2016/7/10 | 投稿者: bizdoor

2016/7/10  (敬称は省略します)
世のなかとんとん
なにか今回の参院選投票は気が進まぬ。本当は都知事選に投票したいくらい。
●もう都知事選の方がお湯が急に沸騰したように候補者万来の賑やかさだ。
それに反して、参院選はほとんどなにが焦点か分からぬので行く気がしないのはもう端から挑戦側の野党が共産党以外が見るも無残であるからだ。 民進の2/3阻止の掛け声も虚ろだ。 そんなことよりも政治資金規正法廃案とか言ってくれるとよっしゃと勢い込みたくなるが、どうでもいいサラリーマン代議士の就職応援は本当に腹の底では勝手にしやがれである。 都知事選挙の経緯をみてもその原因はそのことからきていてこんな破目になっているのだ。 それの上部にある国政がそれを糺せないことに本質がある。 国政での鬱屈感が
そのぶん都知事選という東京ならではの矮小化された国政の縮図としてその憤懣がいまの候補者乱立騒ぎになっているのだろう。 それはそれで出口を探さんとする有権者の必然の動きの反映だと思う。 とにかくそれに火をつけたおんな仕事師小池女史はやはりエライ。 都民でない兵庫県民が今回は恨めしい。 参院選はお休みして都知事選に一票を投じたい気がするのはそんなゆえである。
やはりこれが大阪知事選挙となれば悲しいかなこんなお祭り騒ぎには絶対にならない。 その意味でも大阪の地盤がいかに低下しているかがよくわかる。 むしろもう冷めてしまっているここ最近の大阪人にも滅入っているのだ。 もと大阪人としても歯噛みしたい。 冷静でかしこぶっている大阪人ってあまり好かない。 我に屁理屈なし、元気あるのみの闊達な勢いがなく、みじめにさえ見える最近だ。
 その意味でも今回おおさか維新になんら投票したいとも思わない。 わたしはまずはおおさか維新は何はなくとも副都心の実現であって、国政でのおおさか維新はそのあとのことであり、今までならばまずは大阪維新を優先したがいまはその考えにはならない。 もう今は公明党が自民に寄り添うコバンザメになっているごとくおおさか維新はどう見ても金魚のふんこだ。見苦しいまでの自民シンパに成り下がっている。 これもあれも橋下の本当の継承してほしかった遺産とは別のものだと思えて仕方がない。 もうおおさか維新にはまずは手前の無駄の仕分けに始まる国政の無駄の最たるものである政治資金規正法の見直しなどの怪気炎を上げる屁理屈のない元気あるのみの気勢もなにも聞こえない。
もうこの国は大勢に流れる文書主義と結局は官民格差の身分制に逆戻りして、いまよりもずうっとずうっと生きぐるしい冷たい仮面の国への彷徨をただアメリカに縋るだけのアメリカのコバンザメを生きるのが精一杯。  これが明治以来の日本のあるべきすがたであったのだろうか? 国の矜持と理想は何もない。 ただ中国の圧力に心底深く慄いてクラゲのようにアメリカの裾の陰に
身を隠す永久の日陰のおんなみたいな国でもよいのであるか? 憲法改正したら日陰のオンナから普通のおんなへ変われるのであるか?   簡単に日本を取り戻すなんてアベの阿呆は宣うが、骨の髄までアメリカに捧げつくした心の癒しはそんなことでは収まらない。 もういちど日本のあるべきが何であったかを真剣に訪ねないと簡単には見つからない。 もちろん明治の富国強兵・殖産興業では答えは見つからない。 もっともっと歴史を遡って民族のルーツへの真摯な探索からしか答えは見つからない。 もっと大らかに先輩たちが生きていた時代のありようを探すことだ。  絶対にいい時代もあったに違いない。
それが本当の答えである。 やはり自殺者が年平均で3万人を割ったと喜ぶ今は絶対におかしい。
http://www.new-life-club.com/bizdoor/
0

2014/4/25 | 投稿者: aladdin

尖閣保障の見返りにTPPを人質のオバマ戦略
●日本はアメリカの大統領が尖閣防衛に確約を与えたと喜ぶのは早計だ。 オバマの本音はTPPで現実の見返り国益を取ることだ。 かれはすかさずにTPP妥結こそは日本がこれからも大国であり続けたいのなら必須の条件と述べている。 尖閣については中国とも水面下でやり取り済みだろう。 だからさいきん中国は表向きは別として日中の風向きに変化をさせてきているのだ。  自国経済の軟着陸も含めて無理な押し込みを転換してきている。 オバマにとれば国内圧力は安倍首相も同じだが尖閣と見返りにTPPを
有利に決着させればつまりはオバマの得点は安倍首相をはるかに上回ることは間違いない。 それだけに何としてもTPPの成果を共同声明に織り込みたい。 いまも国賓としての舞台の裏でいまだ交渉を続けているはそのためだ。 あすの離日までには無理でも格好をつけるのではないかと思う。  つまりオバマの笑顔が今回ほどよく見られたのは今迄のことを思えばそれだけのお土産に自信があるのかもしれない。
それにしても日本が将来とも世界の大国としてありたいならばTPPは避けて通れないとはよくも言ったりではないか? やはりアメリカは落ちたりと言えどいまもそれだけのことをすうっと言える力はさすがである。  まさにリバランスというのはこういうことなのだ。  肩ひじ張らずにみえてもやはりスーパカントリーの圧力は感じざるをえない。 オバマも安倍首相も2度目の落ち着きはいい意味で感じられた久々の首脳会談であったように思う。 そして日本もいつまでも国内の圧力団体にばかり気を使って入れば世界の孤児になってしまうぞ。  そろそろ農畜産には泣いてもらわねばならない。 とにかく肉などはもう高すぎるのでは。  別に高いものは食わなくてもいいのだが、言いたくなるほどの値段になってしまっているのも事実だ。 いずれにしても最後までの交渉がポーズなのかそうでないのかは明日を待たずに決まるはずだ。 もし共同声明がなければそれはもうワサビの入っていない寿司みたいなものだ。
http://www.new-life-club.com/bizdoor/
0

2014/4/24 | 投稿者: aladdin

寿司を介して茶道に似た小空間世界への誘い込みは功を為せるか?
●戦国時代の武将たちが好んだ戦術会議を今風の寿司でやる現代版。 わずかな空間でまるで肌を寄せ合う姿はひととひとの交わりに不思議な肌合いを醸し出す。 オバマ・安倍だけでなくケネディ大使の姿もあった。 日米、とりわけ安倍首相にとっては就任以来の最大のイベントに違いない。 感情的なボタンの掛け違いも修正したいところだろう。 米国にとっても最近の日本の保守回帰路線に心ならずも反発の世論を嗅ぎ付けていてそれが摩擦に至らぬように釘を刺したいところでもある。 とにかくアメリカはアジアに対してはリバランスの方針の下、台頭する中国を手なづけながらも日米中韓の間をうまく取り持つことが最大の国益なのだ。 そのなかでいま具体的な日米の懸案は当然のごとくTPPの交渉である。 これは単なる経済問題だけでなく政治とも絡んだコインの裏表だ。 日本もこのことを良く踏まえてこれに当たらないといけない。 オバマの外交は必ずしもうまくは行っていないが、さりとて壊れても日本は頓挫困惑するのだ。  願わくばアメリカとの安全保障の枠組みの中でこれからも基軸はゆるがせにできない。 その意味で政治主導と併せて官邸主導の力を維持している安倍政権が何はともあれわだかまりを排してまずは緩んだタガの締め直しをする絶好のチャンスだ。。  お隣の習がEUで中国はよその国の真似はしない。 飽く迄も中国のやり方で政治を進めるとうそぶいた。 これはこれで冷静に聞き流しておくことである。 すくなくとも広い太平洋を中国の言うとおりに中米の二国で好き勝手な海にしてはならないことだけは分からせないといけない。
http://www.new-life-club.com/bizdoor/
0

2014/4/23 | 投稿者: aladdin

「残業代ゼロ」一般社員も 産業競争力会議が提言へ
 ■政府の産業競争力会議(議長・安倍晋三首相)は、労働時間にかかわらず賃金が一定になる働き方を一般社員に広げることを検討する。仕事の成果などで賃金が決まる一方、法律で定める労働時間より働いても「残業代ゼロ」になったり、長時間労働の温床になったりするおそれがある。
●対象は年収1千万円以上の労働者とそれ以下の労働組合と合意の対象者だという。 ただ単に残業代ゼロという見方では短絡的な理解となる。 一方でブラック企業、非正規労働問題、女性の労働力参加推進など労働をめぐる問題は人口減少と労働力不足のこれからの社会で日本のあり方を考慮したものだと言えなくもない。 それは分厚い昔のような安定した中間層の育成を目指したものになることを目指しているのかもしれない。 もはや以前のような年功序列社会へは現実的に戻りえないとしても、このままの格差社会の進行は社会的対立にまで発展しかねない。 この富裕層とそれ以外の貧困層の対立はアメリカを頂点として中国だけでなく世界に拡散して国家社会の底辺で鳴動しているのだ。 そのことが国家の根底を流動化せしめて国際的な不安定を助長していることに為政者は大いに括目しなければいけない。 その意味でこの産業競争力会議の提言はいいタイミングである。 少なくともアメリカのように1%の富裕層が99%の貧困層のうえに支配的にあるのは、けっして日本社会の参考にはなりえない。 先行きの日本の人口問題はできるだけなだらかな労働環境の下でひろく女性と老齢人口も取り込んで幅広い観点から取り込むことで少なくとも見かけの人口減少を弾力化できるはずだ。  世界最速で老齢化による人口減少社会にぶつかった日本には先例はない。 自ら日本型を掘削する以外にはないのだ。 そのことを思えばどうも移民社会で構成されるとくにアメリカとは対照的な思想で日本は乗り切れる可能性を秘めている。 何でもかんでもアメリカや中国でもないことをよくよく踏まえる覚悟だけはする意味からも今回の提言は意味するところは大きいと思う。 日本型といわれてもそれはそれでいいと思う。 
http://www.new-life-club.com/bizdoor/
0

2014/4/22 | 投稿者: aladdin

世界は制裁合戦
●最近ロシアの空軍機がなんども複数機で日本を周回している。 どうやらウクライナにロシアが介入して暫定政権との確執があってアメリカEU側とロシアの間で制裁合戦の余波が日本にも波及しているという。 日本も一応アメリカEU側に立って制裁を行っているという。 領土問題を抱える日本は折角の安倍プーチンの蜜月醸成のチャンスだが仕方がない。 シリアやイランの長年の制裁もあるが、近くは日本も北朝鮮に制裁を科している。 いわば昔ならば一つ間違えば軍艦で威嚇または戦争になる前の国際的いじめとも見える。
もう世界はいろいろの地域で紛争紛いのちいさな戦争または紛争がいたるところでまだまだある。 世界の警察官のアメリカもさすがに面倒見きれないのだろう。 日本も戦後処理で未解決になっているロシア、中国、韓国との領土問題が深いトゲとなっていまも緊張のさなかにある。 まさに領土とは国家の核心的な国益に関わる事なのは分かるにしてもすべて海洋への拡がりを求めてのことだ。  その根底には資源と海洋利益が絡んでいる。 昔はちっぽけな海洋に突き出たまさにちいさな島嶼でしかないのに。 そんな島に国家が振り回されているのが不思議な気がする。  昔あのイギリスが何千キロも離れたフォークランド諸島を巡ってアルゼンチンと戦争までして世界が注視したことを思えばあの冷静なイギリス人もあんなちっぽけな島に拘ったのかとつい思い出した。 その意味では尖閣も扱いようによってはおおいなる火種を抱えていて今は静まっているだけだ。 太平洋をアメリカと分け分けしようとオバマに囁いた習中国のこれからはやはり気にかかることだ。 それにしてもオバマはなにか日本に対してはよそよそしい。 日本はけっしてオバマに気を許せない。
あれだけ核廃絶と言いながらノーベル賞まで貰ってこの数年間だんまりだ。
あすすったもんだの末、日本に国賓として来るらしいがそんことより広島・長崎へ行かんかと言いたい。 
http://www.new-life-club.com/bizdoor/
0




AutoPage最新お知らせ