2012/3/13 | 投稿者: rgrfz

そして迎えた84-85シーズンには、とうとう欧州CC初優勝を果たす。このときの
決勝であるリバプール戦には“ヘイゼルの悲劇”という影が付きまとうが、内容自
体は、よく守り、ボニエクがPKを貰い、プラティニが決めるというユベントスにと
って理想的なゲーム運びであったといえよう。ちなみに、多くのタイトルを運びユ
ベントスの伝説となったプラティニは、個人としても加入から3年連続でリーグ得
点王に輝いただけでなく、3年連続バロン・ドール受賞という快挙を達成している。
1985年にボニエクがローマへ、タルデッリがインテルへ、1986年のリーグ優勝を最
後にトラパットーニ監督も去り、1987年にはプラティニも引退を発表した。

GIRLS JUST WANT TO HAVE FUN
Saturday☆Night
MAKE UP
Style.
Stamp
September 1st
Yami Yami Day

0

2012/3/13 | 投稿者: rgrfz

それほど彼らの力が突出していたという証明だろう。当時のイタリア代表の主
力には、彼らアルゼンチン勢の他にも、ゾフやオリビエリと並び称される名GKコ
ンビなどがユベントスから名を連ねた。オルシ以降も1938年と1942年に単発で国
内カップを制すが、何といっても1940年代はライバルのトリノがバレンティー
ノ・マッツォーラらを有し無類の強さを発揮していた時期であり、ユベントス
にとって第二期の黄金期といえるのは後の1950〜60年代前半。


JAL 冬の賞与1.5か月分に増額
日航 来年9月にも再上場検討
液晶「日の丸連合」の前途は
羽田国際化1年 ハブ化に課題
インフレで財政再建 内閣府NO
コンビニ 復興特需後の課題は
米HP、PC部門分離を見送り
東電、JAに初の賠償本払い
プラ容器ボージョレ「容認」
ワンセグも NHK料金の根拠は
0




AutoPage最新お知らせ