2013/6/3

精力剤と精力増強によい成分  

精力剤と精力増強によい成分

精力増強によい効果を発揮するといわれる成分はたbaiaguraくさんあります。「ビタミンC」や「亜鉛」、「セレン」や「鉄分」などはその代表的なものとして有名です。
「鉄分」は血液に欠かせないものとして広く認知されており、また「亜鉛」は生殖機能を高める働きがあるようで、牡蠣やウナギや豚のレバー、はまぐりやほうれん草、レバー、マグロの赤身などに多く含まれています。また「セレン」という成分は精子の運動能力向上に一役買っており、ホタテやいわしなどに多く含まれています。
精力増強によい食品は他にも色々なものがあるようですが、大切な事は基本的にバランスの良い食事を心がけ、かたよった栄養バランスを整えることです。それだけで精力増強に充分効果を発揮するでしょう。
0

2013/6/3

EDの原因  

EDの原因

EDではないかと疑われる時、年齢のせいだから仕方がなバイアクラ 通販いと思う方も多いと思います。確かに高年齢になるほどEDになる割合は高くなりますが、最近の研究では原因は加齢だけではないことがわかっています。
実際に若い方の中にもEDになる方が多くいらっしゃるし、現代社会にはEDの原因になる要素がたくさんあふれています。
例をあげますと、ストレス、不規則な食生活、運動不足、飲酒量の増加、喫煙といったあまり好ましくない生活習慣が原因でEDになることも多いのです。また、糖尿病、高血圧、高脂血症などの生活習慣病を持っているとEDになる確率はさらに大きく高まります。
正常な勃起状態では、まず性的刺激が脳からの信号により、神経を介して陰茎に伝わります。次に信号を受けた陰茎では、陰茎海綿体の動脈が大きく広がって血液が流れ込みます。こうして陰茎は勃起するのです。 しかし、もしも血管自体に動脈硬化などの障害があると、陰茎海綿体の動脈が拡がらず、十分な量の血液が流れ込まないのです。その結果、勃起が起こらない、満足な勃起が起こらないといった症状が起こるのです。そのため、糖尿病、高血圧、高脂血症といった生活習慣病はEDにかかるリスクを高めるのです。
また若い人のEDの場合には、心理的な要因によってEDが起こることも多いようです。ストレス、不安、うつなどが主な原因となります。あるいは血管や神経に障害があるとEDになる確率が高まります。加齢によって生活習慣病にかかる割合も高くなるからです。そもそも糖尿病、心臓病、高血圧、高脂血症などの生活習慣病はEDの原因として最も多いものです。
神経系の障害としては、脳出血、脳腫瘍、脳外傷、アルツハイマー病、パーキンソン病などの疾患がEDの原因となります。また前立腺がん、膀胱がん、直腸がんなどの摘出術で、その周囲にある血管や神経を損傷した場合にもEDになる可能性があります。交通事故などで、脊椎損傷になるとEDを発症する場合もあります。
その他にも、前立腺肥大などの泌尿器科系の疾患、腎不全、陰茎の先天性の疾患などが原因でEDになる場合もあります。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ