2010/6/19

ドリブルが上手くないとサッカー選手にはなれないの?!  サッカー上達

日本代表の遠藤保仁さんの兄、元横浜Fマリノスの遠藤彰弘さんと少年サッカー指導のプロ、

俺セン少年サッカーアカデミーの原澤祐介さんが作成した 【サッカー上達プログラム】

ブラジルを倒し、Jリーグを5回優勝した元プロサッカー選手と少年サッカー指導のプロが手がけた

“俺センlab 1stプログラム”

クリックすると元のサイズで表示します

ドリブルが出来ないとサッカー選手にはなれないの?!

そんなことをよく聞かれますが…そんなことはありません。

実際、プロの世界ではドリブルは判断の選択肢の一番最後の項目であることを、

あなたは知っていましたか?


遠藤彰弘氏自身も子どもの頃からドリブル好きで

選手時代も子どもの頃から培ってきたドリブルを多用して戦っていた事実があります。


ですが、遠藤さん本人がプロ生活を通じて学んだことのひとつが、

「世界に通用するサッカー選手になるためには、ドリブルよりも

もっと違うことを子どものうちからトレーニングしておかないと無理」

だという事に気づいたのです。


それは、一体どういった要素なのか?

そんな超実戦論を公開いたします詳細はこちら



この“俺センlab 1stプログラム”では、

弟・日本代表 遠藤保仁選手も尊敬する兄・遠藤彰弘氏のサッカー哲学をすべて公開。


遠藤彰弘氏が、子どもの頃の遠藤兄弟、そして親についての話、鹿児島実業時代、

プロ入団、プロになってからの成功、そして引退後に気付いたことなど、

すべてのサッカー哲学をひとつひとつ丹念に解説しています。


テクニック・フィジカル・メンタルの3要素をトレーニングする前に、

あなたに足りないものはこの主軸の要素なのかもしれません。


この主軸の要素を“俺センlab 1stプログラム”でしっかり開発・強化できれば、


あなた達親子が今現在行き詰っていても、快進撃へと変えることが出来ます。


あなたに足りない主軸の要素とは?詳細はこちら
0



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ