2013/3/12

グループは現在ちょうど大幅に新店の開設を投入していて  

プラダの無の惧経済的影響上半期純利益は上昇して50%を超えます

中核は提示して:ブランドのCEO Patrizio Bertelliは古年の数年内に解釈して、ブランドはずっと全てとても大きい適応性を示して、個性化市場の需要に迎合して、服か履物製品であることにかかわらなくて、Pradaは全て人を主に持っていて、これはブランドにおそらく現われる問題をすぐに対応することができさせて、自主性と多様性は大いに増強します。

  プラダ(Prada)グループは月曜に上半期の純利益を公表して59.5%急速に増して3.694 ドルに達して、全世界のそれぞれの地域の各個種類商品の売上高は全て大幅の昇格があります。締め切って、7月31日、ブランドの収益の額は36%上昇して19.9 ドルに達します。

  業界の人は全てプラダ(Prada)ブランドが業績データを公表して、相関的にプラダ(Prada)ブランドと考えるかどうか推測する表現がおそらく中国市場経済成長が回復した影響を変えられることができることがあるのを待っていて、しかし、現在、公表されたこれは市場のとても大きい自信を表現しているか与えます。

  ブランドのCEO Patrizio Bertelliは古年の数年内に解釈して、ブランドはずっと全てとても大きい適応性を示して、個性化市場の需要に迎合して、服か履物製品であることにかかわらなくて、Pradaは全て人を主に持っていて、これはブランドにおそらく現われる問題をすぐに対応することができさせて、自主性と多様性は大いに増強します。

  プラダ(Prada)ブランド上半期の売上高は40%上昇して、Miu Miuのブランド売上高は23%上昇して、グループは現在ちょうど大幅に新店の開設を投入していて、全世界の市場にさらに多くの直営店数量を増やすことを眺めることがあります。商品種類に見に来て、皮製品の売上高は52%上昇した、服と履物売上高の分けた上昇17%と14%。地域から見に来て、アジア太平洋地区の売上高は44%上昇してそれで、ヨーロッパ区は観光客消費のものによって動かして、収益の額は31%が伸びて、アメリカ区売上高は30%上昇して、日本は34%上昇します。
0

2013/3/12

工業は状況を輸出して調査します  

マカオ階層は2の季の服を仕立てる製造業手元は2.94カ月の発注書を擁して

  2012年7月に基づいてメーカーの交わった回2012年の第2四半期に関連した「工業は状況を輸出して調査します」アンケートを訪れてはっきり示されて、2時企業手元発注書の月平均値を訪れて65カ月なることを受けて、比べ上げる季 は2時は98カ月は違って、ただ2011年の同期より記録して2時は53カ月の略はよいです。

  “服を仕立てる製造業”手元は2時94カ月の発注書を擁して、“他の業界”は48カ月2時を擁します。

  輸出市場方面で、“市場四半期発注書情況は指数を総合します”に基づいてはっきり示して、企業を訪れて全体で香港、アメリカ、中国大陸とカナダが比較的によい市場を表現することに対すると考えられて;アフリカ市場に輸出して第2の季は最も違うことを表現して、受注情況はあまり良くないです。

  今後6カ月に対した出口展望は、見通しの楽観のものを輸出して企業を訪れることを受けることを示して、季に上がることから28.4%下季の15.7%(12.7個100部、点を減少します)まで下がって;そのうちは、“大幅に増えます”ができる2.6%があることと考えて、“少し増えます”ができる13.1%があることと考えます。薄い企業が季に上がることから29.7%上にこの季 まで昇って43.9%に、2011年の同期の26.9%と比べることを見て、また大幅に、17個100部、点を打つことを増やして;そのうちは、“少し減ります”と“大幅に減少します”がそれぞれ28.3%と15.6%があると考えます。“停滞”ができると考える四半期に上がる41.9%から軽く企業くを訪れられて40.4%下がることについては。前記数字はメーカーを反映して今後に見通しの自信低下を輸出します。

  労働力就職方面で、企業を訪れて工業を輸出する就職人数に関連して季 に上がりを比較して2011年に同時にそれぞれ5%と15.3%を減少することに従事することを示すことを受けます。別の方面は、54.7%のものは企業を訪れて員欠乏した情況がいることを示されて、数字は軽く季に上がって53.5%に、ただ2011年の同期の65.2%より低くすることより高くて、これは製造業従業員人数をはっきり示して状況下を減少することを現れて、企業は人員に求めて依然として50個100部の少し以上のものに維持して高水準で;そのうちは、“非仕立ての製造業”情況によって比較的に著しくて、この業界インタビューされた方の63.3%を占めて、軽く64.3%季 に上がりより低くて、ただ2011年の同期の58.6%より高いです。

  調査報告は結果はっきり示して、活動した問題を輸出することに影響することに、31.8%の輸出企業は考えて“発注書不足”は彼らが最大の問題に直面してそれで、“原材料価格は上がります”と“地方価格競争”の14.9%と8%を占めることであると考えます。

  また、2012年の第2四半期内にある出口は活動して、以前“人員は欠乏しています”と“原材料価格は上がります”問題の企業を訪れられてそれぞれ65.8%と65.4%があることに直面してそれで、“地方価格競争”に出会って、“発注書不足”と“給料は上昇します”が問題を待つ企業はそれぞれ61.2%、53.8%と43.1%があります。今後3カ月に対した展望は、53.2%のものは企業を訪れて“原材料価格は上がります”が企業の主が心配すること必要であると考えられて、次は“人員は欠乏しています”と“発注書不足”が問題を待って、100部のスコアは46.9%と36.2%としてはいけません。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ