2013/5/15

(無題)  

よく女性の快感の深さというものは、rebitora男性の快感の深さに比べると、いやくらべものにならない、といわれます。比べるといっても同時に男と女の快感を知ることは無理なので、科学的?な根拠のようなものでも紹介しておきます。

女性がエッチのときに得られる絶頂感というのは、かなりの快感を味わうことができるといわれていますが、それというのも脳内に多量の快感物質が分泌されるため、というのが一般的です。

人間の脳内には、脳内麻薬とも呼ばれる快感物質が存在するのはご存知だと思いますが、その中でも『脳内モルヒネ』と呼ばれているβエンドルフィンには、強い鎮痛効果があることが知られています。

女性がエッチの際、絶頂に達したときには、このβエンドルフィンが多量に分泌されるようなのですが、そのことによって女性は、まるでモルヒネを打たれたときのような恍惚感を感じるというわけです。

若い頃には、それほどエッチが好きではなかった女性が、オーガズムを知るにつれて、男性を激しく求めるようになることがある、というのも脳内麻薬による一種の中毒症状のようなもののようなのですよ。

また、このβエンドルフィンは、女性が出産するときも多量に分泌され、分娩のときには陣痛をともないますが、脳内モルヒネが分泌されることで、女性は激しい痛みに耐え抜くことができるということらしいです。

男性が出産を経験したら、その痛みに耐え切れず死んでしまう、なんてことも聞きますけど、女性の体というのは、ほんとに神秘に満ちていますね。
0

2013/5/15

(無題)  


■ よく知られているように?がん、媚薬堂心臓病、脳卒中?は日本人の死亡原因の3分の2を占める3大疾病と言われています。そのほとんどに生活習慣病が大きく関わっています。とりわけ、喫煙に伴う障害や、などの及ぼす影響は深刻です。実は「喫煙、糖尿病、高血圧症」はそのまま、インポテンツ(ED)を引き起こす3大要因でもあるのです。インポテンツ(ED)に限らず、喫煙習慣が健康を損ねることは誰でもご存知でしょう。現在インポテンツ(ED)を喫煙の最大の弊害として啓発活動に取り組んでいる国もあるようです。

■インポテンツ(ED)患者の中で喫煙者が80%以上のことが現実です。喫煙によるインポテンツ(ED)はどんなものでしょうか。タバコに含まれるニコチンには血管を収縮させる強力な作用があります。ですから、健全な勃起にとっては大敵。陰茎は血管でできていると言ってもよいくらい複雑な血管網で構築されています。その陰茎海綿体を貫く動脈に流入する血液が満たされることによって勃起は起こりますが、ニコチンにより肝心の血管がしぼむので、あそこもしぼんでしまうのです。

■インポテンツ(ED)の80%以上が喫煙者というデータがそれを裏付けています。せっかく効いているインポテンツ(ED)治療薬をタバコがしぼませてしまう。実にもったいないことです。また、インポテンツ(ED)治療薬の効果がタバコで落ちる場合もあります。

■ セックスが終わった後にベッドでおいしそうにタバコをふかすシーンは映画などの定番的な演出の1つです。しかし、喫煙はインポテンツ(ED)の原因になるばかりでなく、多くの病気を引き起こす原因にもなります。喫煙は、血管の収縮のほかにも、心拍数の増加や血圧の上昇、心筋収縮力の増加など、循環器機能に関係するさまざまな作用のあることが確認されています。タバコは健康にとってと肝に銘じましょう。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ