金融商品取引法は

2013/3/27 
この前知り合いから聞いたんですが、
金融商品取引法は、株式や金融先物・FX(外国為替証拠品取引)などの売買に関するルールを包括した法律で、2006年度の国会で成立し、2007年度以降、施行が予定されています。証券取引法と金融先物取引法に分かれていましたが、金融商品取引法の施行により、一元化されることになります。
金融商品取引法とは、投資家を守るために、2006年度の国会で新たに成立した法律で、これまで曖昧で抜け道の多かった株式の法律(証券取引法)や金融先物・FX(外国為替証拠品取引)などの法律を、ルールを改正して一元化した法律です。金融商品に対する規制はこれまでも、先物取引法、証券取引法、銀行法、信託業法、商品ファンド法など商品ごとにバラバラに規制されていましたが、その後の新しい金融商品にまで対応できず、その金融商品が規制の対象にならなかったり、事実上の無法状態で営業されるなどの問題が生じていました。
従来、株券や債券など「有価証券」については、証券取引法、金融先物取引については金融先物取引法など、金融商品ごとに法律が定められていましたが、従来の枠組みに当てはまらないさまざまな金融商品が登場し、幅広い金融商品を包括的に対象とする新しい法律の枠組みが求められていました。利用者保護ルールを徹底するため、包括的な定義による「集団投資スキーム(ファンド)」を追加するとともに、有価証券や金利・通貨等を中心に幅広い原資産・指標を対象とするデリバティブ取引を業規制の対象とするなど、規制を横断化しています。
今回の法改正により、デリバティブ預金や変額保険・年金のように、株式や社債、デリバティブ取引などと同様の投資性の強い性格を持つものについては、金融商品取引法の販売・勧誘ルールを、それぞれの法律において準用する形で規制の同等性を確保しています。
結構いいと思いませんか?
0

使い道に制限が無い

2013/3/27 
よく聞く話ですが、どうでしょう?
カードローンは、都市銀行・地方銀行・信用金庫・ネット銀行・消費者金融・銀行系消費者金融・信販会社・銀行系信販会社などで提供されている金融商品で、使い道に制限が無く、リボ払いでOK、かつ無担保で借りることができます。キャッシングと同じようにみなされますが、返済方式の点で異なる金融商品です。 一方、貸し出し側の金融機関のメリットは、返済期間が長いかわりに、一括払いや分割払いの場合よりも利息をたくさん取れることにあります。リボルビング方式の利率は、一括返済や、分割返済方式の利率よりもおおよそ1.5倍高いようです。
一方、貸し出し側の金融機関のメリットは何でしょうか?リボルビング方式では、一括払いや分割払いの場合よりも返済期間が長いかわりに、利息をたくさん取れます。リボルビング方式の利率は、一括返済や、分割返済方式の利率よりも、ざっと1.5倍は高く設定されています。一方、貸し出し側の金融機関のメリットは、返済期間が長いかわりに、一括払いや分割払いの場合よりも利息をたくさん取れることにあります。リボルビング方式の利率は、一括返済や、分割返済方式の利率よりもおおよそ1.5倍高いようです。
一方、貸し出し側の金融機関のメリットは何でしょうか?リボルビング方式では、一括払いや分割払いの場合よりも返済期間が長いかわりに、利息をたくさん取れます。リボルビング方式の利率は、一括返済や、分割返済方式の利率よりも、ざっと1.5倍は高く設定されています。
いろいろな利用の仕方があるんですね。
200日のカード保険
0



AutoPage最新お知らせ