あさがお  

クリックすると元のサイズで表示します
朝顔が咲いています。
毎日少しずつ増えていきます。
それはうれしいのです。

でも

この朝顔。5月末から咲いているんです。
いいのかなあ?
朝顔って、本来は短日植物のはず。
夏至を過ぎないと咲かないんじゃなかったっけ?

なぜでしょう?
0

こんなことを書くことも辛いのですが、  

たぬきの住む星の、原子力発電の再稼働についての問題がまた進展した。
「原子力規制委員会」設置法が可決・成立とあるが、その内容を見ると再稼働へ向けての法案ではないのだろうか。

この国の政治家は目の前のことしか考えられないバカばかりなのだろうか。国民の生活を守るために考えるのなら、なぜ今、首相は「国民にとって危険なものを排除するため、しばらく国民全員で節約・節制してもらえないか。」という一言が言えないのか。
 ただの党の代表でしかないから、自分が全権を持っているという認識がないのだろうか。権力は権利であり、義務であり、責任である。その責任が取れないのだろうか。

 たしかに、この政党の元代表と言われる人物も、「自分は説明責任を果たした」などとかつて発言したことがあったが、「責任を果たした」かどうか決めるのは自分ではなく、周りの人たちだということがわかっていない。明らかに「日本語知らず」であるし、「責任能力がない」ことがわかる。また、この責任能力がないことにより、先日の裁判の骨子にあった「自分がどんな悪いことをしたかわかっていないため、無罪」という判決も、最後の「無罪」の部分しか記憶にない。「自分がどんな悪いことをしたかわかっていない」ということは、言い換えれば「精神異常者は無罪」と言われたことと同じであるのに。
 なるほど、国会議員は精神異常者でも務まるというわけだ。そんな人物をあえて党に置いておく、また、重要な立場に置いておく気持ちがわからない。自分の直属の部下が不祥事を起こした会社は、社長共々必ずなにかしらの社会的制裁を受けているのに、国会議員はその必要がないのか?
そして、その人物に、一国の首相がお伺いをたてに行くという構図はどう考えたらよいのだろうか。

 国民の責任を三権分立から考えると、国会へは選挙という形があり、内閣へは「世論」というものがある。
しかしこの内閣、「世論」を全く無視する方向に行っていないか。本来の三権分立の考えでは、世論が内閣の行動を止めるはずなのだが、なぜ止まらない。今の世論は、原子力や高齢者問題、元代表の取り扱いについて、反対しているはずである。

どの党でも関係がない、国会議員として国民に選ばれたと自覚している人よ、この国を立て直そうとは思わないのか。田中正造のように、足尾銅山鉱毒事件を告発し、私財をなげうって地域住民を助けようとした人物もいたではないか。本来、政治家とは国民のために自分を捨てきれる人物ではないのか。今こそ、この国を救えるのではないか。それが政治家ではないのか。

負の歴史ではなく、正義の歴史に名を残す国会議員はいないのか?
0

何を考えているんだ?この国の代表は  

原発事故から1年しかたっていないのに、
再稼働承認だって?

何を考えているんだ?バカか?

首相のリコールが出来るようにすればいいのに。
というか、国会のリコールがしたいくらいです。

そのうち暴動が起きてしまいますよ。
参加したい気持ちもあるくらい・・・・・
0

原発稼働しなくてもいいようにすれば良いんじゃない?  

今、世の中では福島原発の事故から「原発は必要なのか?」という疑問が上がっています。
政治的、企業的には必要なのかもしれませんが、どうして必要なのかははっきりしません。それよりも、必要のない理由の方が自分としてはよく分かるのです。
それなら、原発を動かさなくても過ごせるようになればいいのではないかと思います。

統計上(国勢図会)では、現在の発電量は2010年会計年度で1,112,622kw。そのうち原発は279,750kw。つまり全体の4分の1です。4分の1も使っているなら必要なのかというと、そうではなさそうです。2008年と比べて火力発電量や水力発電量が減っていますし、地熱・風力・太陽光発電はどんどん稼働を始めています。それらの電力が上手く生かされていないようです。
また、福島原発が事故で止まってから、各地の原子力発電を停止し始めましたが、かつての計画停電のようなことはおこっていません。電力会社もがんばってはいるのです。それでも電力会社としては、ピークになったときのことが不安だから原子力発電を稼働させたいと思うのでしょう。

それなら私たちが「原子力を止めろ!」と言わなくても、原子力を使わない状況でも充分生活できることを電力会社に理解してもらえばよいのでしょうか。つまり、ピークにならないように気をつけること。それぞれの家庭で5%を目安に節電していけば、原発は必要なくなるのです。

もちろん、現在、さまざまな工場や会社で節電は行っています。でも、使わなければいけない電力もあるのです。(冷蔵庫を止めるわけにもいかないのです)病院や工場は電力を使わなければ何も出来ません。それなら電力を使わなくても出来ることを自分たち個人が考えてみればいいのです。暑ければ薄着をし、寒ければ厚着をするのと同じです。電気を使わなくても出来ることはあるのです。個人が節電を少しでも気にすれば、人によっては10%または3%の節電になります。自分に目的もなく節電していてもちっともおもしろくありません。節約は楽しんでやるものです。
それに、節電は節約にもつながりますしね。電力使用量が下がれば、電気使用料も安くなるのです。

だいたい、自分の秘書が何をしているのか把握できないような人が政治家をやっているのです。会社で考えれば、はっきり言って無能な社員です。そんな政治家や電力会社の言うことはあてになりません。でも、自分が気をつければすむことなら、それが日本全体を救うことになるのなら、やってみることも良いのではないでしょうか。被災地に寄付をしたくてもなかなか出来ない自分でも、節電することで少しでも世の中のためになるのなら、やってみようかと思っています。

まずは、私が5%を気にしながら節電します!
パソコンを使っても、仕事をしても、5%の節電くらいなら何とでもなりますから。
これに余裕が出たらまた5%と付け加えていきたいと思っています。(ちなみに、我が家の電気料金は、数年前まで8000円台だったのが、一昨年から6000円台、5000円台と安くなっています。それでもまだできそうな気がします。)
大きく訴えなくても、小さな一人の力がどれくらいのものか、楽しんでがんばろうかなと思うのです。
0
タグ: 原発 節電

雪って・・・  

昨日はけっこう暖かかったのに、今朝起きて外を見ると雪景色???

梅も咲いているというのに。


変な天気です。
雪がきらいなわけではないけれど・・・

午後から暖かくなってくれれば良いんですが。
天気予報では今夜も寒そうです。

バイク通勤には、またカイロが必要か?
0




AutoPage最新お知らせ