2017/10/10

当然の結果だと思います  国内外の話し

NHKの世論調査で各政党の支持率が出たそうです。

【速報】NHK世論調査 政党支持率 自民党31.2% 希望の党4.8% 立憲民主党4.4%

各党の支持率 NHK世論調査
各党の支持率は、自民党が31.2%、希望の党が4.8%、公明党が3.8%、共産党が2.7%、立憲民主党が4.4%、日本維新の会が1.3%、社民党が0.5%、日本のこころは0%、「特に支持している政党はない」が39.1%でした。また、今回の衆議院選挙には候補者を擁立していない民進党は1.6%、自由党は0%でした。


この結果を見る限り、多くの人は実績と目標、政策と手腕を見ていると思ってよいと感じます。
そういう点では、今回の選挙でも自民党と安倍内閣はかなりの勢力を残すと思います。
しかし、まだまだ気を抜けないと言う感じではあります。

現在も安倍晋三と言うだけで蛇蝎の如く嫌う人はいます。
その多くが感情的に嫌いなだけであり、マスコミがそれを煽っているというのは否定できない事実です。

そしてそのマスコミに対して大きな声を出せるのが、スポンサーとしてCMを打っているパチンコ業界です。

多くのパチンコ企業が在日韓国・朝鮮人が運営しているという現実があり、それらが今の安倍政権の下で適正な規制を受けて行く状態の中、安倍総理へのヘイトを撒き散らすという現実も見ていかなければいけません。

パチンコを廃止する為にはパチンコの問題に対して目を瞑り、利益を享受する為に関連団体に身をおくような政治家を糾さなければ為らないといえるでしょう。

それをする為には多くに人に日本の現状や、実際の安倍内閣の話や野党やマスコミが広めるフェイクニュースに関する問題を片付けなければ日本からパチンコを原因とする依存症や犯罪の発生を無くすことはできません。

現在は、民進党が分裂し野党への支持が低迷しています。
だからと言って安心はできませんし、大きなダメージを受けないように出馬を断念した人達もいるでしょう。

そういった人達が今後、政治や社会へ働きかける活動を続けることによって起こる新たなパチンコ災害とでも言う物を防ぐためにも今回の選挙では多くの人に事実を知ってもらい、問題を解決する一助を担ってほしいと思っています。


  

0
タグ: 海外 政治 言論



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ