本よりインターネットに頼っちゃう比率が高いです  日記

先日本屋さんに行った時に、最近スタートしたドラマの評判はどうか?という事をいろいろと雑誌で見たり、新しく発売されたファッション雑誌を見たりしていました。最近は新しいファッション雑誌というのもあまり増えてこなくて、どちらかというと休刊になってしまうものの方が多いですね。若者のテレビ離れや、雑誌離れという事がよく言われていますけども、まさにそのような感じなのかもしれませんね。

最近は、インターネットで簡単にいろいろな情報収集ができるようになっていますから、毎週のように発売される流行系の情報雑誌にお金を使うのがちょっともったいない…というような感覚になるのかもしれませんね。実際私も結構そのように思ったりしますから。

それでも最近は、そういったファッション雑誌が、雑誌ではなくて、ホームページやモバイルサイトをメインに展開していく…というような動きに変わっているそうで、まさに出版業界も今が大きな転換点なのだろうなあ…というように思います。最近はAnimeのDVDも、レンタルショップで、すぐに旧作になって値段が安くなりますし、昔と比べると本当にいろいろと変わっていますよね。

私の生活の中でいろいろ変わっているところといえば、やはりショッピングをするときには、ほとんどインターネット使うようになった…という事ですね。先日もベッド 通販ベッド購入したのですけども、さすがにインテリア系のものや、ファッション系のものについてはネットで購入する事はないな…というように思っていたのですけども、いろいろとレビューなどを見ていると評判もよかったので、とりあえず問題がないのだろうな…と思って買ってみました。

あとはどこか食べに出かけるときや、ちょっとした温泉旅行などに出かけるときも、わざわざ本屋さんに行ってグルメガイドや旅行ガイドを購入してこなくても、インターネットで情報検索をすれば簡単にそれらが見つかるようになっているので、本当に便利ですね。そういったことを考えると、この部分でも本来なら売れるはずの本が売れなくなっているわけですから、やはり出版業界にとっては痛手の部分ですよね。



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません





AutoPage最新お知らせ