民話を楽しみ、お腹もいっぱい

2013/5/5 
クリックすると元のサイズで表示します
最近は、田舎や古民家に移り住み、自給自足の生活を始める人が増えています。住む人が減っていく傾向にある地方にとっては、嬉しいブームじゃないでしょうか。

憧れてはいるけど、なかなか踏み出せない、という人もたくさんいると思いますが、本格的に生活、とまではいかなくても、田舎暮らしをちょっとだけのぞけるイベントが開かれるみたいです。岩手県の遠野にある、「遠野ふるさと村」。

ここでは、1月から3月にかけて、お酒も楽しみながら山里の味覚を味わえる催しが行われます。やまめの甘露煮や胡麻豆腐、遠野では「どべっこ」と呼ばれるにごり酒が出るみたいです。遠野といえば、柳田国男の「遠野物語」で有名ですが、こちらのイベントのプランには「かっぱプラン」という名前のものがあり、イベント内でもこの地方の昔話、民話などが、現地の語り部によってお話されるそうです。「遠野言葉で語られる」、ということなので、地元独特の言い回しや言葉も堪能できそうですね。女教皇
0



AutoPage最新お知らせ