2017/3/2

パチンコ換金反対アピール行進開催のお知らせ  活動告知

〜パチンコ換金廃止こそ最大の依存症対策だ!〜

平成28年12月26日、閣議にてカジノ設置に伴うギャンブル依存対策を講じることが検討されました。IR推進法(所謂カジノ法案)提出の段階で、パチンコの特殊景品の換金が問題視されなかったことを踏まえれば、この対策はあくまでも世論の反発を抑えるためのポーズでしかないでしょう。

また、昨年の臨時国会における政府答弁(第192回国会質問第123号に対する答弁)においても、客が疑似通貨とも言える特殊景品を換金することは問題視しておらず、政府は風営法の範囲内で行われる営業については賭博法に抵触しないと答弁しました。しかし換金を目的とした遊技であれば、賭博法の観点から即時規制すべきであると考えます。これまでグレー法である風営法に守られ、3点方式が野放しにされたことで多くの国民が犠牲になったと言っても過言ではありません。

我々は遊技の結果として得られる特殊景品の提供を野放しにすることこそ、ギャンブル依存の大きな根源であると考え、沿道に反対の意思をアピールします。
当日は大田区議 犬伏秀一さんを来賓としてお招きする予定です。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

<概要>

日時    平成29年3月5日(日)

集合時間 14:00〜  ※大田区議 犬伏秀一氏 参加予定

行進出発  15:00〜

集合場所  常盤公園 中央区日本橋本石町四丁目4-3

主催  パチンコ廃止を求める会

協賛  Blog『日本よ何処へ』 外国人犯罪撲滅協議会 護国志士の会

問い合わせ先
パチンコ廃止を求める会事務局
090-8770-7395(担当:渡邊)

※当日お手伝い頂ける方は13:00に集合場所へお越し下さい。
※デモの様子を撮影して下さる方を募集致します。可能な方は当日運営スタッフまでお申し出下さい。

<注意事項>

・プラカードは主催者が用意するもののみとさせて頂きます。持ち込みはご遠慮下さい。

・警備上の安全確保のため、国旗や幟類の持ち込みはご遠慮下さい。

・当日は妨害等も予想されます。集合場所へお越しの際は、安全のためプラカード類や国旗等は掲げずにご来場下さい。

・配布物については運営スタッフへ確認をお願い致します。

<禁止事項>

以下、守って頂けない場合は退場及び次回からの参加をお断りすることがございます。

・コール以外の発言はお控え頂きますよう、お願い致します。

妨害者の呼びかけ及び煽りには一切応じないでください。

・係員の指示および警察の指示には必ず従ってください。運営が妨害行為、混乱を招く行為とみなした場合ご退場頂くことがございます。

・デモ終了後の「お散歩」行為は厳禁です。また、解散後は安全の為プラカードや国旗を掲げないで下さい。

・酒気を帯びた方の参加はお断り致します。

<カンパ協力のお願い>

当日、お気持ちだけでもカンパにご協力頂ければ幸いです。

今後パチンコ廃止活動を継続していく為にも、どうかご協力お願い申し上げます。

  
1

2017/2/24

それを作ったのは  国内外の話し

少なくとも、朝日新聞もその一つですね。

【韓国の反応】韓国人「韓国人はいつまで『作られた怒り』に囚われて生きていくのだろうか?」

今日の韓国は、過去の重大な事実関係についての歪曲と美化、捏造のため、価値観が転倒して理性が麻痺した中で、ひたすら洗脳に陥って、「作られた怒り」のみに忠実に従っているケースがほとんどである。
今日の韓国が直面している多方面の総体的危機(外交、安全保障、政治、経済など)の根本的な原因は、表面に現れている「北朝鮮の核」のようなものよりも、むしろこのような韓国内の「時代錯誤な前近代性」から見つけるほうが早いような感じだ。
他国(日本)を無条件に憎み、敵視する限り、韓国に明るい未来は決して来ない。
また、人を憎んで敵視する原因が、歪曲と捏造などに起因した「作られた怒り」のためであるなら、なおさら言うまでもない。

バンダービルド


これらの捏造や歪曲、美化された虚構などを作ったところはどこなのでしょうか?
それは日韓や米韓が離間して、一番得するところであろうと予想はつくと思います。
例えば、朝日新聞は北朝鮮を地上の楽園と評してた時がありましたね。
しばし、それを続けていたと思います。

その事から推測すると、朝日新聞の慰安婦捏造やその後一連の行動は北朝鮮の意思かもしれません。
では、これらの資金源は?
朝銀が破たんした時、救済を一番訴えたところは?
脱税の多いパチンコ会社は??

今後、日本に対してさらに攻撃が加えられたり、侮辱が激化したりすることはあるかもしれないですが、それらの資金源にパチンコ関係の会社や人が多くかかわっていたら?


このような問題を解決するためにテロ支援企業として対処する事も考える必要はあるのかもしれませんね。

  
0
タグ: 海外 政治 言論



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ