2014/6/2

お金の流れを把握するために家計簿をつけよう  お金

毎日の生活の中でお金の問題は避けて通れません。


家族を持った人は特にです。


先々のライフステージを考えて計画的に貯蓄をすべきだと思います。


そこで、大切になってくるのが家計管理です。


一番良いのはお金の流れを把握するために家計簿をつける事でしょう。


続かないとよく聞きますが、小遣い帳の延長でも良いので一度つけることをおすすめします。


今はレシートを貼るだけのものや家計簿ソフトもあるのでいくつか試してみて、自分にあったできるだけシンプルなものを見つけることが長続きの鍵です。


どうしてもシックリ来る家計簿が見つからない時は、大学ノートに自分で線を引いて必要な項目だけにして記録するのも意外に良いかもしれません。




大まかなお金が流れの把握により、無駄な出費がチェックできます。


その上で貯蓄できるお金がどのくらいあるか考えて定期預金を低額からで良いのではじめましょう。


先取り後のお金を家計費としてやりくりします。


急な出費や病気になったりしたときにも定期があることで気持ちに余裕が生まれるでしょう。


さらに、誰が何年に何歳になるのかを書き出したライフスケジュールがあれば貯金の目標や出費が把握できるので、余裕があればおおすすめします。




0




AutoPage最新お知らせ