小説から本物として復元された坊っちゃん列車  道後温泉 トピック

道後温泉の観光名物として「坊っちゃん列車」があります。
その名の通り小説「坊ちゃん」に出てくるような小さな列車です。
小説から本物として復元されたのです。

列車としては本物ですから、乗客を乗せて走ります。
家族連れなどには人気の高いものとなっています。
古町からJR松山駅前、大街道を経て道後温泉まで行きます。
休日などは多くの観光客でにぎわっています。
JR松山駅まで鉄道で来てそこから「坊っちゃん列車」に乗るというパターンが多いようです。

宿泊する旅館は道後温泉と言う観光客が多いからでしょう。
また、松山城を見てから道後温泉に行き、帰りを坊っちゃん列車と言うことでもよいですね。
列車と言ってもそれ程たくさんの人は乗れません。
夏目漱石の小説の中では「マッチ箱のように小さな列車」と評されていたからです。
現在の坊っちゃん列車は明治時代のものを復元したものです。
観光の起爆剤にしようと作られました。

乗務員なども当時の服装に近いものを制服としています。
坊っちゃん列車に乗るなら、松山市内に旅館を確保して、列車で道後温泉の散策に行くのもよいでしょう。

道後温泉の旅は夏目漱石の時代にタイムスリップしたような感じがします。
また道後温泉に入ると、さらに昔の歴史を感じさせてくれるのです。
旅館の温泉に浸りながら、さまざまなものに思いを巡らせてみましょう。
これから旅行をするつもりなら、これらの歴史について予備知識を持っていた方が楽しみは倍増するでしょう。
坊ちゃんのこと、正岡子規のこと、道後温泉本館のことなどたくさんありますね。



【特別価格】■ 四国 松山 お楽しみセット
タグ: 道後 温泉 トピック

 

夏目漱石の小説「坊ちゃん」の登場人物  道後温泉 トピック

マドンナと言えば、夏目漱石の小説「坊ちゃん」の登場人物です。
誰でもが知っているでしょう。
その名前にあやかって道後温泉では「道後マドンナ」と呼ばれる女性を選出しています。

各地の観光地でもよく見られる○○娘といったところでしょうか。
道後温泉のPRをするために活躍してもらおうと道後温泉旅館組合が選んでいるのです。
毎年、3,4名が選出されているようです。
1年間は温泉のPR役として様々なイベントに出てもらっています。
もちろんマドンナですから女性です。
ほとんどが地元の若い女性です。
小さい時から道後温泉に慣れ親しんだ人たちです。

自分たちが好きな道後温泉を全国の人たちに知ってもらおうと頑張っているのです。
旅館に泊まるだけではなく、地元の人たちとのふれあいがあれば、旅行も思い出深いものになります。
チャンスがあれば一緒にスナップ写真などを取ってもらいましょう。
道後温泉は町中が観光地と言えますが、最近の不況のあおりを受けて、観光客の減少が懸念されています。

どこの観光地でも状況は同じでしょう。
道後温泉は温泉の歴史だけでも他にはないものですが、その他の文化的な魅力も十分です。
一時的に観光客が減ったとしても、景気の回復とともに増加に転じるのではないでしょうか。
歴史、文化を愛する人たちにとっては、松山、道後温泉と言うものは重要なものなのです。
歴史物のドラマとして、司馬遼太郎の「坂の上の雲」が始まることになっています。
今道後温泉に行けばそのポスターなどが貼られていることでしょう。
タグ: 道後 温泉 トピック

 

早めに予約が安全です  道後温泉 トピック

道後温泉旅館協同組合の旅館を利用している人はどのくらいいるのでしょうか。
協同組合に入っていない旅館の数は少ないと考えられます。
したがって、協同組合の利用者数がほぼ道後温泉の宿泊者数と考えてよいでしょう。
過去のデータですが平成18年度は約80万人の人が宿泊しているそうです。
道後温泉本館に入館した人は約110万人です。
旅館の収容人数が約7000人ですから、100日分ぐらいになります。
つまり、1年の3分の1ぐらいが満室状態と言うことです。

もちろん、観光の時期によって大きく変動しますが、宿泊者数が多いということは言えるでしょう。
これから道後温泉に行って宿泊しようと考えているのであれば、早めに予約した方がよいということです。
特に人気のある旅館や連休などでは、予約が遅いと満室になっていると思わなければなりません。

自分たちがどのような旅館に泊まろうと考えているのかをじっくりと検討してみましょう。
豪華なところか、少し予算を控えて、こぢんまりとした旅館を選ぶかということです。
旅行をする団体の性質にもよるでしょう。
社員旅行などであれば、歴史や文化にゆっくりと浸るという雰囲気ではありませんね。
家族や夫婦などの少人数であれば、小さな旅館でアットホームな雰囲気を楽しむのもよいでしょう。

また、人気スポットの道後温泉本館は公衆浴場なのですが、入浴する観光客が多いですから、シーズンによっては入浴まで待ち時間があるようです。
タグ: 道後 温泉 トピック



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ