2013/12/17 | 投稿者: golfclubco

  34 - 35 インチのパターを使っている人が結構多いと思うが、それだと多くの場合、腕の曲がりが大きくなり過ぎる傾向にあり、実は 32 - 33インチのシャフトの方が ピッタリ来るケースが少なくないのである。
  
  今のパターが長過ぎないかは 短いパターを実際に試打して比べてみても良く分かるはずです。激安ゴルフクラブ次にチェックすべきポイントは シャフトの取り付け方によって決まるライ角、ロフト、フェースバランスなどである。言うまでもなく ソールが地面と平行になるようなライ角になっていることが大切だが、同時に 適正なロフトについても考えてみると良いでしょう。
  
  ロフトはボールの転がり方に大きく影響するが、なるべく ボールを打った時に必要以上にボールがジャンプせずに、早く順回転を始めるようなロフトが913d2良い訳だ。加えて、引っ掛ける傾向がある人はロフトを少なめに、 そして、プッシュする傾向のある人は、ロフトを多めにしてみるなどの調整が良い結果につながるでしょう。
  
  また、フェースバランスはライ角とも関係します が、マレットパターでは 特に フェースバランスが取れていることが大切だ。図タイトリスト cb 712のように、シャフト軸線とヘッドの中心線とがヘッドの最下部で交わるように調整すれば、フェースバランスは 取れると言われています。さあ、あなたのパターは 正しく調整された長さやライ角になっていますか?
  

詳しくこちらへ:タイトリスト 913d2設計思想について考えて見る
0

2013/12/12 | 投稿者: golfclubco

  イメージで 鋭角にクラブを落として ボールを打とうとするからである。
  
  (もっとも、上述の正しい腕とクラブゴルフクラブ の振り方が出来ていれば、鋭角にクラブが落ちることはないが。)最後になるが ショットのメカニクスに注意を払い過ぎると フィーリングやリズムが悪くなってミスにつながることもあるから、新しいアプローチ・ショットの打ち方を導入するにあたっては、テーラーメイド ロケットボールズ ステージ2自然にクラブが振れるまで練習してから 実戦で使うようにすることもポイントだろう。
  
  アプローチで失敗してしまう理由は ショットの技術と エクセキューション (execution) の問題だが、加えて、それ以前の自信のなさや不安感に問題があることも多い。右のダイアグラムはその関係を説明するものである。特に、rbz アイアン問題視すべきは、失 敗するのではないかという心配によって練習通りに体が動かないために犯すミスである。
  
  とは言え、アプローチ・ショットの技術の習得が 不安解消には不可欠で、少なくとも 練習でのショットの成功率が高くなるような研究と練習、また、大きなミスが起きる確率が極めて低くなるような技を身に付けることが先決で、そのための努力 をすべきである。
  
詳しくこちらへ:横峯潔し 女王森田たたえる
0




AutoPage最新お知らせ