2018/2/13

バレンタインのあれこれ  Vancouver Now
クリックすると元のサイズで表示します

日本では今日が2月14日で、おそらく街でもバレンタインムード一色かと思います。

こちらでも1月の後半ぐらいからお店がバレンタインを意識したデコレーションになり、ピンク色の包装のチョコレートやキャンディが店先に並べられます。

日本では主に女性が男性にチョコやお菓子などを渡す日として浸透しているバレンタイン。

好きな人だけでなく友達や同僚、上司などにいつもお世話になっているお礼として渡すというのも主流になっていますね。

一方こちらのバレンタインは男女はあまり関係なく友達や家族への親愛を示す日という意味合いがあります。

小学校などではパンフレットが配られ、「もしもバレンタインに学校にキャンディを持ってくるのならクラス全員のために持ってきてください。不公平にならないようにしてください」という事前通告が親にされることもあります。

では北米のバレンタインにはロマンチックな意味がないのかというと、そういうわけではありません。

ですが北米のバレンタインは日本とは逆で男性が女性にプレゼントする日として認識されています。

男性が好きな女性、彼女、または奥さんに花束やチョコレートを送ったり、デートをプランして誘うという習慣です。

特別な演出をしてこの日にプロポーズをする男性も多いようです。

男性が女性のために、というのはなんだかこちらならではの習慣ですね。

バレンタインが終わるとチョコレートが安売りされるのでそれを大量に買いあさる人が続出するのは日本と同じです。

3

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ