恋愛相談☆  

土曜日のお昼休み、友だちに頼まれました。「仕事が終わったら付き合ってくれない? 相談があるんだ」


恋愛相談でした。
直球で「好きな人ができた」といわれました。

新年早々めでたい話です。
「で、どこの誰さん?」
「たぶん話したことあると思うよ」
「えっ? うそ、マジで?」
ぼくと彼の共通の知り合いは、職場の女子三人だけしかいません。
彼はかなり仕事ができるほうで、周りにも自分とおなじレベルを求めてしまうタイプです。だからちょっと職場の女子を好きになるとは、考えづらかったのです。
一応ぼくは職場の女子の名前を順番に挙げていきました。

「はぁ?」

彼は心底意外そうな顔をして首をかしげました。
「うん、まあ違うのはわかってたけどさ。じゃ、誰さんだよ? ほかに共通の知り合いっていないじゃん」
「だからいっただろ。彼女は――」








二次元でしたっ\(◎o◎)/!
0




AutoPage最新お知らせ