2017/11/16

(無題)  問題情報

パチンコの問題は、多分に政治の問題ともいえます。
もし、政治家がパチンコ業界から「忖度」を受けずに政治をしていたら、駅前の一等地に賭場を作るような真似はしなかったでしょうし、もっと数は少なく同時に依存症やパチンコのために犯罪をする人も少なかったでしょう。

ひょんな事から知った、神奈川県横浜市でのNPO乗っ取り事件に関わる事でもパチンコ議員として名を知られた人物が関わっていたという事ひとつを取ってみても、より良い政治家を選ぶという事は大事なことだといえるのである。

しかし、現在は与党圧勝という現実に気が抜けてしまった人も多いと思う。
確かに、安倍内閣が圧勝したという事は日本が日本人と共にあるべきだという判断をした人が多かったといえるし、投票に行かなかった人も安倍内閣で然程の不満があるわけではない、と考えていると見る事もできる。

だが、気を抜くことができないのは自民党内部でもパチンコ利権を維持したがっているモノはいるであろう現実や、朝鮮半島有事が差し迫った懸案として存在する以上、何某かの妥協をすべきだという日和見主義者が与野党はおろか言論人にも多いことである。

これらの問題を加速させるためにパチンコマネーが流用される可能性も含め、我々日本人は、多くの問題を一つずつ解決する努力を怠ってはいけないのである。

 
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ