スポーツナースの方と一緒に元気にスポーツする  看護師・ナースnavi

日本健康運動看護学会と言う団体は、健康スポーツナース(健康運動看護師)の養成を行っているようです。これは運動療法を必要とする方や健康的に運動をしたいと考えている方などに対して、看護師としてのサポートを行うものです。

ここ数年、中高年の方達の間で特にウォーキングやハイキング、山登りの人気が高まっています。健康に気を遣って運動をする事を趣味や日課にしている方が増えているのです。そのお陰で、中高年の方の体力はデータで見ても上がっているそうです。これはとても良い事ですよね。体を動かす運動は健康に欠かせません。体を動かしてリフレッシュする事で、精神面でも良い影響が期待できます。

ですが運動には怪我がつきもの。みんなが安心して気持ちよく運動が出来る様にサポートしてくれる健康運動看護師がいてくれたら、とても嬉しい事です。これからもますます健康運動看護師の需要は高まってくる事でしょう。興味がお有りの方は資格養成講座を受講されてみるのも良いかもしれません。
1

グループホームで看護師として働く  看護師・ナースnavi

高齢化社会で看護師の需要は医療機関以外にも高まっています。その一つがグループホーム。グループホームとは認知症の診断の有る高齢者が少人数で暮らす施設の事。

そのグループホームでの看護師の仕事の一つはバイタルチェック。つまり入居者の方の血圧や心拍数・体温を測る事。計測結果や体調などを施設のスタッフに連絡する仕事が有ります。

グループホームで働く際には看護師の資格を持っている人でも、看護師以外の業務をする事が有る場合もあるでしょう。例えば介護職との兼務です。看護と介護は一線を引いて切り離す事が出来ない関連性が有りますので、自分のスキルアップと考えて前向きに取り組む事も必要です。

もしグループホームでの看護師勤務を考えているのでしたらグループホーム看護師求人.comのサイトはいかがでしょうか。分かり易く説明がなされているのでオススメです。大変な仕事だと感じる事も有るかもしれませんが、高齢者の方の生活を支える非常に責任の伴う、やりがいのある仕事です。

こちらの一般社団法人 日本在宅介護協会のサイトは在宅介護になりますが、役に立つ情報が紹介されているかもしれませんよ。
0




AutoPage最新お知らせ