2013/6/3

■ バイアグラテスト  

■ バイアグラテスト
バイアグラの使用に問題がない場合にはとりあえバイアグラ 購入ずバイアグラを1〜2錠処方してもらって服用して完全勃起が見られましたら勃起機能は異常がないといえますからバイアグラ治療に移行することができます。一方、バイアグラの使えない場合やバイアグラに反応しない場合は勃起機能検査にすすむこととなります。


勃起機能検査ではまず夜間勃起(nocturnal penile tumescence:NPT)の有無を検査することになります。夜間睡眠時は起きている時のように心理的な影響を受けることがないので勃起機能が正常であれば最も浅い睡眠のレム睡眠期には陰茎が勃起するので一晩に4〜5回のレム睡眠期がありますからそれに一致して勃起が認められるはずです。夜間勃起が見られれば勃起機能は正常と判断できます。
0

2013/6/3

■ リジスキャン検査方法  

■ リジスキャン検査方法
陰茎根部と陰茎冠状溝部(亀頭の根元のくびれ部分)の2ヶ所にループを装バイアグラ 激安着して一定時間毎にループを締めて陰茎の周囲径と硬度とが同時に計測することができます。
夜間勃起の程度や持続時間、頻度などを計測して充分な勃起が得られれば勃起に関する神経や血管に異常はないといえるわけです。

もっと簡便にはスタンプ法といって郵便切手を陰茎周囲にぐるっとまいて糊付けし睡眠をとって翌朝、切手が破れていれば夜間に勃起があったと考えられます。このスタンプ法はお金も余りかからず自分でできる勃起不全、勃起障害の検査なのでおすすめです。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ