(無題)  

今まで一番 印象深い映画は「シンドラーのリスト」です。
少々長めの映画でしたが最後まで飽きることなく見れました。
モノクロの画面なので戦争当時の感じが良く出てるのとカラー独特の目をそらしたくなるような生々しさも少なくドップリとストーリーに嵌りました。
主演のリーアム・ニーソンもハマり役で強い商人魂から徐々に迫害を受けているユダヤ人に対する憐みの施しも普通の人間ではあり得ないほどに強大でその上繊細で・・人間らしい振舞いをナチスに悟られることなく勧められたのは「シンドラー」の持つ仁徳だったんでしょうね・・
毎度のことですがラストシーンでは毎回泣いてしまいます。
0

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0




AutoPage最新お知らせ