた場合の払い戻し方法としては、チップ購入時と同様、NETellerや1000ドル以上であれば電信送金も可能であり、その他に小切手などの方法もある。

●ユーログランドカジノ☆比較的まだ新しいネットカジノサイトだが、このカジノを運営する会社の規模と実績は抜群である。

☆「ボーナススロット」の種類が多い。

☆プログレッシブ・ジャックポットが13種類ある。

☆オンラインパチンコのゲームも出来るようになり、ボーナス額、ペイアウト率が比較的高い。

●32ベガスカジノ☆本場ラスベガスならではのサービスとスリルをリアルに体験することが出来る。

☆比較的新しいネットカジノだが、信頼度は抜群である。

☆100以上のゲームが楽しめる。

(ライブディーラー、プログレッシブ・ジャックポットなど。)



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ