2012/8/15

彼はその後代理店を譲って退職した  

ラルフは香水事業をはじめたおかげで、何百万ドルも儲けただけでなく、消費者たちのあいだに彼のプランドを浸透させることができたのである。


もし僕たちが、きみのお気に入りのくだらんほうのコマーシャルを流していたら、賞なんてことにはならなかっただろうからね」「広告業界人は、広告をそもそも信用していないところがある」と夕ーローはいう。彼はその後代理店を譲って退職した。


ラルフはテレビを使うという点では後発だった。
すでにカルバン?クラインがそのセクシーなジーンズのコマーシャルで大衆にアピールし、幸先のいいス夕ートを切っていた。それに比べ、最初の「チャップス」のコマーシャルを流した段階で、ラルフの全国的知名度はわずか六パーセントだった。

「ラルフは例外だった。彼は心から広告のカを信じていた。イメージを作り、消費者の注意をうながすのに有効だと考えていたんだ。予算が足りないといって泣きつくと、四○万ドルを五O万ドルに上げてくれた。目標は彼をアメリカ一のデザイナーにしたてることで、そのためにわれわれも一生懸命だった」
0

2012/8/13

上流社会で紳士の必需品として発達した  

背広のポケットに入れて持ち歩くハンカチは、十五世紀に中国からヨーロッパに入ってきて、十六世紀に英国の上流社会で紳士の必需品として発達した。今では、駅の売店で汗拭き用に簡単に入手できるけれども、やはりアイアリッシュ•リネンや海島綿(シーァイランド•コットン)の上質なものをおや行ぎ用に備えておくべきだろう。もちろん、アイロンのかかった真っ白なハンカチは紳士のたしなみだから投資を怠ってはならない。



フレンチ•レストランにはポアッソン(魚)のシェフ、レギュム(野菜)のシェフといった主任がいるものだが、それを統グッチバッグコピー轄するのが料理長(グラン•シェフ)で、社会的にも尊敬される人だ。このグラン•シェフは白い円筒型の高帽子(グラン•ボネ)をかぶる。下っ端には原爆のキノコ雲を思わせるグラン•ボネは許されない。



布を首に巻く習慣は十八世紀ごろインドで使われはじめたバンダナに似ている。バンダナは十九世紀末から二十世紀にかけて労働者たちに流行したものだが、あの米国のカウボーイたちが愛用した習慣は、映画の西部劇にもよく見られた。



シャーロック•ホームズの小説に、ハンカチを丸めてワイシャツの袖に押し込む習慣が出てくるが、英国グッチ財布コピー紳士は左手で鼻をかんで、袖に押し込んだものだった。そういう鼻かみ用とは別に、汗拭き、手拭き、それにお酒落用と、ハンカチを七枚くらい持ち歩く紳士も昔はいた。それほどまでしなくとも、清潔で真っ白なハンカチは、今でも伊達者のたしなみになっている。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ