2009/9/8

月不見は高品質な日本酒  日本酒 賞味期限

「父の日」のプレゼントと言ったら何を思い浮かべるでしょうか?お酒好きのお父さんに日本酒をプレゼントしてみてはいかがでしょうか?でも自分達が何を選んだら良いのか分からないと言う人の為に「月不見の池」と言う日本酒をご紹介したいと思いますので参考にしてみて下さいね。

今からご紹介する「月不見の池」と言う日本酒は地道に手造りを追求して高品質な日本酒として造られています。その結果淡麗で辛口な飲み口が滑らかな日本酒が仕上がっています。

【月不見の池(普通酒)】
普通酒なのに精白歩合が60%と言うお酒ですから、この日本酒に心を込めている蔵元の心意気を感じる事が出来る日本酒だと思います。1,800mlで2,000円程度とお値段もお手頃なので手を出しやすいお酒だと思います。そんな普通酒でありながら品質を向上させている日本酒を是非堪能してみて下さい。

【月不見の池(特別本醸造)】
雑味が無くて味わいも透き通るような感じの淡麗辛口として仕上がっている日本酒になります。口当たりもとても滑らかで繊細な感じを受けるので特別な時に飲むお酒としても適当な日本酒だと思います。

【月不見の池(大吟醸)】
口当たりは優しく、口に入れるとふわっと香りで包まれる様な感じがします。喉越しもなだらかな感じですので飲んでいる人を極上の時間へと導いてくれる至福の日本酒ではないかと思います。

この様な特徴を持つ「月不見の池」と言う日本酒を選んで父の日の贈り物にしてみてはいかがでしょうか。お酒好きのお父さんには喜ばれる逸品だと思いますよ。

2009/9/8

加賀鳶はすごいお酒  日本酒 ランキング

「加賀鳶」が造られているのは金沢でも最も歴史がある蔵で、日本全国の好適米を農家と契約栽培してその酒米を納得いくまで仕込んで使い分けているのが特徴的な日本酒になります。そんな日本酒造りに精魂込めて造られている「加賀鳶」を「父の日」の贈り物として選んでみてはいかがでしょうか?きっと「通」扱いされてしまうと思いますよ。

【加賀鳶 極寒純米(辛口)】
日本酒を造る時期に最も適していると言われている時期に低温発酵して、ジックリと作り上げた純米辛口になります。その製法で作られたお酒は米の旨味を充分に引き出していて味わいもジワーッと口中に広がる様な感じになります。冷酒でも熱燗でもいけますので晩酌に最適なお酒だと思います。

【加賀鳶 山廃純米(本格辛口)】
伝統的に行われている手造りで造られた山廃仕込みによる純米酒になります手造りですので手間暇かけて造られていますのでその分どっしりとした旨味を感じる事が出来る日本酒になっています。飲み口は結構辛いと感じると思います。常温での燗がお勧めの飲み方だと思います。

【加賀鳶 山廃純米(超辛口)】
超辛口のお酒になります。山廃純米の特徴を残さず全部出しているすごいお酒です。味わいは米の味を充分に堪能出来ますし、熟成2年で引き出されたドライ感が美味しさを引き出します。比較的油料理との相性が良い日本酒になりますので、天ぷらや唐揚げ等と一緒にお召し上がりになっていただければと思います。

2009/9/8

龍勢のお米の味わい  日本酒 新潟

広島のお酒である「龍勢」は藤井酒造という所の代表銘柄にあたります。龍頭山の麓から湧き出ている井戸水で醸し、とても美味しいお酒が出来上がったと言う所から「龍勢」と言う名前が付けられたそうです。このお酒は歴史も古く明治からあるお酒だと言う所で、日本酒好きのお父さんにはとても嬉しい一品ではないかと思います。父の日の贈り物としていかがでしょうか。

【純米吟醸『龍勢』】
龍勢の定番商品の日本酒になります。香りと味のバランスがとてもよく取れた日本酒です。龍勢を飲んだ事がないと言う場合には先ず、この日本酒から飲んでみてはいかがでしょうか。

【純米大吟醸『龍勢』】
香りがとても華やかな感じでスッキリと飲んでいただく事が出来ます。お米の味わいもしっかりと感じる事が出来るのでとても味わい深く飲んでいただけます。

【芳醇純米『龍勢』】備前雄町
とてもバランスが取れている日本酒で、旨味とキレが抜群にマッチしています。冷酒でも美味しいし、熱燗にしても美味しく頂ける日本酒になっています。

【中取吟造り純米『龍勢』】超軟水仕込み
軟水で仕込んでいる事もあり、とても口当たりが滑らかで、優しい感じがする日本酒になります。スルッと飲んでいただく事が出来る日本酒になります。

【吟造り純米『龍勢』活濁酒】活性にごり
飲むと口の中でピチピチとはじける様な感じがあります。その喉越しはまさに和製シャンパンと言っていいでしょう。日本酒にはあまり無いのですがガスが瓶の中に入っていますので開栓時にはゆっくりと抜く様にしないと吹きこぼれてしまいますので注意しましょう。

2009/9/8

久保田は爽やか  日本酒 久保田

「久保田」は日本酒の中でも最も有名な日本酒の一つだと思います。これもグレードによって値段も高い設定になっていたりします。またとても美味しいお酒ですのでお父さんには人気があるお酒だと思います。そんな「久保田」を「父の日」のプレゼントに贈ってみたらきっと喜ばれると思いますよ。下記に「久保田」の数種類をご紹介してみたいと思いますので参考にしてみて下さいね。

【久保田「純米大吟醸」萬寿】
香りはほんのり香る程度ですので、心地いい日本酒の香りがします。口にいれるとその香りがしっかりとした物に変わります。だけど飲み心地はクリアな感じがします。また後味もそこまで残らないので、日本酒をしっかり楽しみたいと思う人にはちょっと飲み足りない気がしますが、日本酒が好きだけどあまり強くないと言う人には向いているお酒だと思います。

【久保田「大吟醸」翠寿 生酒】
ちょっと辛口でスキッとした味わいが印象的な日本酒になります。爽やかと言う言葉が似合う日本酒だと思います。瓶に詰められてから半年程度しか経っていない日本酒の為、熟成されている味わいはありませんが、スッキリとフレッシュに飲むお酒としてはとても良いお酒だと思います。

【久保田「山廃純米大吟醸」碧寿】
味わいはまろやかでオイリーな感じの口当たりが感じられます。ズシッとした感触はない物の久保田のシリーズの中では甘味が一番ありとても飲みやすい日本酒になっています。

「久保田」にも色々ありますのでそれぞれの特徴を調べて一番お父さんに合った「久保田」を探して贈ってみて下さいね。

2009/9/8

根知男山は贈りやすい値段  日本酒 種類

「父の日」の贈り物として「根知男山」はいかがでしょうか?「根知男山」は日本酒の名前で「父の日」にお勧めの日本酒です。下記に「根知男山」の色んな種類をご紹介してみます。

ここでご紹介する「根知男山」ですが、普段でも何気なく飲めるお酒、飲んでいてホッと出来る様なお酒を目指して丁寧に造られた日本酒になります。

【根知男山 普通酒】
根知男山の普通酒は、香りも穏やかですし、口当たりもソフトなので米の旨味を甘味で感じる事が出来ます。甘味があるのに後味がスッキリとしていて飲みやすい、日常的に飲むのにはとても気兼ねなく飲めるお酒になっています。値段も1800ml当たり2,000円程度と父の日の贈り物としては贈りやすい値段設定になっています。

【根知男山 本醸造】
丁寧にコツコツと仕込みをされたお酒で、低温貯蔵で少し寝かせる事によって香味バランスを整える事が出来る定番的な本醸造になっています。味わいもきめ細やかな感じになっていて、とてもしっかりとした味わいを感じる事が出来るのが魅力です。値段も1800ml当たり2,000円程度と父の日の贈り物としては贈りやすい値段設定になっています。

【根知男山 純米酒】
根知男山の新しい定番的な日本酒として売り出されているのがこの「純米酒」です。味わいはぽったりとする感じがありますが、喉に滑り込む様にスッと入っていくとても安定感があって、落ち着いた感じの美味しさがある日本酒になります。値段も1800ml当たり2,500円程度と父の日の贈り物としては贈りやすい値段設定になっています。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ