2017/1/1

あけましておめでとうございます  報告・日誌

本年も、当パチンコ廃止を求める会をよろしくお願いします。

今年はIR推進法(これでカジノができる訳ではまだないです)の関連も含めて、ギャンブル依存症やパチンコ中毒、賭け事にのめり込む余り財産を失うなどの問題に対して、より深く考えていかないといけない年だと思います。

カジノ解禁に関しては、当初は民主党が乗り気だったなどの話もあり最初の予定ではパチンコを合法にして、日本国民から金を搾り取るシステムを強化するのか?等の話も無い訳ではなかったのですが、現在は民進党が反対している等からより多角的に見ていかないといけない事だと思います。

例え、パチンコがなくなってもギャンブル依存症等はなくなりませんから、当然ですけれどもこれらに対する問題が改善されなければカジノだって認める訳にはいかないのです。

そもそも、パチンコ廃止を求める会は震災時のパチンコは節電に協力しろ!と言う運動から進化してまいりました。
震災時にもパチンコ店が普通に電力を利用している状態で病院が節電をしているなどの、おかしな状態の改善や、その後の被災地でもパチンコをいち早く再開させ、被災者への義援金や支援金を奪い取るかのような動きに対して、より深く動くことを考えこのような会になった経緯はあります。

勿論、パチンコ産業側も被災地は娯楽もしたらいけないのか!と言う反論もしてきてはいた様ですが、娯楽の提供ならわざわざお金に苦労している地域で利用者から金をむしり取るような真似をする必要は無い訳ですからね。

そういう意味では、パチンコが害悪を主としてまき散らしているという状態では廃止せざるを得ないと言う事は言わないといけないのですね。

事実、被災地復興のために東北入りしていたまともなNPOの間では、進まぬ復興への絶望感から、唯一営業ができている(その金はどこから出たのか知りませんが)パチンコに対して依存症状態を作り出し、ギャンブル依存症からの支援金や義援金をつぎ込んでしまって自殺に至る人も多かったと言う話はでてくるのですから、やはり問題のある産業構造である事は確かなのです。

娯楽であれば、そのような人が仮にでてもそこまでの異常な数字はでてこないですから、パチンコの構造そのものも見直さないといけないのはあるでしょう。



また、年末にはこういう話もありました。

【千葉】パチンコ店、帳簿提示拒否→消費税の追徴3年分35億円 市原

パチンコ業界における脱税の問題は、やはり過去から度々問題になっています。
マスコミは大事なスポンサー様だから強くは糾弾しないでしょうけれども、この脱税が巨額になればなるほど、税収は減り同時に国民への増税で対処しなければいけない事態も発生する事になる場合も多々あります。

脱税の問題や依存症、これだけを考えてもパチンコに問題は多いと思いますし、事実他の業種や団体であれば、これをマスコミが叩かない事はないです。
そういう意味では、金の力で問題を隠蔽しているともいえますから、これが改善されない限りは、廃止をもって良しとすべし、しかないとも言えます。

もっとも、廃止をしたら大量の失業者をだしてしまう、と言う意見で反論する人もいるでしょう。


では、その人たちは数ある焼き肉チェーン店の中の一つの企業のさらに数店舗の問題を業界全部の所為にして危うく大規模失業者を出しかねた事があると思います。
なのにパチンコだけ特別視する必要がみえません。
子どもが死んでいると言う事を理由にあげるならパチンコはその比ではないほどに子どもを死なせているのです。


そういう部分、問題を深く考え「パチンコ廃止」をどういう風にして運動していき、その結果を何をもってパチンコを廃止させたか、と言うのをまた寄り深く国民に考えてもらえるようにする1年としたいとも考えています。


今後もよろしく皆様のお力添えお願いします。

  
0



2017/1/10  19:30

投稿者:高部義徳

昨年12月にパチンコの実態で講演した高部義徳です。
SNSが使えなくなり、挨拶が遅れましたが、本年もよろしくお願い申し上げます。

パチンコの闇は深いので、皆さんとともに是非パチンコ廃絶に向けて活動していきたいと思っております。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ