2010/12/26

のこぎりの輸入なら中国からがコストダウンにつながりオススメです  



のこぎりの輸入、どうされていますか?
もともと日本の建築は木材。
のこぎりの需要はまだまだあるのです。
しかし、そのお値段は日本製は、やはりお高い。
そこで、以前から海外からの輸入の傾向があります。
昔ながらの木造住宅が減ったとはいうものの、財務省貿易統計を参照すると、
海外からの、のこぎりの輸入はまだまだ落ちていません。
その中でも、のこぎりの輸入先は、圧倒的に中国が多いのです。
●中国からのこぎりの輸入をすると、値段がかなり安いので、
 コストダウンにつまがります
●仕入れがかなり早く、御社のお客様の信用にも繋がるのです

しかも、代行業者に委託すれば、
渡航費用も要らず、交渉ノウハウも安心して任せられます。
つまり
御社は面倒な輸入の作業は任せて、大幅なコストダウンが実現できるのです。

中国から商品を輸入したり仕入れるなら、
こちらのサイトが便利です。

⇒ 中国の輸入のプロ「チャイナマーク」
0
タグ: のこぎり 輸入



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ