2010/4/19

元社会人野球選手ピッチャーがあなたを息子さんの専属ピッチングコーチにいたします  奇跡の投手育成法DVD 桜井一 方法, 少年野球, 少年野球指導法, 中学生野球, ピッチングフォーム



3.gif



詳細はコチラをクリック←



★実践者の声★

京都府在住 N・M様 37歳

キャッ チボールに対する意識が変わったように思います。

いつもお世話になっております。

私には、小学校5年生と3年生の男の子がおり、二人とも少年野球チームで投手をやっているので、いろいろと参考にさせていただいております。

私自身も投手をやっておりましたが、子供を教えていて教えることの難しさを痛感しておりますが、『お父さんのための野球教室』並びに『投手育成法』は、大変参考になります。

特に、キレを出す練習法については、子供達も関心を持ち取組んでおり、キレを意識することによりキレを出すためのボールの握り方なども自分なりに考えているようです。

また、5年生の長男は体格に恵まれているにも拘らず、肘が上がってこないため、球威、コントロールも今いち満足できるものではありませんでした。
ですが体重移動 (ヒップファースト)をゆっくり行うことと、肘が下がるメカニズムの項にあった高い場所から投げるを実践することにより、ボールが離れる際に下向きに投げる感覚を掴んだようで、フォームも安定し球威も出て、コントロールも安定するようになりました。

ただキャッチボールは肩を温めるためだけのようにやっていたのが、今ではフォームの確認、相手の胸にコントロールする、球の回転などを意識して取組むようになり、試合でもその効果が出てるように思います。

桜井様もそうだと思いますが、私自身は、やはり大人になっていろいろ気付くことがあります。

もっとこういう風に取組んでいれば良かったとか、なぜあの時に気付かなかったのだろうというような思いがあります。

その経験を子供達に伝えようとするのですが、やはりまだ子供なかなか理解させるのは大変です。

指導者にとって一番大事なことは、子供達をその気にさせ楽しく野球に取組める環境を作ってあげることではないかと思います。

楽しくと言っても甘やかすのではなく、時には強く怒ることも大事ですが、怒るところを間違わないようにしないといけませんね。

今後とも宜しくお願い致します。



詳細はコチラをクリック←

これは将来の野球界を担っていく、あなたの息子さんや選手の為に作りました。

【期間限定情報】


4.gif


どのように投手を育てれば良いのか・・・

このDVDであなたが知ることができる、内容の一部をご紹介しますと・・・

〜・球速を上げるための筋力強化ポイントとは?〜

どこを重点的に鍛えれば球速がアップするのか?スピードアップするために鍛えなければならない部位とその理由を誰もが納得できるように解説。

〜・抜群の制球力を身につけるためには?〜

投手とはデリケートなもの。コントロールを安定させるために、安易に投球フォームを変えるのは、非常に危険です。では、フォームを変えることなく抜群のコントロールを身につけさせるにはどうすればいいのか?それは・・・。

〜・ボールのキレをだすための練習方法があったなんて!?〜

「手首を鍛えればボールにキレがでる。」 いえいえ、もっと簡単な練習方法でボールにキレをだすことが可能です。ボールのキレをだすための効果的な練習方法とは?

〜・投球の「タメ」を作る練習方法とは?〜

野球の指導や解説の中でよく耳にする「タメ」について。「タメ」について、具体的な指導法や考え方を書いた書籍はありません。この「タメ」についてキッチリ指導できれば抜群の制球力を身にけることができます。投球の「タメ」っていったいなんなんだ!?という疑問を徹底的に解明します!


などなど。。。もう、投球フォームの指導で悩む必要はありません!

野球経験のないお父さんにも、実際に映像で投球フォームをご覧いただくことで、速い球を正確に投げるためのフォーム作りを理解して頂けます。

頑張ってる息子をプロ野球選手にしてやりたいも夢ではないかも?!


詳細はコチラをクリック←


その他のお得な情報はこちら

自宅が教室!簡単フラワーアレンジメント講座 購入はコチラ【特典有】

女性用 復縁マインドレボリューション 購入はコチラ【限定特典有】

225ドリームワープ 購入はコチラ【メールサポート有】



0
タグ: 感想 効果 口コミ

2010/4/19

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ