2013/8/13

混合肌のスキンケア  

スキンケアを混合肌の場合にはどのようにしたら良いのでしょう。乾燥肌と脂性肌の特性を同時に併せ持っている肌質が混合肌です。全体としては乾燥肌で、額や鼻の部分だけが脂性肌だという人が多いようです。自分が混合肌だと思っておらず、人によっては乾燥肌のスキンケアや脂性肌のスキンケアだけで過ごしている場合があるそうです。特に混合肌の人は、生理の前後や季節の変わり目は水分と油分のバランスが崩れがちになるといいます。きちんと状態を見極める必要が、肌の部分ごとにあるようです。洗顔は、テカリが気になる部分と乾燥が気になる部分との区別することが混合肌のスキンケアのポイントではないでしょうか。混合肌用やコンビネーションスキンを使うにが、区別がつきにくい時の化粧品としてはお勧めだといえます。スキンケア用品やメイク用品を使い分けるのは、肌の状態が把握できるようになってきてからで良いでしょう。洗顔をするときのポイントは混交肌の場合、テカリが気になる部分はやや念入りに、乾燥が目立つ部分はささっと済ませることです。洗顔剤で泡をキメ細かに作って、脂性肌の部分をはじめにつけていきましょう。肌の乾燥度合いとは関係なく、洗顔終了後はたっぷりと保湿ケアを全体に行いましょう。目元や頬などの乾燥が気になる部分に、水分補給後は乳液やクリームなどをつけ油分を補うと、スキンケアに効果的ではないでしょうか。

代謝 アップ
0

2013/8/12

脂性肌のスキンケア  

脂性肌のスキンケアについて調べてみました。オイリー肌ともいう脂性肌は、男性に限らず女性にも多い肌質だといいます。手で触れた感触が脂性肌は油っぽい傾向があるので、内部は意外と乾燥していることが、肌の水分量が多いように見えながらよくあるそうです。きちんとしたスキンケアができていない人も、内部の乾燥を知らないことで多いかもしれません。皮膚表面が脂っぽいと肌のテカリやべたつき、化粧崩れなどが目立つようになります。はじめに脂性肌のスキンケアは、余分な油脂を正しい洗顔で取除くようにしましょう。スキンケアとしては逆効果なのが、肌のテカリを気にして頻繁に洗顔をすることです。肌に不可欠な保湿成分まで流してしまわないよう、洗いすぎには注意しましょう。汗や余分な皮脂成分、肌についたホコリや雑菌だけを洗い落とすことを洗顔というのが正しい認識です。洗顔料や石鹸の泡でくるみこむ感覚で顔を洗います。洗うとき肌をゴシゴシこすらないようにしましょう。キメ細かい弾力のある泡をつくって優しく汚れを取り除いたら、ぬるま湯できれいに流しましょう。洗顔でどれほど適切に汚れを落とせるかがスキンケアのポイントとなります。睡眠不足やストレス、脂質を多く含む食事は脂性肌の性質を加速させます。肌の適切なスキンケアのためにはチョコレートや油ものなどは控えめにしましょう。

即効でダイエットをしたいならこちら!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ