2012/3/31

赤ちゃんの自閉症  愛子様 自閉症

 自閉症は、精神障害と間違われることがありますが、病気ではなく、生まれつきの脳の障害による発達障害です。

 ですので、途中の育て方や生活環境などで自閉症(言語検査、行動検査、発達検査、絵画検査などの検査によって、診断されます)になるというわけではありません。
 要するに、自閉症という障害を背負い生まれてきたということです。

 しかし、赤ちゃんが自閉症かどうかの判断は難しいですし、1歳くらいまでは自閉症(基本的な症状は、三歳くらいまでに現れるといわれています)かどうかの明確な見分けはつきないのです。
 ただ、自閉症(言語検査、行動検査、発達検査、絵画検査などの検査によって、診断されます)の赤ちゃんには、以下っぽい共通した特徴があります。
・視線が合わない、合わせようとしない。
・抱っこしても笑わない。
・あやしても笑わない。
・些細なことで大泣きする。
・光や音に敏感に反応する。
・名前を呼んでも振り向かない。
・バイバイなどと言った真似を全くしない。
・指(痛みを感じやすく、些細な違和感も気になりやすいところです)差しをしない。

 特に、赤ちゃんが視線を合わせようとしない場合は、自閉症の可能性が高いでしょうが、赤ちゃんにも個性(個性が大切だとよくいわれていますが、あまりにも人と違いすぎると社会に適応するのが大変だったりもします)があるため、一概には言えません。
 また、抱っこしても笑わない場合は、他の病気(遺伝的な体質でどうしても掛かりやすくなってしまうこともあります)が原因のこともあります。

 上記の状態が全て当てはまるときは、自閉症(基本的な症状は、三歳くらいまでに現れるといわれています)の可能性が非常に高くなります。
 でも、1つ2つ当てはまるくらいでは、自閉症(基本的な症状は、三歳くらいまでに現れるといわれています)とは判断できません。

 しっかりとした判断ができるようになるのは、3歳を過ぎてからです。
 それに、たとえ自閉症と判断されたとしても、脳が可能で上がる10歳くらいまでの間に改善することも可能になりますよ。ですので、あわてずあせらずあかちゃんと関わっていくことが大切になります。なお、自閉症は男の子に多く、5人中4人は男の子なんだそうです・
0
タグ: 自閉症

2012/3/30

自閉症は薬で治る?  自閉症の治療

 自閉症(発達障害の一種で、先天的な脳機能障害だと考えられています)を完治させる薬は、残念ながら今のところ見つかっていありません。
 しかし、意思の疎通を図りやすくしたり、パニック状態を抑えたり、問題行為を改善させたりする事はできます。

 そのために、現在注目されている薬がオキシトシンです。
 オキシトシンは、脳の視床下部で合成されるホルモンの一種で、もともと子宮の収縮や母乳の分泌を促す働きがある事で知られていました。
 さらに、最近では、愛(時には偽善だったり、押し付けだったり、自己都合だったりすることもあるでしょう)情や信頼の気持ち(自分のだけを優先していると自己中だといわれてしまうことでしょう)を生み出すことに大きく影響しているとされています。

 このオキシトシンを感情(抑制しすぎると、ストレスが溜まり、いつか爆発する可能性が高くなります)の理解が困難な知能が高い自閉症患者に投与することで、会話(話し方も大切ですが、聞き方はもっと大切でしょう)中に笑顔を見せるなど、他者を認識(その時によって変化することも少なくありません)できるようになることが確認されているのです。

 また、コミュニケーションがとれない重度の知能障害のある患者(そう呼ねれないように、常日頃から健康には留意しましょう)に、オキシトシン点鼻薬を使ったところ、コミュニケーションがとれるようになったとの報告もありますよ。
 とは言っても、オキシトシンがすべての自閉症の人に効果があるという保証は今のところなく、今後の研究に期待したいところです。

 それに、オキシトシン点鼻薬は、現在、自閉症(発達障害の一種で、先天的な脳機能障害だと考えられています)の治療薬として日本の薬事法では認められていないため、海(肌を焼いた後にはきちんとケアしないと、後でボロボロになってしまいます)外から輸入して個人的に使用するしか方法はないですよね。

 一方、オキシトシンのほかに、リスパダールやリタリン、ピモジドといった薬を用いる可能性があるのです。
 これらはうつ状態や妄想(現実逃避の手段の一つでもありますが、本人が幸せならねいいのかもしれません)状態、強迫的症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)などを抑え、神経の興奮や不安感を鎮め、療育や教育を受けやすくする目的で使用されるのです。
 これらの薬物もオキシトシン同様、すべての自閉症患者(そう呼ねれないように、常日頃から健康には留意しましょう)に効くとは限らず、効果も人それぞれに異なります。
 自閉症(テレビの見せ過ぎ、過保護、虐待が原因だという誤った認識が今でも根強く残っているようです)患者に対する薬物療法では、薬に頼るのではなく、教育・療育をサポートすることを目的に使用するようにしたほうがいいでしょう・
0
タグ: 自閉症 治療

2012/3/29

自閉症と遺伝  自閉症 遺伝

 遺伝とは、人間や動物の外見や性質が親から子へ受け継がれる事を言うのですが、親が自閉症であった場合、お子様にも自閉症(言語検査、行動検査、発達検査、絵画検査などの検査によって、診断されます)は遺伝するのでしょうか。

 自閉症(テレビの見せ過ぎ、過保護、虐待が原因だという誤った認識が今でも根強く残っているようです)の原因は、後天性の障害ではなく、先天的な脳機能の異常が原因で発症する障害です。
生まれつき(対義語は後天的でしょう)であるという事は、如何しても遺伝との関係を疑いたくなると思いますね。

 確かに、自閉症(発達障害の一種で、先天的な脳機能障害だと考えられています)を発症される方の兄弟も自閉症(言語検査、行動検査、発達検査、絵画検査などの検査によって、診断されます)だった、もしくは、両親のどちらかが自閉症で子供も発症してしまった、と言った事は多く見られるケースです。
 それに、自閉傾向のある子供が産まれた為に家系をよく調べてみたら、近親者のなかに自閉症を発症した人が見つかった、と言ったケースもあるでしょう。

 実際の調査報告では、上の子が自閉症の場合、下の子にも自閉症が表れる確率(可能性が低いのに起こると、奇跡、ミラクルなんていいますよね)は、上の子が自閉症(テレビの見せ過ぎ、過保護、虐待が原因だという誤った認識が今でも根強く残っているようです)でない場合の約2倍であるとされています。
 さらに、一卵性の双子のケースでは、片方が自閉症(基本的な症状は、三歳くらいまでに現れるといわれています)である場合、もう片方も自閉症(言語検査、行動検査、発達検査、絵画検査などの検査によって、診断されます)である確率は80〜90%と言われています。

 以上のようなデータを見る限りでは、自閉症には遺伝的要素も深く関係していると言うことが推測されるのです。
 けれど、身内に自閉症(発達障害の一種で、先天的な脳機能障害だと考えられています)の人がいる事を理由に、自分の結婚や出産をためらったり、子供(かすがいなんてよくいいますが、いても離婚する夫婦も多いものです)を持つ事を諦めたりすることは早計ですね。
 両親のどっちも自閉症(言語検査、行動検査、発達検査、絵画検査などの検査によって、診断されます)ではないのに、子供が自閉症に至ったり、同じ兄弟でも片方だけが自閉症だったりするパターンも見られる為、絶対に全ての場合に受け継がれるとは限らないのですから・
0
タグ: 自閉症 遺伝



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ