膝痛解消にはダイエット?  

膝の痛みは様々な原因から起こりますが、先天的に膝が悪い方や変形性膝関節症であったりすると、なかなか自分自身で膝の痛みを改善させるのは難しいと思います。
膝は年齢を重ねると共に、軟骨が磨り減ってしまったり、筋力が低下することで、膝に大きな負担をかけてしまったりします。
さらには、それに追い討ちをかけるかのように体重の増加などの条件が加われば、膝に痛みを感じることが多くなるでしょう。

膝とダイエットの関係を色々調べてみたところによると、体重が増えれば増えるほど、膝への負担も大きくなります。
体重が1キロ増加すると、普通に歩くだけで3キロ以上の負担が膝にかかり、階段を昇り降りする際には6キロ以上の負担が膝にかかることになるのです。
1キロ増加するだけで、膝にはその3倍もの負担がかかってしまっているのですね。
そう考えると、やはり、膝の痛みを改善するには、ダイエットが効果的なのではないでしょうか。
とは言いつつも、膝に痛みを抱えている方達の中には、お医者さんにダイエットを勧められて運動していたが、余計に膝に痛みを感じるようになってしまった方などもいると思います。
このように、悪循環に陥っている方には、食事制限が効果的でしょう。
ただ、食事制限とは言っても、単純に食事の量を減らすだけでなく、良質なたんぱく質を積極的に摂取することを心掛けてください。
良質なたんぱく質が足りないと、膝の痛みは改善されません。食事制限と併せて、適度な運動も考えているようであれば、水中ウォーキングなどの膝に負担のかからない運動をするのがいいでしょう。
もしくは、運動する前に予め膝にテーピングやサポーターなどをして、膝への負担をなるべく軽減するといいですね。
薬用柿渋石鹸
0

膝に水がたまったら  

慢性的な膝の痛みを抱えている方の中には、膝に水が溜まる症状を経験された方も多いのではないでしょうか。
膝に水が溜まってしまう症状を経験された方は、水が溜まった時、どのように対処されていますでしょうか。
膝に溜まった水を抜いてしまうと、それがクセになるなんていう話も聞いたことがありますが、それは本当なのでしょうか?
何らかの原因があるからこそ、膝に水が溜まってしまうわけです。
膝に水が溜まってしまう原因として、膝に炎症が起こっている、もしくは、半月板や関節軟骨が傷ついている可能性があります。
膝に水が溜まってしまい、歩くのが困難であったり、膝を曲げたり出来ないようであれば、病院へ行って溜まった水を抜いてもらう必要があるでしょう。

ただ、膝に溜まった水を抜いただけでは、根本的な治療にはならないことを頭に入れておきましょう。
膝に水が溜まるということは何らかの炎症が起きている訳ですから、その炎症がどこから来ているのかを突き止めて、その炎症を無くさなければ、何度も膝に水が溜まってしまう症状を繰り返してしまいます。
つまり、水を抜くのがクセになってしまっている訳ではなく、膝の炎症の原因の根本的な治療が行われていないだけなのです。
ですので、水を溜まらなくするためには、膝の炎症の原因を取り除くことが大切なんですね。
膝に炎症が起こらなければ、痛みも改善しますし、水が溜まることもなくなるでしょう。
もし、根本的な治療をしても水が溜まる症状が繰り返される場合は、痛風やリウマチが疑われるので、詳しい検査を受けてください。
パーフェクトBBクリーム
0




AutoPage最新お知らせ