2013/2/28

懐かしのすいとんをいただきます  

昔むかしの話で、よく聞いたのは、食べ物に困る生活をしている時に、小麦粉を水で溶いてお鍋に入れて野菜とともに煮込んだすいとんがよく食べられていたという事。
今となっては、ほとんど食べるということもないと思っていたのですが、主人の大好物だったようで、最近になって作ってくれと頼まれるようになりました。
どのように作ればいいのかというのが皆目見当もつきませんでしたが、少しずつだしや、すいとんの作り方というのを研究して?!形になってきたように感じています。
ナスや、玉ねぎというものを入れるだけというようなシンプルなものを主人は好みますが、さらに栄養が気になる私は、そこににんじんやら、ジャガイモやらたくさんの野菜を投入しています。
野菜がたくさん入ったほうが、味がまろやかになるような気がするのです。
モッチリとしたタイプのすいとんを作りたい場合には、すこし中力粉や強力粉を混ぜることも。
すいとんを作るための専用の粉も販売されているので、利用してみるというのもいいのかもしれません。
作る人によってさまざまな味になるすいとんは懐かしくも、新しいメニューとして我が家に登場しています。
ローストビーフ
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ