2009/8/22

畜産排せつ物法について  農業

近年畜産の排せつ物は環境に多大なる被害を与えています。

農家の農場規模拡大や環境問題への関心度の高さから近年特に問題化しているのです。

問題は排せつ物による悪臭や水質汚染です。

なぜこのような畜産環境問題が起きるのでしょうか。

現在の排せつ物の処理方法をみてみると一目瞭然です。

固形の家畜の排せつ物を外にただ山積みにして放置しているだけの「野積み」。

液体の家畜の排せつ物を穴を掘って貯める「素堀り」を行っているのです。

これらの不適切な処理方法により、地下水汚染などによる環境被害が発生しているのです。

家畜の排せつ物はいまや大きな環境問題です。

しかし今はバイオマスとして有機肥料としてよみがえらせる技術が進歩しています。

これを利用して畜産環境問題が解決され、より良いリサイクル利用されることが望まれます。

これらのことを法により制度化して畜産環境問題に真剣に取り組もうと制定されたのが「家畜排せつ物法」です。

「家畜排せつ物法」とは、農林水産大臣によって策定されたものです。

具体的には排せつ物の管理施設の基準などを設けています。

ふんや尿は悪臭などを発生させない観点から、外に放置ではなくコンクリートなどの材料で作った施設に保管すること。

その施設に管理できる量と年間排せつ物の発生量を考えて作ること。

施設が破損したらすぐに修理すること。

などが定められています。

基準を満たした際には、金融支援として融資や税制優遇なども受けられるようになっています。




2009/8/22

農地管理の仕方  農業

親から農地を相続したけれど、農業をする気にはなれない。

相続した農地をどうしたらいいのか。

現代の離農問題、担い手の高齢化から、耕作放棄地などの遊休農地が増加しています。

これらの使わなくなった農地の管理問題は深刻です。

農地は手を加えずに放って置くと荒地になってしまいます。

雑木や雑草が生い茂り、土砂が堆積され害虫も発生します。

また産業廃棄物の不法投棄が行われたりと多くの問題が発生するのです。

食料自給率UPのためにも、優良農地の有効活用、遊休農地の減少化は日本の農業における重点課題です。

遊休農地を放置しておくと、法的指導を受けます。

まずは農業委員会から農業用地として有効利用するように指導されます。

それでも聞かなければ市町村長から通知がきます。

市町村長の通知に従わないと30万円以下の罰金に処せられます。

それでもだめな場合は、市町村によって買い入れ協議が行われます。

農地を放棄することなく、有効的に利用してもらえるように他の利用者、農業の担い手を探す。

あるいは、市民農園として他人に貸出するなど管理方法を考えてみましょう。

農地を売買する場合は、農地法に基づき法律上の申請が必要となります。

申請しないで売買すると、正式には売買不成立となってしまいます。

農地を遺産相続として相続する場合は農地法上の売買契約とは異なりますので、農地法上の許可はいりません。

売買に関してあるいは利用者を探したい場合は、農業委員会に相談するといいでしょう。




2009/8/22

米作りについて  農業

農業による生産物としてまず挙げられるのが「お米」です。

お米はどのようにして出来るのでしょうか。

お米作りは春から秋にかけて、田おこし・種洗い・種まき・田植え・稲刈りの順に作業が行われます。

田おこしとは、冬から春にかけて3回くらい田を起こすことです。

寒さで固まった土を耕し、お米作りにいい土台を作ります。

今はトラクターで行いますが、昔は人や馬、牛を使って行われていました。

種洗いは、3月?4月にかけて種もみを選び、4月中旬くらいから種を洗い種、もみをまきます。

苗を育てる田んぼのことを苗代と呼びます。

昔はこの苗代に種をまき、苗を育てていました。

今は温かいビニールハウスの中で種まきをして苗を育てます。

4月?5月温かくなったらいよいよ田植えです。

種まき後、約1ヶ月で田植えができます。

育てた苗を田んぼに植えます。

今は田植機で植えることができますが、昔は近所総動員で人の手だけで田植えをしていました。

田植え後は、雑草取りや水の管理、肥料やり、害虫や台風などから稲を守るなど多くの仕事があります。

雑草は、昔は人の手ひとつひとつ取られていました。

その後一時期は農薬なども使用されていました。

しかし今では、農薬を使わずにできる「アイガモ農法」が注目されています。

アイガモを田んぼの水で飼うと田んぼの土をかきまわし、雑草や虫を食べてくれるのです。

10月頃実った稲をいよいよ刈る時期です。

天気と相談して稲刈りの時期を決めます。

今ではコンバインで稲刈りから脱穀までできます。

昔は、稲刈りは人の手で、鎌でかり脱穀機で脱穀していました。

収穫後、稲はすぐに乾燥機にかけます。

乾燥後、籾取りをして玄米の状態で袋に入れて保存します。

今では乾燥、籾取り、袋詰めまで全て機械がします。

当然昔は全て人の手で行われていました。

このようにして、おいしいお米ができるのです。




2009/8/22

家畜伝染病は怖い  農業

家畜の伝染病には実に様々なものがあります。

近年発生した大きなものを挙げると、平成13年にBSEが発生し牛肉消費に大きな影響を与えました。

平成16年には高原性鳥インフルエンザが発生しました。

ヨーネ病については毎年のように発生しています。

鳥インフルエンザとはインフルエンザウィルスが鳥に感染して鳥に発生する感染症です。

鳥の間で糞を介して伝染します。

野生のカモやアヒルなどを宿主とします。

しかしこれが、家禽類のニワトリやうずら、七面鳥などに感染すると病原性が非常に高いものになります。

これを高病原性鳥インフルエンザといいます。

養鶏産業から恐れられているインフルエンザはこれです。

いまのところ人に感染する確立は低いとされています。

しかし将来的にヒトウィルスと交じり合って人に感染するのを恐れられています。

対策としては、海外などでの発生情報の収集や検疫を厳しく行うことです。

生産農家の衛生管理を徹底させること。

発生してしまったときの対策、蔓延対策の実施などです。

BSEは別名狂牛病。

牛の脳の海面がスポンジ状になって空洞になることです。

発症すると、痙攣が起きたり、ひどいときには運動能力が低下して立てなくなることもあります。

予防策としては、特定危険部位とされた脊髄や頭部、頬肉などを摂取しないことです。

現在この部位は輸入禁止となっており食することを禁じられています。

このような対策の強化から、現在のBSEの発生数は減少化傾向にあります。

ヨーネ病とは、ヨーネ菌によって起こる腸炎のことです。

牛やヒツジや山羊に感染し、慢性的に下痢などを起こし、発生から1年以内に死亡します。

感染した動物は淘汰されます。

他にも多くの家畜伝染病があります。

可能な限り衛生管理などで発生を予防し、蔓延防止に努めることが重要です。




2009/8/22

畜産農業について  農業

ウシ、ウマ、ブタ、ヒツジ、ヤギ、ウサギ、ニワトリ、アヒルなどの家畜を食用、衣類用、作業用として飼養することです。

畜産の種類としては、乳牛飼養は牛乳や乳製品を作るもので、酪農といいます。

豚肉生産のためのブタ飼養は養豚といいます。

飼育されたブタはほとんどが食用の豚肉として売られます。

ニワトリの卵を得るため、また鶏肉生産のためのニワトリ飼養は養鶏といいます。

牛肉生産のためのウシ飼養は肉用牛飼養といいます。

この牛肉として売る農家のことを肥育農家といいます。

また母牛を飼育して交配させその子牛を売る農家のことを繁殖農家といいます。

畜産はその育て方により放牧、遊牧、舎飼いに分けられます。

放牧は、広い草のある大地に家畜を放ち飼料や自然の草を自由に食べさせるものです。

遊牧は、一年中おいしい草を求めて、草のある場所を転々と移動して食べさせるものです。

舎飼いは、畜舎の中で飼料を与えて管理して育てるものです。

家畜の飼養では、土地や気候の影響は作物栽培よりは少ないです。

牧場などで多くのウシを育てる場合は、放牧させて管理しなければならずさらには飼料も栽培しなければなりません。

またウシそれぞれの個体差が大きいため、精神的にも配慮して育てなければなりません。

ですから酪農や肉用牛の経営は家族経営のところが多いです。

それに比べて養豚や養鶏は、配合飼料を与えるだけの単純作業なので、家族経営ではなく大規模経営しているところが多いです。

いづにれしても動物の命を預かり育てる仕事です。

最新の注意が必要な仕事です。






teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ