ニキビ治療のために皮膚科を転々  美容

私の地元には皮膚科が3件あります。そのうち行ったことがあるのは2件。
小さい頃から通っていた皮膚科は小児科も併設しており、風邪をひいた時などによく診てもらっていました。

中学生になると特にその皮膚科に行くことはなくなったのですが、高校生になりニキビができるようになってから、7年ぶりくらいにその皮膚科に足を運んだんです。
皮膚科の先生とは久しぶりにあったのですが、なんだか私の記憶の中に残っていた姿よりも一気に老けこんでいたので驚きました。

そしてニキビを診てもらい薬などを処方してもらったのですが、ニキビに関してはあまり積極的に診ていないのかな、という印象を受けました。
そのあと地元の別の皮膚科がニキビの治療を行っていると聞きそちらを受診してみました。

こちらの皮膚科はじっくりと話を聞いてくれ、雰囲気は良かったのですがやはりもらった薬を使っても良くならなかったんです。
またその皮膚科では漢方薬も試したのですが効果がありませんでした。
そのあともいくつか皮膚科を転々としているのですが、未だにニキビが治ることはありません。

結局ニキビの薬は限られてくるので、薬で治らなかったらピーリングなどをするしかないんですよね。
ただピーリングは一回5000円以上するので、学生には難しいです。
0

 

生理前になるとニキビができる原因  美容

生理前になるとニキビができるという女性はとても多いです。私もその一人。
普段はあまりニキビができないのですが、生理前の一週間くらいは肌の調子が悪くなります。
どんなにケアしても食事に気をつけても、ホルモンバランスの影響でニキビができてしまうので自分ではどうすることもできません。

女性のホルモンには卵胞ホルモンと黄体ホルモンがあるのですが、生理前になると黄体ホルモンが多く分泌されるんです。
この黄体ホルモンにとって皮脂がコントロールできなくなり、ニキビができやすくなってしまうんです。

また黄体ホルモンの影響はニキビだけではなく精神面とも関係します。生理前にイライラするのはこの黄体ホルモンが原因なんです。
そしてホルモンバランスが乱れると眠りが浅くなることも。十分な睡眠が取れないと肌の調子も悪くなってしまいます。

生理前のニキビやイライラなどがあまりにもひどい場合、月経前症候群が疑われるので婦人科で診てもらった方がいいみたいですね。
私はまだ婦人科を受診したことがないのですが、生理前のニキビがひどい場合は婦人科でピルを処方してもらえるそうです。

ピルはホルモンバランスを整えてくれる働きがあるので、生理前のニキビができにくくなり肌をキレイにする効果があるのだそうですよ。
0

 

ニキビに効くのはビタミンCだけではなかった  美容

肌に良いといったらビタミンCですよね。ずっとビタミンCのサプリメントを飲んでいて、ビタミンCが含まれている果物なども積極的に摂取していました。
しかしビタミンCをたくさん摂っているにも関わらず私のニキビは一向に治らないのです。

おかしいなと思いニキビについていろいろと調べてみると、実は美肌のために必要なビタミンはCだけではないということがわかったんです。
ビタミンCはご存じの通り、ニキビをできにくくしたり肌を白くしてくれる効果があります。

ただ皮脂をコントロールしたり角質の代謝を良くするためにはビタミンCだけでは不足してしまうんです。

では何を摂取すればいいのかというと、皮脂のコントロールを助けてくれるのはビタミンB2とビタミンB6、角質の代謝を良くしてくれるのはビタミンAなのだそうです。
ビタミンBはレバーやチーズ、ビタミンAはにんじんやカボチャに多く含まれているのだそうです。

今までビタミンCしか意識していませんでしたが、これからはビタミンBやAも意識して食事を取っていこうと思います。

それから今まではビタミンCのサプリメントしか飲んでいませんでしたが、これからはマルチビタミンのサプリメントを飲もうかと思っています。
少し値段は上がりますが、一度にいろんなビタミンが摂れるので便利ですよね。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ