2011/8/17

パリの女はかっこいい!  

パリの女のタバコが美しい理由・・・


"そりゃあ昔はパリの女性と私たち日本人じゃ、服のセンスも違うし、体型だって違ったからね"


・・・と、そういうビジュアルの違いをいくらでも理由にできました。


でも今や、パリの女性より日本の女性のほうが余程オシャレだし、体型だって負けていません。


ビジュアルにおけるハンディは理由にならなくなってきました。


そうだ、あっちは街の景色が違うのです。


・・・そう思ってみたものの、よく考えれば、今や日本でもオープンカフェがものすごく増えていて・・・


青山あたりなら、パリの比じゃなく洗練された一角など山ほどありますね。


・・・さあ、いよいよわからなくなりました。


日本人女性の方が、レーザー 脱毛などをしている人が多いのに。


これはあんまり関係ありませんね。


0

2011/8/15

タバコが似合う女性  

今、男性の喫煙者は減っていて、女性はわずかながらも増えているそうですね。


それに、女性が男並みに働いて、恋人同士でも女のほうが強くって、家庭でも男が家事をしちゃう今の世の中・・・


"男はタバコを吸う性"で、"女はタバコを吸わない性"という根拠は、もうどこにもありません。


・・・ただやっぱりどう考えても、男にはタバコが似合うのに、女には似合わないのです。


ちなみに私は喫煙者。


少なくともここ数年、タバコを吸っていて美しい女性を、私はひとりも見ていないのです。


"じゃあ、なぜなのだろう?"と不思議に思うのは・・・


パリとかに行くと、本当にカッコよくタバコを吸う女性をよく見かけること。


日本では、間違っても見かけない"歩きながらタバコを吸っていても、美しい女性"が、あちらにはいっぱいいます。


そういうカッコイイ女性は決まって全身 脱毛をしています。


・・・これが何としても不思議なのです。

0
タグ: 全身脱毛

2011/7/20

大好きコスメ、オリジンズ  

化粧品が"鏡の前"という定位置から抜け出して、生活の中の至るところに移動し・・・


私たちの精神の中にまで入り込んできました。


"その時"とは、オリジンズという化粧品が出現した時ですね。


今や私の家でも至るところにオリジンズがあり、さながら小さなオリジンズワールドとなっています。


少なくとも、化粧品を生活のひとつの糧としている私でさえ、"化粧品と一緒に暮らしている"という実感を今まであまり強くもったことはないし・・・


まして化粧品でイライラをおさめようとか、化粧品で自分を励まそうなんて思ったこともなかったのです。


だったら、医療 レーザー 脱毛などを行なっているエステへ行った方が早いと思っていました。


・・・ところが、オリジンズはぐんぐん自分の暮らしの中に入ってくるのです。

0

2011/7/14

正しい"化粧品"  

クラランス最大の特徴は、サロンでプロがやるお手入れを自分の手で簡潔に行う"手のひら美容法"。


マルチマスなどの道具もプロの手をそっくり再現することで有名ですが・・・


顔やせのリフトマンスール・ヴィサージュで提案された"ドレナージ美容法"は、素人でも簡単に確実に効果を出せる・・・


"ほとんど唯一のリンパマッサージ"として、苦心の末に社長自らが考案したものといいます。


化粧品だけに頼らず、"ぜったい効果を出してやる"という執念にも似た独自提案には頭が下がりました。


化粧品メーカーとして正しいですね。


結局のところ、欲しいのは奇跡じゃなく結果なのですから。


わたしは全身 脱毛後の保湿ケアにも、このブランドのボディクリームを愛用しています。


その時、化粧品は明らかに変わったのです。


今までのワクを一気に飛び出してしまったといってもいいですね。

0

2011/6/13

メガネをはずした彼女  

"お願い"が届いたのか、彼女はついにメガネをはずす。


ちょっと驚いた。


想像以上にバランスのいい、美しい顔だちだったこともあるけれど、彼女の表情が、まるで犯罪者か何かのように突然オドオドし、その目はキョロキョロと宙をさまよって、なんだかまったくの別人になっていたからだった。


「ほーら、このほうがずっとキレイじゃない」と言ってはみたものの、裸にされた子供のようなその表情に、痛々しささえ感じた。


それ以上の無理強いはできないのだと、すぐに悟った。


それから先も、メガネをはずした彼女を、一度たりとも見ることはできなかった。


もちろん、彼女が全身 脱毛をしていた事も本人からの情報ではなかった。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ