哀しみを背負い心を届ける〜映画『プンサンケ』〜  ブログ

韓流ドラマ、しかもラブコメでしか韓国を知らない
平和ボケした中年女性が蔓延するのに釘を刺す映画でもある。

正体不明の男は38度線を棒高跳びで超え、ソウルと平壌を
行き来し、3時間以内に戻り、離散家族の手紙や
ビデオメッセージを運ぶ。
北朝鮮製の煙草・豊山犬を吸うことから『プンサンケ』と呼ばれていた。

プンサンケ(ユン・ゲザン)は亡命した北朝鮮高官の愛人
イノク(キム・ギュリ)をソウルにつれてくるという依頼を受ける。
彼は無事、イノクを引き渡したにも関わらず依頼者の韓国情報員に
拘束され拷問を受ける。

さらにソウルに潜伏してえいた北朝鮮工作員までも介入し、
イノクの身までも危険にさらされるのだが…

韓国映画界の異端児・キム・ギドクが3年のブランクを破って
映画化したのは、分断国家が故の悲劇である。
この国に住む人たちにとって、分断されても愛すべき家族は家族。
それらをつなぐために、プンサンケは韓国唯一の非武装地帯
無料エロ動画展示館』の短冊に書かれた依頼を頼りに、
38度線を命がけで超える。

最初は分断された家族の為に超えていたであろう一線だが、
そこに国家が絡むことによりプンサンケは命の危険にさらされる。
『お前はどっちの犬だ』

ラストは、銃の奪い合いで密室の中で、韓国、北朝鮮両方の
戦死が死んでいく中、プンサンケも殺されていく。
プンサンケは、どちらの犬でもない、分断された
国家の犠牲になった家族をつないでいただけである。

他国の介入により分断された祖国を思う気持ちがこめられた一作でもある。
残念な事に、日本では小さな映画館で2週間限定でしか公開されず、
巷で韓流好きを自称する人たちの目には留まらなかった映画だった。
惜しい限りでもある。
0

トイレットペーパーのように  ブログ

写真について考えてみたいと思います。
みなさんはバカバカ写真を撮るだけとってその管理をどうされていますか。
段々と撮る量だけ増えてしまって、その管理が現像には追いつかなくなってしまっているのではないでしょうか。

段々とパソコンで管理して満足している世界が出来上がっているのではないでしょうか。
そこにもし全部の写真現像するなんて事態が起こったら一体お金がいくらかかるのか、そしてどれほどのアルバムの量になってしまうことでしょうか。

これは私だけの一方的見解ですが、やはり昔の写真の概念とはデジカメの存在によってどんどん変わって来てしまったのではないでしょうか。
そして、写真というものに私は気安く接している訳です。

ずっと昔の人などは、写真に対して魂が宿るなどと恐れていたりもしたものです。
私たちデジタルな頭の構造には、そんな発想すらもう浮かぶこともない訳です。

何か使い捨てトイレットペーパーのようにでも写真というものを捉えているところはないでしょうか。
バシャバシャと撮り、後からいいものだけを選択して消去するなんてことも出来る訳です。

昔の人の発想なら消去して写真一枚一枚魂を殺してしまったようなものではありませんか。
0




AutoPage最新お知らせ