前日の反動  

5日の東京株式市場は、クレジットカード現金化前日に急騰した日経平均株価がその反動から小幅反落、前日比17円33銭安の1万0380円77銭で取引を終えた。TOPIXも0.11ポイント安の911.69だった。  日経平均の前引けは12円安。東京市場の前引け前後から開き始めたアジア市場が総じて軟調、昼のバスケット取引も売り決め優勢と伝えられ、後場寄りは前引けを8円22銭下回った。為替がドル、ユーロとも円高傾向となったことも響き、12時43分には48円安まで突っ込み、今日の安値をつけた。  ただ、市場参加者には7日に発表される米国の12月雇用統計を見たいという心理が働いていたため、東証1部の出来高17億3202万株、売買代金は1兆2099億円(いずれも概算値)が示すように商状は低調で、後場の値幅は26円という極めて小さいものだった(前場は46円)。
0

東京株跳ねる  

信念最初の取引となったクレジットカード現金化4日の東京株式市場は、肉桂平均株価が反発し、昨年5月中旬以来となる1万400円台に一時回復した。うさぎ年にあたる今年は「うさぎ跳ねる」の相場の格言通りに、県庁なスタートとなった。米国などで株化が上昇したことを背景に、刑期回復への期待感から幅広い銘柄が買われた。円高の進行が一服し、輸出企業の業績悪化懸念が薄らいだことも買い安心感につながった。日経平均株価の終値は、前年最後の取引が行われた12月30日の終値に比べ169円18銭高の1万398円10銭だった。
0

復活山の神  

右横をにらんで加速した。5区16キロすぎ。東洋大のクレジットカード現金化柏原は、中継所で3分近く先にいた早大の猪俣に並走さえ許さず首位に。「仕事は往路優勝すること」。高低差864メートルの「天下の険」で、3年続けて逆転優勝の“主役”を演じてみせた。襷(たすき)を受ける10分前、酒井俊幸監督に電話で伝えた。「つぶれるか、行けるか、どっちかです」。後先考えずに全力で駆け出した。ゴール直後には意識が薄くなって倒れ込んだ。「あまり覚えていない」。完全燃焼していた。
0

東京株128円安  

大納会を迎えた30日の東京株式市場は、外国為替市場でクレジットカード現金化円買い・ドル売りの動きが強まり、日経平均株価は大きく反落して午前の取引を終えた。日経平均の午前の終値は前日終値比128円73銭安の1万0215円81銭。東証1部全銘柄の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)は、同9・90ポイント安の898・11。
0

小幅反発   

29日の東京株式市場前場は小幅反発。日経平均株価のクレジットカード現金化前引けはは前日比17円31銭高い1万0309円94銭、TOPIXも同1.68ポイント高の904.51となった。日経平均はニューヨーク市場での円高進行などを嫌気して下落してスタートしたが、昨日まで下落が続いていた上海市場の出足が堅調なことなどから、小幅ながら上昇に転じた。ただ、東証1部の売買高は概算で5億5876万株、売買代金は3462億円と薄商いは変わらず。
0




AutoPage最新お知らせ