2011/11/1 | 投稿者: もじお

たまに、いくら食べても太らないという
体質の持ち主に出会うことがある。

好きなものを好きなだけ食べても
体型が維持できるなんて、
油断するとすぐお腹まわりがだぶつく
私にとっては、夢のような話だ。
こうした体質というのは、何によって決まるのだろう?

専門家曰く
「まず考えられるのは、筋肉の量でしょう。
筋肉が多い人はそれだけ基礎代謝が高いことになります。
人間が1日に消費するエネルギーというのは、
じつはほとんどが基礎代謝によるものとされていますから、
これはかなり大きな要素ですね」

また、同様に汗かきな人も
基礎代謝が高いといえるが、
これは必ずしも筋肉量の多い人と一致はしないそうだ。

「発汗量というのは、
甲状腺ホルモンの性質や平均体温の高さなど、
様々な要因で規定されています。
こうした体質は遺伝によるところも大きいかもしれません」

スマートな体型を維持している人というのは、
ホルモンが健全に活動している状態なので、
「極論ですが、人は痩せるほど、痩せやすくなるもの」と
専門家は語る。

逆に、太りやすくて
いわゆるメタボリック症候群に属する人は、
複数の生活習慣病が相互に
作用し合って悪循環を生んでいるとも考えられるとか。


今の悩みは早くもとの体型に戻る事・・・
0




AutoPage最新お知らせ