2011/10/17 | 投稿者: 三代目

オープン記念特別プライス!UGG&JIMMY CHOO アグ&ジミーチュウ Sora 3045 chestnut 
「UGG australia」と「Jimmy Choo」がコラボレーションしました限定のUGG 新作ブーツが登場です。Jimmy Chooならではのスタースタッズが履き口に散りばめられた、とても可愛らしいデザインです♪今、流行りの2段フリンジがとてもスタイリッシュで豪華なデザインとなっております
高級シューズブランド「ジミー チュウ(JIMMY CHOO)」とシープスキン・ブーツで人気の「アグ オーストラリア(UGG Australia)」がコラボレーションしたカプセル・コレクション「UGG & JIMMY CHOO」

 コラボシューズは全5型。クラシックな「アグ オーストラリア」のブーツに、スタッズやスター、アイレット、ホーボーフリンジなど「ジミー チュウ」らしいディティールを施した。

 カラーはブラック、カシューナッツ、チョコレート、チャコールのダイアモンド・ドネガル ケーブルニット、ゼブラプリント、ナチュラル・レオパードプリントなど。全てのシューズに、両ブランドのネームを組み合わせたメタリックカラーのロゴがあしらわれる。
0

2010/12/26 | 投稿者: 三代目

「でもね、ほら、何て言ったっけ、そうマグルの世界では、ズーッと写真の中にいるよ」
「そう? じゃ、全然動かないの? 変なの!」ロンは驚いたように言った。
 ダンブルドアが写真の中にソーッと戻ってきて、ちょっと笑いかけたのを見て、ハリーは目を丸くした。ロンは有名な魔法使いや魔女の写真より、チョコを食べる方に夢中だったが、ハリーはカードから目が離せなかった。しばらくすると、ダンブルドアやモルガナの他に、ウッドクロフトのヘンギストやら、アルベリック?グラニオン、キルケ、パラセルサス、マーリンと、カードが集まった。ドルイド教女祭司のクリオドナが鼻の頭を掻いているのを見た後で、やっとハリーはカードから目を離し、パーティー?ボッツの百味ビーンズの袋を開けた。
「こちこちのおばあちゃんになって、|松《まつ》|葉《ば》|杖《づえ》でも使うようになるまでやめないつもりよ。まだそんな年でもないのにおとなにしようなんて思わないでちょうだい、メグ。あんたが急に変わったのだけでも、私は相当つらいのよ。私だけでもいつまでも子供にしておいていただきたいわ」
 そう言いながらジョーは顔をうつむけてもみじの葉を選び、くちびるのふるえるのを|隠《かく》そうとした、彼女はこのごろメグが急におとなびていくように思われていたところへ、ローリーの|秘《ひ》|密《みつ》をきかされて、いつかはくるにちがいない姉とのお|別《わか》れが、今は身近に|迫《せま》っているように思われてせつなかったのである。ローリーは彼女の顔の|浮《う》かぬ気持ちをくんで、メグがそれに気づかぬようにと、急いで問いかけた、――
0

2010/12/25 | 投稿者: 三代目

「じゃが、まさか使ってはおるまいの?」オリバンダー老人はピシャリと言った。
「とんでもない」
 ハグリッドはあわてて答えたが、そう言いながらピンクの傘の柄をギュッと強く握りしめたのをハリーは見逃さなかった。
「ふーむ」
 オリバンダー老人は探るような目でハグリッドを見た。
「さて、それではポッターさん。拝見しましょうか」
 老人は銀色の目盛りの入った長い巻尺をポケットから取り出した。
「どちらが杖腕ですかな?」
「あ、あの、僕、右利きです」
「腕を伸ばして。そうそう」
 老人はハリーの肩から指先、手首から肘、肩から床、膝から脇の下、頭の周り、と寸法を採った。測りながら老人は話を続けた。
おじいさまは、僕をご自分のようなインド|貿易商《ぼうえきしょう》にしたいんだ、ところが僕はそんなものになるくらいなら、|弾《たま》に|撃《う》たれて死んだほうがいい。お茶だの|絹《きぬ》だの|香料《こうりょう》だのって、おじいさまの船がもってくるようなつまらないもの、僕はみんなだいきらいだ、僕が船の持ち主になるようになったら、あんな船いつ|沈《しず》んでしまったって、少しもかまやしない.
0

2010/12/24 | 投稿者: 三代目

「えっ?」
「新開配達料だよ。ポケットの中を見てくれ」
 ハグリッドのコートは、ポケットをつないで作ったみたいにポケットだらけだ……鍵束、ナメタジ駆除剤、紐の玉、ハッカ?キャンディー、ティーバッグ……そしてやっと、ハリーは奇妙なコインを一つかみ引っ張り出した。
「五クヌートやってくれ」
 ハグリッドの眠そうな声がした。
「クヌート?」
「小さい銅貨だよ」
 ハリーは小さい銅貨を五枚数えた。ふくろうは足を差し出した。小さい革の袋が括りつけてある。お金を入れるとふくろうは開けっ放しになっていた窓から飛び去った。
 ハグリッドは大声であくびをして起き上がり、もう一度伸びをした。
「出かけようか、ハリー。今日は忙しいぞ。ロンドンまで行って、おまえさんの入学用品を揃えんとな」
「まあ、すばらしそうね! 私はいつか外国に行ってみたいのよ。私だったらローよりもローマに行きたいわ」とエーミーが言った。彼女はローのなにものたるかもごぞんじなく、そのくせきくのはなんとしてもいやなのだった。
 フランクは、小さいふたりのすぐうしろにすわって今の話をきいていたが、元気な|若《わか》|者《もの》たちが、次から次といろんなおかしな|体《たい》|操《そう》をしているのを見ると、じれったそうに|松《まつ》|葉《ば》|杖《づえ》をわきへ|押《お》しのけた。
0

2010/12/24 | 投稿者: 三代目

 ハリーは手紙をつかもうとしたが、ノンおじさんがその手を払いのけた。女主人は目を丸くした。
「わしが引き取る」
 バーノンおじさんはすばやく立ちあがり、女主人について食堂を出ていった。

「ねえ、家に帰った方がいいんじゃないかしら?」
 ペチュニアおばさんが恐る恐るそう言ったのはそれから数時間後だったが、車を走らせるバーノンおじさんにはまるで聞こえていない。いったいおじさんが何を探そうとしているのか、誰にも皆目わからなかった。ある時は森の奥深くまで入り、おじさんは降りてあたりを見回し、頭を振り、また申に戻り、また走り――ある時は耕された畑のど真ん中で、またある時は吊り橋の真ん中で、そしてまたある時は立体駐車場の屋上で、おじさんは同じことを繰り返した。
「パパ、気が変になったんじゃない?」
 夕方近くになって、ダドリーがぐったりして母親に問いかけた。バーノンおじさんは海岸近くで車を止め、みんなを車に閉じ込めて鍵をかけ、姿を消した。
 雨が降ってきた。大粒の雨が車のルーフを打った。
「おべんとうの時間ですよ」とブルックさんが時計を見て言った。「|兵《へい》|站《たん》|総《そう》|監《かん》、火をおこして水をくんできてくれたまえ。その間にマーチさんとサリーさんと私とで|食卓《しょくたく》の用意をしておきます、どなたかコーヒーをじょうずにいれられますか?」
「ジョーがじょうずですわ」と言って、メグはうれしそうに妹を|推《すい》|薦《せん》した。そこでジョーは最近のお料理の|稽《けい》|古《こ》の|腕《うで》を|示《しめ》すはこのときと、コーヒーわかしの方へ進み出て用意を始めた。その間に小さい子たちがあつめた|枯《か》れ|枝《えだ》で男の子は火をおこし、近くの|泉《いずみ》から水をくんできた。ミス?ケートはスケッチをし、フランクはベスとお話をしていた、ベスはお|皿《さら》の代わりにしようと、|藺《い》|草《ぐさ》を|編《あ》んで小さなマットをつくっていた。
0




AutoPage最新お知らせ