偽物の見極め方法  日記

オメガ社の時計コピー品も数多くあります。
その作りはものすごく精巧で、プロの人達でも判らないほど巧妙に作られているのです。代表的なところでは、オメガのマーク「Ω」の文字がきちんとしたものになっているか確認しましょう。
文字盤の文字とか竜頭など、刻印部分がぼやけているようならまず怪しい時計ですね。
巧妙にできていますから、 これらの部分も巧妙にコピーされています。
しかしながら本物と比較してみると明らかに文字だとかマーク部分に違和感があるのです。
これ以外にも内部の機械部分などにも文字がなかったり、適当に文字が書かれていたりするなどの手抜きが見られたりします。
購入してから気づく点もありますから、素人の方が購入前に鑑定して購入出来る事は難しくなってきました。
一番の対処法は、購入店をしっかりした所で買うのが一番です。

http://omega-clock.com/
0

査定の実際  日記

今回は実際の査定方法のお話をしましょう。
バイクの車種、年式、走行距離などが分かれば大体の値段が決まってきますね。
その値段にも大きく上下があります。
その幅を確認に来てくれるのが査定員なんですね。

買取業者は、オークションでの査定基準を採用するケースが多いのですね。
10点方式というものを採用していると思います。
01点が一番低く、10点が一番高い査定になっていて、大体のバイクは4点になります。
思っている以上にバイクには傷があったりします。
ですので、大部分の中古車は4点物と呼ばれる物になります。
査定は基本的には、FRのサスペンションを見るのです。
それ以外にはフロントフォークのインナーチューブの錆びとか、バネやゴム製品の劣化などを確認します。
外装は基本装備の有無から傷やへこみなどを中心にして、全体的に見ます。
この時にエンジン周りの錆びだとかタンク内の錆び・ライト類の確認・タイヤの溝の有無などのチェックをします。
そして、大切な転倒歴の確認をし、ブレーキのディスクを必ず触ります。
メーターバックを判別するのに最もポピュラーな方法なのです。
外周の確認が終わってから、初めてエンジンをかけます。
エンジンをかけてエンジンのタペットの異音やシリンダーなどの異音をきちんと確認した後、回転数を上げてチェックします。
最後に足回りの点検をするために、実際に少しだけバイクに試乗します。
以上が一般的な査定の方法になりますね。

バイクの廃車
0




AutoPage最新お知らせ