肌のハリと弾力を支えるコラーゲン  

年代によって様々ある悩み、どの年代にも共通した肌の悩みと言えば「乾燥肌」です。

20代の肌の乾燥と40代の肌の乾燥では、肌の乾燥を解消するためのスキンケア方法は異なってきます。

20代ならば肌が乾燥していても化粧水や美容液をたくさん肌にしみ込ませることで潤いを回復してハリを出すことができますが、40代以降では肌の保水力がなくなるため化粧水や美容液などのスキンケア化粧品を使って潤いを回復させることはできず、この肌の保水力に関係してくるのが「コラーゲン」なのです。

美肌になるため、肌にハリを取り戻すためには「コラーゲン」が必要です。

夏の肌の疲れはコラーゲン配合のオールインワンゲルで!

コラーゲン量は、肌のハリについても大きく関係していて、肌にたっぷりと潤いがなければ肌のハリもだんだんなくなっていきます。

年齢で見れば、20歳を「100」とした場合、40歳で半分の「50」になり、60歳でさらに半分になります。

肌のハリや弾力は真皮層でがんばっているコラーゲンによって支えられており、コラーゲンの隙間にヒアルロン酸がいて、この状態が肌に水分をたっぷりと蓄えた潤いとハリのある状態です。

どんどん減っていくコラーゲンをどうにかとどめておくためにも必要なのが毎日のお手入れです。

化粧水や美容液などのスキンケア化粧品を使って皮膚の中の方にまでコラーゲンを送り届けることが大切です。


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ