助産師とは  

助産師とはどのような仕事なのでしょうか?助産師は、母胎の医学的な観察・指導・ケアを行なう助産、新生児の観察、へその緒の切断と傷口の処置、沐浴など妊娠から出産、そして育児まで母子の健康を守る介助活動を行う仕事です。


分娩後は新生児のケアや保健指導、産後の女性に対しての授乳教育や育児相談など幅広く母子をサポートします。生命の誕生に深く携わる魅力的な職業といえますが、分娩介助には強い精神力と体力、そして助産師としての使命感が必要で、さらに医療に関する高度な知識と技術が要求される仕事なのです。


助産師の収入はどれくらいなのでしょうか?看護師がその激務の割りに、えてして収入があまり良くないというのは広く知られていますが、助産師は医療系の中では比較的収入に恵まれた仕事だといえます。初任給で26万円前後、年収で400万〜500万円がひとつの目安ともいわれています。


助産師の転職活動は、専門の求人サイトなどを利用するのもお勧めです。自分の希望に合う職場が見つけやすいと思います。


【PR】がん保険 見直し
0

介護のアルバイト  

少子高齢化が進む今、介護の仕事の需要は年々高くなっています。介護のアルバイトも増えてきているようです。介護の仕事はいろいろな種類があるようです。


介護福祉士は、介護の仕事の一つです。介護福祉士は、「社会福祉士及び介護福祉士法」にもとづく国家資格です。介護福祉士資格は、介護を必要とする人がたのさまざまな生活行為・生活動作を補い、支える知識と技術を有する介護の専門資格として認知されています。


介護福祉士は、おもにホームヘルパーや、特別養護老人ホーム、身体障害者施設等の社会福祉施設の介護職員として介護業務にあたっています。介護福祉士の募集は、このような機関で行われているようです。


介護福祉士の資格を取得する資格があるのは、@介護福祉士養成施設(2年以上)を卒業した人A指定された福祉系大学・社会福祉士養成施設・保育士養成施設等を卒業した後、介護福祉士養成施設(1年以上)を卒業した人B介護等の業務に3年以上従事した経験を有し、国家試験に合格した人C福祉系高等学校を指定された教科目・単位数を修めて卒業し、国家試験に合格した人、は受験資格があります。
0




AutoPage最新お知らせ