2013/6/3

■ 海綿体内圧測定検査方法  

■ 海綿体内圧測定検査方法
陰茎海綿体の内圧を測定できる検査用器具があるbaiaguraのですが、それを勃起不全、勃起障害の検査に使用して陰茎海綿体内の圧力を測ります。PGE1(プロスタグランディンE1)の注射前後で海綿体内圧の変化を調べることもできます。PGE1の陰茎海綿体内注射後に圧力上昇がなければ血管拡張剤に反応がないということで血管性のEDが疑われます。

またこの器具は陰茎海綿体に生理的食塩水を注入することで海綿体の内圧を一定に保つことができるので、ある一定内圧を保つのに必要な注水速度を調べることで、血管障害がある場合にそれが動脈性か静脈性かを判断するのに役立ちます。静脈性の血管障害では血液が漏出していく状態が存在し、一定の内圧を保つのに注水が必要です。また陰茎海綿体に造影剤を注入して流出静脈の状態を観察することも可能です。
0

2013/6/3

■ 血管造影検査検査方法  

■ 血管造影検査検査方法
勃起不全、勃起障害の検査に血液の流れを調べます。バイアクラ 通販一般的には大腿部の動脈を使って造影用のカテーテルを逆行性に内腸骨動脈に送り込んでペニスに血液を送っている血管を造影します。ここでもPGE1を陰茎海綿体に注射してから造影剤を入れることで血管の状態や血流の状態の変化を観察することができます。

陰茎海綿体に流入する動脈に狭窄や閉塞がある場合には血行再建手術が考慮されます。
また陰茎海綿体からの流出静脈に、本来貯留すべき血液が漏れ出ている場合は静脈を結さつする手術も考慮されます。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ