2013/5/19

看護師の再就職活動  

看護師の資格を持ちながら看護師としての仕事をしていないという潜在看護職員数の推計については、全国においておよそ55万人という数になっているといわれています。
一度看護師として仕事を始めても、家庭の事情を理由としてやめてしまったという人は少なくありません。

それから再度、看護師の仕事をしたいと考えてはいるものの、ブランクがあるためにためらっている人がまた、相当数になっているとされています。
看護師は不足していますから、看護師の求人はたくさんあります。

また、現在は子育て中のお母さんであっても看護師として仕事をしやすくなるように、24時間体制の託児所や保育所を設けている病院やクリニックなども見られるようになってきました。
少しでも条件が良い職場へ再就職するためには、看護師の転職支援サービスを利用することもおすすめです。

看護師再就職支援.com|ブランクのある看護師が復職するのための正しい就職活動」などのサイトにおいては、転職支援サービスの利用方法や利用するメリットなどについても紹介されています。
神奈川県座間市の相模台病院で「潜在看護師さんの復職支援セミナー」が開催されているなどして、各所で復職に関して看護師が抱く悩みなどを解消しています。
0

2013/5/8

ナースとして再就職するには心をオープンに  ナースの再就職と心

ナースとして働いていた職場を離れ、家庭で一定の期間を過ごした後に再就職を考えるというときには、不安な気持ちが心の大部分を占めるものです。
最新の医療から取り残されているような感覚もありますから、あらたな職場を探すにあたっては、改めて心をオープンにすることが重要です。

看護を求めている人たちにとって、その場で必ずかかわり合いを持つ医師やナースは大切な存在であり、距離感としてより近いのは看護師でしょう。
医療に関するコミュニケーションの多くは、ナースを通じて行われることになります。

患者さんも、弱っている心身をさらけ出すということは簡単ではありません。
再就職を目指す看護師もそれは同様であり、現役として最前線で働いている自信を失っている状態であっても、それは素直にオープンにすることが大切であるのです。

患者さんにとってナースが近寄りにくい存在であれば、要望を素直に伝えるということができなくもなってしまいます。
そうなれば症状がなかなか治らないという可能性もあり、むしろストレスなどが影響して、かえって病気が悪化してしまうという危険もあります。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ