2017/11/26

さて、それは政治家の思惑による自由と思想の迫害に過ぎない  国内外の話し

森友が極右だから潰したかったという発言を当の市議がしてるそうですね。

大阪府豊中の木村市議「森友学園は極右だから潰したかっただけ。正直これなんすわw」福島瑞穂「ハハハ」→籠池実態はエセ保守詐欺師だったwwww

木村真「森友学園は極右だから潰したかっただけ。正直これなんすわ(笑)」福島瑞穂「それ言ったらダメ…あわわわ」

国有地が森友学園に不正に安く売られているとはじめに告発した大阪府豊中市の木村真市議が、「森友学園を潰す」という目的ありきで動いていたことが分かった。国有地の格安の払い下げについては他方で「元の設定値段が高すぎただけ」という見解も示されている。森友学園の思想が右寄りなのが気に入らないから、あら捜しを始めた。





netgeek政治 (@netgeekPolitics) 2017年11月26日



ソレが害悪で無い限り、思想や信条の自由は護られないとなりません。
右よりだから気に入らないというのであれば左よりだから相手の思想を弾圧したといってるも同様です。

つまり、考え方の違いがある事を話し合いで解決せず、自分達の思想を押し付けるか気に入らなければ潰すという事を行ったという事で、福島瑞穂の動きを見ていると弁護士として本来は糾すべきことでしたね。
一応、過去弁護士として売り出していたのですから。

  



0
タグ: 海外 政治 言論



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ